プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

バックナンバー

2017年 05月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 03月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 12月

2007年 11月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

2007年 06月

2007年 05月

2007年 04月

2007年 03月

2007年 02月

QRコード

会社設立 赤口だから正午に申請して欲しい…??

[ テーマ: 合同会社設立手続き ]

2017年5月22日12:14:00

会社の設立登記のご依頼をいただきました。

書類を作成し、押印をいただいて、当初5月26日の大安吉日に登記を申請するという予定でしたが、登記手続きの完了を急ぐということで、5月22日の本日、登記の申請をすることに変更となりました。

ちなみに、登記の申請をした日が会社の設立日となります。

 

 

あとは、22日に申請するだけという前日の日曜日の23時直前に、依頼人より携帯にメールが届き、読むと、

 

明日22日(月)は赤口なので、正午に申請をお願いします。

 

…へ? 

たしかに、六曜の「赤口」は、「正午が吉で、朝夕が凶」と言われていますが…正午に申請をお願いしますって…

 会社設立登記の日(六曜の吉凶)

 

赤口に会社設立

 

脱力感を感じつつ、でも、気を取り直して、念のため、「正午」の意味を確認するため、辞書やウィキペディアで確認しました。

正確なことはわかりませんが、どうやら…予想通り…正午は午前と午後の境目ということですから、12:00:00のことを指すらしい。

依頼人は、「正午に申請すること」をどの程度の作業と考えているのかまでは読み取れませんが、正午から13時間ほど前に届いたメールに従って、正午ちょうどに申請できるわけがありません。

仮に、1週間以上前から予約され、登記申請のため他の予定も入れなかったとしても、12時00分00秒ちょうどに申請する自信は微塵もありません…

なので、即、「ムリです」と返信したのですが、数分後、「できるだけ正午に近い時間で」と返ってきた。

できるだけ正午に近い時間は確実に正午ではないのに…と思いつつ、「できるだけ」正午に近い時間に申請するということに落ち着きました。

 

 

「赤口は、正午以外は凶」という概念に囚われていると、その自己暗示というのか思い込みで、何か悪いこと、不吉なことがある度に、正午に設立しなかったせいにすることになりかねません。

この依頼人、この先、大丈夫なのでしょうか…少しだけ心配です。

ちなみに、当事務所を開設した日は、後から調べたら「仏滅」でした。

それ以降、「仏滅に始めたわりには、いい感じ」と逆の効果を発揮しているようです。

 

 会社設立登記の日(六曜の吉凶)

 


法務局からの帰り道、収入印紙代4,000円のあれが

[ テーマ: 司法書士の独り言 ]

2017年5月8日21:43:00

ゴールデンウィーク明け最初の仕事は、法務局で会社の印鑑証明書を取得する仕事でした。

ちなみに、会社の印鑑証明書は市区町村役場ではなく、法務局で入手することができ、印鑑カードがあれば、管轄を問わず、どこの会社であっても手に入れることができます。

なので、今回は、港区にあるある会社さんから、印鑑証明書の取得代行のご依頼をいただいたので、(当事務所から近い)新宿区の法務局で入手することにしました。

 

昼頃、印鑑証明書がとれたので、最寄の大久保駅まで戻る途中の歩道の上に、

収入印紙4,000円分の領収書

法務局内にある印紙売り場の領収書、収入印紙代4,000円分が落ちていました。

法務局に行った誰かが落としたんだな…と思いつつ、さらに数歩歩くと、

法務局内の印紙売り場の領収書

あ、また収入印紙の領収書だ。

よーく見ると、

4,000円分の領収書

本日発行の4,000円分の領収書。

たしか、さっきのも4,000円分だったよな…とふと車道に目をやると、

車道に落ちている収入印紙の領収書

だんだん興味がわいてきたので、写真撮影を試み…道路上の紙片をカメラを使って拡大してみると、

法務局内の印紙売り場の領収書

え? これも4,000円だ。

さらに、ここにも、

領収書

そして、あそこにも…やはり本日発行4,000円の領収書が落ちています。

あそこにも領収書

 

 

ちょっと面白くなって、最初に落ちていた場所に戻り、順に撮影を。

印紙代の領収書

領収書

収入印紙4,000円

 

落ちていた約10枚ほどの領収書は、全て収入印紙代の4,000円分で、発行日は(全部確認していませが)おそらく本日。

しかも、私がここを通過した時間は13時過ぎでしたので、8時半から13時の間に何者かによってばら撒かれた(落とした?)ことになります。

 

それにしても、なぜ、4000円分の収入印紙の領収書なのでしょうか―

法務局内で、収入印紙の使いみちといえば…

会社・不動産の登記簿謄本1通600円、不動産の各種図面、会社の印鑑証明書等1通450円などの証明書発行手数料、または、不動産の所有者の住所変更や氏名の変更、抵当権の抹消は1,000円で、会社の清算結了登記が2,000円などの登録免許税…4,000円ということですから、これらの組み合わせなのかもしれません。

って考えていくと、なぜ4,000円ばかりなのか謎です。

と、そこに、法務局内でよく見かける職員さんが目の前を通過しましたが、領収書には気づいたものの、そのまま通り過ぎていきました。

 

きっと解決しないとは思いますが、いったい何のための4,000円? なぜ、こんなに同じ領収書が落ちている? とても気になる怪事件でした。

 


107回目の起業家交流会はやり過ぎました…反省

[ テーマ: 起業支援 ]

2017年3月23日10:36:00

昨夜は、第107回目の起業家交流会を開催しました。

当初、いつも利用させていただいている中華料理店を今回も…と考えておりましたが、3月下旬ということもあったせいか、参加者がいつもより少なめだったので、思い切って「あるお店」に変更することにしました。

そのお店というのは、新宿歌舞伎町の中にある、このような通りにある中華料理店。

昨年、ここに一人で飲みに入ったのですが、面白かったので交流会に使ってみようと…

 

107回目の起業家交流会は歌舞伎町の怪しいお店

 

外観も変わっていれば、出てくる料理も、かなり特殊です。

変わっているだけであれば、アレなのですが、別館もある店内は満席でかなりにぎわっています。

 

閲覧注意 

 

でも、何も知らされないまま参加いただいたので、ごく一部の参加者にははまったようですが、さすがに大半はひいてしまったようです…。

なので、メニューを眺めながら、普通の食事…それもあまり進まない感じで…ビール、紹興酒などお酒の量が増えるだけ。

ノリノリなのか、ひいているのかちょっと判断できない参加者さんからは、せっかくなので一品食べてみましょうか…竹虫の素揚げなど…という発言がありましたが、結局、万が一のことを考えて(?)多数決でその提案は棄却されてしまいました。

 

 

そのうち、後ろにいた団体客が異常に盛り上がっていたので振り返ると、そこには見たこともないような料理。

最後に残った(?)サソリのおすそ分けをいただいたのですが…ちょっと勇気が出ませんでした。

なので、記念撮影だけ。ありがとうございます。

 

さそり料理

 

最終的に会計をしてみれば、いつもよりも一人あたり、1,500円ほど少なかった。

 

今回は、アクセルを踏みすぎてスピンしてしまったようです…。

反省して、次回はまた通常の万人ウケするお店に戻す予定です。

 

 

ちなみに…先日、読み終えた「世界奇食大全/杉岡幸徳(文春新書)」の、「サソリ」という項目に、次のように書かれていました。

 

 僕が食べたのも、歌舞伎町にある怪しい中華料理店だった。

 ここでは、「太行金蠍」と称して、サソリの唐揚げを客に出している。

 

本には店名こそ書かれていませんでしたが、これは、ここに間違いないと思われます。

本気で面白い!と思ったのですが…

 

 

 毎月開催、起業家交流会の様子はこちらで