TOPページ > 会社設立株式会社か合同会社か

会社設立 株式会社か合同会社か

 TOPページ > 業務案内 > 株式会社設立登記 > 株式会社と合同会社の違い
                  > 合同会社設立登記 >

起業(法人設立)するにあたり、株式会社以外にも合同会社という選択肢がありますので、どちらがいいのか迷うと思います(有限会社は新規に設立することはできません)。

そこで、簡単な考え方のヒントをご紹介します。

 

合同会社に向いている方

1 できるだけ設立費用を抑えたい

株式会社と比較した場合、設立登記を申請する際の登録免許税(いわゆる印紙代)で9万円の差、そして、合同会社には公証人による定款の認証手続きがないため、認証の手数料約5万円がかからず、単純に考えても株式会社を設立するより14万円程度安くなります。

2 会社形態にしたいだけで、とくに「株式会社」にはこだわらない

仕事の内容から株式会社である必要性はない、または、今、取引がある相手企業の都合で、「今後、会社組織でないと取引しない」と言われたケースなど、とりあえず個人ではなく会社形態にしなければならないケースに合同会社は最適です。

3 少人数で比較的小規模のまま会社を運営していきたい

小さく始めて、規模が大きくなれば株式会社に組織変更することもできます。

 

株式会社に向いている方

1 とくに設立費用を抑えなくても大丈夫

2 社会的信用が低い「合同会社」より、高い「株式会社」にこだわる

合同会社は平成18年にできたばかりの歴史が浅い制度のため、社会的に認知度が低いようです。

3 多くの方に出資を募り、規模を拡大していきたい

どちらかといえば、こじんまりと商売をしていきたい人には合同会社、どんどん大きくしていきたい人には株式会社が向いているようです。

 

株式会社と合同会社の共通点

1 出資者の出資の限度で責任を負う有限責任

2 一人でも会社がつくることができる

3 法人税が課税される

 

矢印33 株式会設立登記のページへ

矢印34 合同会社設立登記のページへ

矢印36 TOPページへ