TOPページ > 相続人等に対する売渡請求

相続人等に対する売渡請求

株式を譲渡制限株式とした場合でも、相続や合併等の事由で株式が移転することは制限できません。

したがって相続や合併等により、会社にとって好ましくない者に株式が分散することを阻止することができません。

また相続人が多数いた場合には、株主が分散し紛争の原因にもなります。

新会社法が施行され、定款で定めることによって、相続や合併等で移転する株式について、会社は株式を取得した者に対して売り渡せと請求することができるようになりました。

これによって、相続で株式が分散することを防ぐことができ、より円滑な事業承継が可能になります。

 

矢印33 具体的な定め方等につきましては、こちらからご相談ください。

矢印36 株式会社設立のページへ