TOPページ > 会社名(商号)について

TOP > 業務案内 > 株式会社設立登記 ・ 合同会社設立登記 > 会社名(商号)について

会社名(商号)について

マーク18 会社名(商号)の中に必ず「株式会社」(または「合同会社」)を入れる

「株式会社」(合同会社の場合には「合同会社」という文字を、社名の前(まえかぶ)か後(あとかぶ)につけます。

(例)株式会社中野商事 または 中野商事株式会社 のようになります。(あまり見かけませんが、中間に入れて、中野株式会社商事とするのもOKです。) 

 

マーク18 使用できる文字

漢字、ひらがな、カタカナ、ローマ字(大・小文字)、アラビア数字(0~9)、符号(「&」「’」「,」「-」「.」「・」など法務大臣が指定するもの)などが使用できます。

「Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ…」は使用することができません。

「!」「?」「☆」「△」「♪」などの記号は使用することができません。

参考までに、「ヴ」の使用も認められています。

また、日本語とローマ字を組み合わせた商号でもかまいません。

文字数には、法令上制限はありません。

過去にこんなに長い商号の会社さんからご依頼をいただきました。

  25文字の会社名

  34文字の会社名  弊事務所の最長記録(12.02.10現在)

社名を長くするとそれだけで話題性はあるかもしれませんが、領収書を発行してもらうとき、見積書を発行してもらうとき、など、相手に会社名を正しく書いてもらうのが大変だったり、迷惑をかけることもありますので、ご注意を。

ほかにも…

  社名が長いと損する場合も 

 

以下のような商号が登記可能です。

株式会社アオヤマ    アオヤマ株式会社
株式会社ア・オ・ヤ・マ  ア・オ・ヤ・マ株式会社  
株式会社あおやま    あおやま株式会社
株式会社青山       青山株式会社
株式会社AOYAMA    AOYAMA株式会社
株式会社Ao-yama    Ao-yama株式会社
株式会社Blue Mountain   Blue Mountain株式会社
(注 英数字は全角で登記されます)

 

 

マーク18 会社の一部門を表す文字は使用できない

商号の中に支店であることを示す文字や、会社の部門・部署名であることを示す文字(「支店」「支社」「支部」「出張所」「○○部」など)は使用することができません。

なお、「特約店」「代理店」という文字は(会社の部門ではないため)使用してもかまいません。

 

マーク18 同一住所で同一商号の使用はできない

同一商号・同一住所での登記はできません。

たとえば、会社の本店としてビルの部屋番号まで登記されていた場合、異なる部屋番号であれば、同一商号でも登記が可能です。

なお、 同一であるかどうかの判断基準については、ブログ(「会社名を決める」2007/3/18)をご参照ください。

 

マーク18 不正の目的をもって、他の会社と誤認されるおそれのある商号は使用できない

 

マーク18 行政機関類似名、公序良俗(賭博、売春等)に反するも言葉は使用できない

 

マーク18 全く無関係の事業をしている場合、「銀行」、「信託」は使用できない

 

 

 

営業戦略から会社名(商号)を考えると

会社名(商号)は企業のイメージを決める重要なものです。 次の観点からも考えてみましょう。

マーク18 覚えやすい会社名か

マーク18 簡潔で呼びやすい(親しみやすい)会社名か

マーク18 その会社の一押しの商品名、ブランド名を会社名にしてはどうか

マーク18 その会社の事業内容を表すものにしてはどうか
例・・・○○食品、○○不動産など

マーク18 創業者の名前を入れてはどうか
本田さんが豊田株式会社を設立するなどのように、代表者名と商号で名前が異なっていても問題ありません

 合同会社の場合には注意が必要です(第1条コメント参照)

 

その他、領収書を発行してもらう際に、伝わりにくい社名や口にするのが照れくさい社名は避けましょう。

社名とは長いつきあいになりますから、納得のいく社名を選んでください。

 

検索1 こちらもご覧ください

マーク18 商号(社名)の盲点

マーク18 商号と異なる名称の店舗を出店することはできるか?

マーク18 商号中の「鉄」は金を失う?

 

 

矢印33 株式会社設立登記のページへ

矢印34 合同会社設立登記のページヘ

矢印35 TOPページへ