TOPページ > 会社名(商号)は発音にも注意!

会社名(商号)を決める場合には発音にも注意しましょう

昨年、株式会社設立登記のお手伝いをさせていただいたお客さまから、1年経過して次のようなご相談を受けました。

「商号変更(社名変更)をしたい」

そのきっかけは・・・

実は、そのお客さまは、「○○ッソ」という社名で通信販売等を手がけているのですが、設立から1年間経過したところで、電話での反応から、「ッソ」と言う発音が聞き取りづらいのではないかと感じたのだというのが変更を考えたきっかけだそうです。

このままではいけない、ということで商号変更(社名変更)をすることになりました。

 

(以下、お客さまからいただいたメールより抜粋)

これは活動後、初めて気づいたのですが、自分が考えてなかった部分です。

電話では末尾の「ソ」が聞き取りにくいことが判明しました。

 

自分の会社ですから、自分の好きなように社名をつけたいという気持ちはわかります。

ですが、お客さまが発音しにくい会社名だったり、覚えにくい会社名にするのは、せっかくのビジネスチャンスを失うことになりかねません。

もっと親しみやすい、覚えやすい会社名にしてみてはいかがでしょうか。

ここだけの話ですが、私は司法書士事務所を開業する際に、最初から会社設立登記、相続登記など登記中心の事務所にするつもりでしたので、「登記屋」という事務所名を考えていました。

ですが、回りから猛反対を受け、今の「西尾努司法書士事務所」という無難な事務所名にしています(今でも、「登記屋」のほうが、わかりやすいような気がするのですが…)。

 

ということで、社名(商号)を決める前に、何度も声に出して発音してみることをおすすめします。

 

矢印33 会社名(商号)について

矢印33 社名変更(商号変更)登記のページ

矢印36 社名変更(商号変更)に関するご相談はこちらから

お電話でも承ります

03-5876-8291
090-3956-5816(ソフトバンク)