TOPページ > 会社設立発起人の資格

会社設立 発起人の資格

法人(会社)も発起人になることができます。

株式会社の発起人の員数、資格については、会社法上、制限はありません(未成年者も発起人にはなることができますが、15歳未満は印鑑登録ができないので対象外です)。そのため、法人(会社)も発起人となることができます。

 

法人は、定款に定められた目的(事業内容)の範囲内でしか権利能力が認められませんから、法人が発起人になるには、定款作成などの発起行為がその法人の定款の所定の目的の範囲内であることが必要です(判例 大判大2.2.5)。

 

とはいえ、その法人の定款に、目的として「他の会社の発起人」となる旨の規定を設ける必要はありません。

定款等に記載されてた目的を達成するために必要又は有益であればよいとされています(判例 最判昭30.11.29、昭36.1.5民四1号指示、昭35.6.9民甲1422号回答)。

 

つまり、法人が発起人となった株式会社の設立の登記の申請は、その法人が他の会社の発起人となることが添付書類(謄本など)により明らかに法人の目的の範囲外であると認められない限り、受理されます(昭56.4.15民四3087号)。

 

なお、法人の社長が個人で発起人になる場合は法人が発起人になる・ならないの問題ではありませんので念のため。

矢印33 会社設立登記に関するお問合せはこちらから
 
矢印36 会社設立登記の解説に戻る