TOPページ > 発起人

発起人

発起人とは、株式会社を設立する際、その設立を企画する人のこと。 言わば、会社の生みの親という存在です。最低1名いればよいとされています。

発起人は、最低でも1株の株式を引き受け、会社の根本規則である定款を作成し、定款が書面をもって作られたものであるときは、これに署名し、電磁的記録をもって作成されたときは(電子定款)、その電磁的記録に記録された情報について、電子署名をしなければなりません(司法書士に依頼する場合には、直接これらに署名、電子署名をすることはありません)

なお、発起人の資格には制限がなく、法人であっても発起人になることはできます。

矢印33 登記用語集へ戻る