TOPページ > 戸籍の附票(ふひょう)

戸籍の附票(ふひょう)

戸籍の附票(ふひょう)とは…

戸籍には、住所を記載する欄がありません。

現在、本籍地と現住所が一致しないことも多く、そのままでは不便なので、戸籍に記載されている人の現住所が確認できるように、その戸籍に、本人の住所の異動がわかるように附票が付けられています。

引っ越した場合、転居先の市区町村で住民登録をすると、そこから本籍地に送られ、附票に新住所が記載されるしくみになっています。

なお、戸籍の附票は、住民票とは異なり、本籍地のある市区町村役場でとることになりますので、ご注意ください。

戸籍の附票(または住民票)は、不動産の相続登記、また不動産の登記名義人の住所変更の登記の際に必要になります。 

 

矢印33 登記用語集へ戻る