TOPページ > LLC合同会社設立

LLC 合同会社設立登記(オンライン申請対応)

会社設立のプロに依頼しても、自分でするより費用を安く設立する方法があります。

印鑑3点セットの費用混みで設立費用は総額10万円

(種明かしは最後に解説しております)

司法書士は、書類作成から法務局への登記申請まで、合同会社設立登記に関する全ての手続きの代行ができます。
低価格で書類だけ作成し、お客さまご自身が申請したり、顧問契約が条件で設立費用無料とする他士業とは違います。

 

矢印総額10万円に含まれるサービスその他

1.印紙代(登録免許税)6万円…登記の際、納める登録免許税です(858万円を超える場合には差額をいただきます)

2.残り4万円の内訳は、司法書士報酬等と印鑑3点セット代

司法書士報酬等の中身は…

(1)法人印(実印、銀行印、角印)三点セット
…基本は一般的なあかね素材ですが、チタン、黒水牛、アグニ等も実費の差額をご負担いただければ変更できます

(2)設立に関するご相談
…時間、場所を問わず、ご自宅、会社へ出張いたします

(3)書類の作成
…印鑑証明書と通帳以外の書類を作成いたします

(4)登記申請の代行
…お客さまが法務局に行く必要はありません

(5)登記後、登記簿謄本、印鑑カード、印鑑証明書の取得代行
…証明書発行の実費は別途いただきます

(6)税理士、社会保険労務士、行政書士、当事務所を利用されて設立された起業家さんたちが集まる当事務所主催の起業家交流会のご案内をお送りします
詳細はこちら

 

ご依頼いただいたお客さまより → その他のお客さまの声

合同会社W 代表社員 Hさま 

登記簿謄本、印鑑カード等、本日受け取りました。登記が無事に完了してほっとしました。先生にはご尽力いただき本当にありがとうございました。登記後の諸手続きは自分でやってみます。また、わからないことが出てまいりましたら質問させていただくかもしれませんがどうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

N合同会社 代表社員 Sさま

おかげ様で登記手続きがスムーズに完了しました。いろいろとご配慮いただきまして、ほんとうにありがとうございました。 登記後も設立届けなど、いくつかの手続きがあるようですが、学習も兼ね、それぞれ一件ごと に処理していくつもりです。まずは、会社の銀行口座の開設手続きを先にすませたいと考えています。今後も又ご相談を賜ることもあるかと存じますが、その時はまたよろしくご指導願い上げます。とりいそぎ、お礼のご報告のみで恐縮ですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

P合同会社 代表社員 T さま

この度は、敏速で丁寧な対応ありがとうございました。 また何かお願いするときは、是非よろしくお願いいたします。

 

合同会社設立について、電話によるご相談・お問い合わせ・お見積の依頼(無料)は、
03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ

 

合同会社設立の本を監修しました合同会社は、平成18年にできたばかりの新しい会社形態で、まだまだ認知度も高いとはいえませんが、2011年だけでも設立件数は、約9,200社となり、現在、注目されている会社形態です。1人で小さくビジネスを始めたい方や、費用をかけずに、とりあえず「法人」にしたい、ドメイン“co.jp”を費用を抑えて取得したいという方にオススメです。

2010年、合同会社設立に関する書籍を監修しました  

この本の「ご感想」をいただきました 矢印 事務所ブログ

 

合同会社設立登記手続のご案内

印鑑証明書と通帳で会社設立ご依頼いただく場合には、

印鑑証明書と預金通帳だけ

ご用意下さい。

* 「印鑑証明書は」代表社員になる方のもののみで結構です。
「通帳」は、代表者になる方の、今、お使いの個人の通帳で結構です。
新しく口座を開設する必要はありません(なお、この時点で会社の口座は存在しません)。


当事務所の特長は、合同会社設立登記の申請の必要書類はもちろんのこと、会社の印鑑もこちらで準備する点、また、会社設立の打合せから、登記申請、完了後の登記簿謄本や印鑑証明書の取り付けまで、すべて司法書士が動くという点です。

お客さまは、わざわざ事務所に来ていただいたり、法務局に出向く必要はありません。 そこが登記の申請ができない行政書士との違いでもあります。

なお、個人事業主として始めるか株式会社を設立(法人化)するかで迷っている方は、こちらの法人と個人を比較したページをご覧いただくか、ウーハ起業支援交流会(起業家と士業の交流会)などをご活用ください。 個別のご相談も承ります。

 

LLC合同会社設立登記のスケジュール

合同会社の設立登記をする場合には、次のような流れでお手続きいたします。

    お客様にしていただくこと
    当事務所がすること

1.社名(商号)、事業内容(目的)、本店所在地などを決めます。

その際、合同会社設立相談シート.doc を活用します。
合わせて、代表社員となる方の印鑑証明書を1通ご用意ください。

 印刷用(PDF) 合同会社設立スケジュール

<チェックポイント>

 ■ 株式会社との違い(1)  ■ 株式会社との違い(2)
 ■ 会社名、商号について  ■ 事業内容(目的)について
 ■ 本店住所について  ■ 出資者(社員)について
 ■ 資本金額決定について   ■ 会社設立日は仏滅を避けたい 
 ■ 決算期の決定について   ■ 合同会社の有名企業 

 <行政書士のアドバイス>
 ■ 開業時に申請が必要な業種

矢印25

2.同一商号がないか調査します。

現在、類似商号の調査は不要ですが、同一場所・同一商号の登記はできませんので、その調査をします。

 ■ 商号を調査する
 ■ 社名は‘発音’にも注意 

矢印25

3.代表印(会社の実印)を発注します。

代表印・銀行印・角印の一般的な3点セットは当事務所でご用意できます。
設立登記費用に印鑑作成費用も含まれておりますが、自身でご用意されるなど、作成が不要な場合にはご連絡ください。 印鑑代を差し引かせていただきます。
 * エコ素材アグニも承ります。

印鑑3点セット
写真と形状が一致しないこともあります。

   <チェックポイント>
 ■ 会社の印鑑を作る前に  ■ 会社の印鑑をつくる
 ■ その他の会社の印鑑   ■ 合同会社の印鑑の注意点 

矢印25

4.定款を作成します。

電子定款(PDF)を作成しますので、印紙税4万円は不要です(紙の定款を作成すると別途印紙税4万円かかります) 。なお、株式会社と違い、公証人による定款の認証は不要です(そのため、認証手数料約5万円がかかりません)。

  合同会社の定款のサンプル

 ■ こんな驚きの事業目的がありました
 ■ 合同会社についてこんな勘違いをしていませんか

矢印25

5.資本金の払い込みをしていただきます。


 社員となる方(出資者)に、代表者が今、お持ちの個人口座に資本金を振り込みまたは入金をしていただきます(会社の口座はこの時点では存在しません。個人口座に振り込みまたは入金します) 。

   <チェックポイント>
 
■ 資本金の払い込みの方法について
 ■ 資本金を口座に準備する際の注意点
 ? 口座に入金された資本金は使っていいの?

矢印25

6.会社設立登記の申請書を作成し、押印いただきます。

 5.の通帳のコピーをご用意ください。
 それ以外の書類はこちらで作成いたします。
 登録免許税その他の費用は、登記を申請する日の前日までに、当事務所の口座にお振込みください。

  <チェックポイント> 
 ■ 書類にはシャチハタ印は使用しないでください 

矢印25

7.法務局に合同会社設立の登記を申請します

 法務局に登記を申請した日が会社の設立日(創立記念日)です。

→ 仏滅や大安を気にされるお客さまのために
  【参考】いつ取引、登記をするか(六曜の吉凶)

矢印25

8.登記完了


 申請先の法務局の状況にもよりますが、登記の申請から1週間程度で手続きが完了します。完了後、会社の登記簿謄本、印鑑カード、印鑑証明書を取得してお送りします。

   <チェックポイント>
 ■ 法人口座の作り方
 ■ 合同会社の銀行口座名義の略称は
 ■ 名刺の肩書について

 印刷用(PDF) 合同会社設立スケジュール

  矢印36 印鑑カードを紛失した場合 

 

9.ご要望があれば税理士、社会保険労務士をご紹介します。

登記完了後、定められた期間内に税務署、市区町村役場等に法人設立届出書等を提出しなければなりません。

また、社会保険事務所で社会保険の加入手続きをする方もいらっしゃるでしょう。

ご要望がございましたら、税理士、社会保険労務士をご紹介いたします。

設立登記のご依頼をいただいたお客さま限定で、登記費用プラス5,000円(税込5,400円)で、税理士が法人設立届書等の作成、提出を代行いたします(顧問契約などの条件はありません)。
→ 法人設立届出書の作成、提出サービス

 

合同会社設立について、電話によるご相談・お問い合わせ・お見積の依頼(無料)は、
03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ

 

 10.合同会社設立後、株式会社に組織変更することをお考えなら

  矢印35 合同会社を株式会社に組織変更する手続き

 

合同会社設立登記の費用

? 開業時の経費について
事業を始める際に発生する費用は「創業費」「開業費」に区分され、会社設立登記の登録免許税、司法書士への報酬は「創業費」にあたります。

 

合同会社設立(会社印3点セット込み)

登録免許税  最低 60,000円
          資本金×0.7% もしくは 6万円のいずれか高い方
実印、銀行印、角印の3点セット付司法書士報酬 40,000円(税込)
          印鑑3点セット込み 

合計  100,000円(オンライン申請)

 これ以外に必要に応じて実費をいただきます

 

矢印13会社設立手数料0円業者の実態(参考)

 

登記費用については、このようにお考えください。

当事務所にご依頼いただいた場合、合同会社設立登記にかかる総額は10万円(税込)です(ただし、資本金が858万円以下)。この中には、登録免許税、司法書士報酬、会社の印鑑代が含まれております。

実は、この価格はご自身で手続するよりも安い価格に設定してあります。
「そんなことができるなんておかしい」と思うかもしれません。

 

その種明かしをします。

当事務所では、電子定款を利用しておりますので、それを利用しないケースと比べると、40,000円のコストを削減することができます。

登記費用の中に印鑑費用は含まれています。勘のいい方なら、もうお気づきかもしれませんが、差額の40,000円を当事務所の報酬とさせていただいているのです。
それでも、「40,000円にすると、自分で登記をした場合と同じだ」と思われるかもしれませんが、この金額には印鑑3点セット(実印、銀行印、角印)の費用も含まれております
しかも、印鑑業者さんには、大量に注文している関係上、特別な価格でご提供していただいております。

 

ところで、ご自身で登記される場合を考えたことがありますか?

合同会社設立登記の関連書籍を購入し、何度も調べて、法務局に申請に行き、誤っているところを指摘されて何度も往復し・・・時間と交通費も軽視できません。

会社もなかなか出来上がりません。

それなら、それらの手続すべてを合同会社設立登記のプロにまる投げしてはいかがでしょうか。

自分で登記を申請するよりも、時間と費用を節約できるうえに安全、確実に会社を設立することができます。

会社の設立登記が完了後、ご指定の住所へ登記簿謄本、印鑑カード、印鑑証明書もお届けいたします。

時間の面でも会社の内容さえ決まっていれば、1日で会社をつくることが可能です。

 

合同会社設立について、電話によるご相談・お問い合わせ・お見積の依頼(無料)は、
03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ