TOPページ > 第2章株式第5条発行可能株式総数

第2章 株式 第5条 発行可能株式総数

(発行可能株式総数)
第5条 当会社の発行可能株式総数は、1,000株とする。


発行可能株式総数は、会社が将来的に(定款の規定を変更することなく)発行を予定する株式の総数、つまり、新たに発行できる株式の上限枠のことです。

この上限枠を超えて、新たに株式を発行することはできません。

すでに発行している株式数(発行済株式総数)と違いますのでご注意ください。

 

たとえば、この定款の見本のように、今は100万円で会社を設立し、将来的には資本金を1千万円に増資したいと考える場合には、1株あたり1万円として、設立に際して発行する株式の総数は「100株」となり、発行可能株式総数は「1,000株」となります。

 

公開会社でない場合(株式の譲渡制限を設けている場合)、発行可能株式総数については、とくに制限がありませんので、常識的な範囲内で設定してください。

なお、発行可能株式総数は、会社成立時の定款の絶対的記載事項です。

 

矢印33 定款サンプルTOPページに戻る