TOPページ > 資本金はいくらにすればいいのか

資本金はいくらにすればいいのか

資本金1円で株式会社を設立することができるというのは、すでに常識のようになっています。

ときどき1円で設立した場合には、一定期間内に増資して1000万円にしなければならないと勘違いされている方がいらっしゃいますが、増資は不要です。

ずっと1円のままで結構です。

 

ただし、資本金の額について、注意しなければならないことがあります。

それは、配当規制の問題。

純資産が300万円未満の会社では配当が許されないということです。

純資産は、 資本金+剰余金(会社の残った利益) という計算で求めることができます。

そのため、納税後に会社に何百万円もの利益が残ったとしても、その会社の純資産が300万円未満であれば配当は許されないことになります。

起業したての頃は、会社に利益が残ることはないかもしれません。

ですから、最初は1円で設立し、様子をみて、300万円以上にするのも良いのですが、確実に配当したいのなら、最初から資本金を300万円にしておくのもいいかもしれません。

 

なお、株式会社設立時の登録免許税は、1円の場合でも、300万円の場合でも15万円で、司法書士報酬を含め、設立費用は変わりません。