TOPページ > 取締役は1人?複数?

取締役の員数は1人でもいいと言われているが

現在、株式譲渡制限の規定を置いた株式会社で取締役会を置かない会社の取締役は1人でもよいとされています(取締役会を置く場合には取締役は最低でも3人必要です)。

1人のほうが気楽でいいという考え方もありますが、複数いた場合にはこんなメリット・デメリットがあります。

 

取締役が複数いることのメリット

1.対外的な信用・イメージ
取締役が複数いれば、まったくの個人会社である取締役1名の会社と比べて対外的な信用・イメージはよい。

2.意思決定のスピード
すべて1人で決定できるので、早い意思決定が可能となる。

3.従業員・スタッフのモチベーション
誰かと組んでビジネスを始める場合に、その「誰か」を取締役にすることによってモチベーションをアップさせることができる。

 

取締役が複数いることのデメリット

1.解任されるリスク
取締役を複数おくことによって、代表取締役である自分以外の取締役が結託し、代表取締役を解任されるリスクがある。

2.コスト・事務処理増
役員報酬その他の人件費や事務処理が取締役1名のときと比べて増える。

3.事業リスク
取締役の肩書で勝手に対外的に取引をされてしまうリスクがある。

 

矢印33 株式会社設立のページ