プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

バックナンバー

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 05月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 03月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 12月

2007年 11月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

2007年 06月

2007年 05月

2007年 04月

2007年 03月

2007年 02月

QRコード

合同会社の略称を(合)とするケース

[ テーマ: 法人口座開設 ]

2018年10月23日11:04:00

先ほど、東京から遠く離れた○○県にある合同会社のA社長からお電話をいただき、こんな情報をいただきました。

ちなみに、この会社からご連絡をいただいたのは今回が初めてです。

 

 

(弊事務所のブログに)合同会社の漢字の略語は(同)だと書いてありましたが、国土交通省に提出する書類にそのように省略したところ、誤りだと指摘されました。

(同)だと協同組合と重複するので、合同会社は(合)と略すと言われました。

ちょっと混乱しています。

<関連ブログ記事>

合同会社の略称(2009年11月10日)

合同会社の略称・続編(2011年1月9日)

 

 

カナ口座名義中の法人格の略称

銀行口座の略称は、「一般社団法人全国銀行協会 平成1年4月21日制定 預金口座振替事務取扱基準」

https://www.zenginkyo.or.jp/fileadmin/res/abstract/efforts/smooth/kijun1.pdf#search=%27%E4%B8%80%E8%88%AC%E7%A4%BE%E5%9B%A3%E6%B3%95%E4%BA%BA%E5%85%A8%E5%9B%BD%E9%8A%80%E8%A1%8C%E5%8D%94%E4%BC%9A+%E5%B9%B3%E6%88%901%E5%B9%B44%E6%9C%8821%E6%97%A5%E5%88%B6%E5%AE%9A+%E9%A0%90%E9%87%91%E5%8F%A3%E5%BA%A7%E6%8C%AF%E6%9B%BF%E4%BA%8B%E5%8B%99%E5%8F%96%E6%89%B1%E5%9F%BA%E6%BA%96%27

の21ページに、合同会社はカナ文字の略称は「ド)、(ド)、(ド」と規定されています。

ちなみに、協同組合は、「(キョウクミ)」と略すようです。

 

預金口座振替事務取扱基準

 

 

市区町村役場における法人格の略称

たとえば、土浦市のホームページには、次のような「法人等略語一覧表」が利用されており、

https://www.city.tsuchiura.lg.jp/data/doc/1395993381_doc_38_3.pdf#search=%27%E9%8A%80%E8%A1%8C+%E5%90%88%E5%90%8C%E4%BC%9A%E7%A4%BE+%E7%95%A5%27

これによると、合同会社は、「(同)」であり、「ド)、(ド)、(ド」と略し、協同組合は、「(協組)」であり、「キョウクミ」と略すルールになっています。

 

 

国土交通省の場合は… 

そして、問題の国土交通省ですが…「平成29・30年度 一般競争(指名競争)参加資格審査 申請書作成の手引き」などを見ると、

http://www.mlit.go.jp/common/001154574.pdf#search=%27%E5%90%88%E5%90%8C%E4%BC%9A%E7%A4%BE+%E5%8D%94%E5%90%8C%E7%B5%84%E5%90%88+%EF%BC%88%EF%BE%84%EF%BE%9E%EF%BC%89+%E5%9B%BD%E5%9C%9F%E4%BA%A4%E9%80%9A%E7%9C%81%27

たしかに、A社長が指摘するように、その31ページに、合同会社は「(合)」と略し、協同組合は「(同)」と略すと書いてありました。

「(合)」とすると、合名、合資との区別ができなくなりそうですが、それぞれ「(名)」「(資)」と略すというルールがあるので混乱はないようです。

 

 

合同会社の略称を(合)とするケースもある

今回のA社長からの情報提供で、合同会社を略す場合には、「(同)」、「ド)、(ド)、(ド」と略すのが一般的ですが、相手方のルールで、「(合)」とするケースもあるということがわかりました。

 

その後、A社長から、

 

突然の電話で驚かれたことと思います。 添付ファイルは、○県庁で提示してもらったものです。 国土交通省の分厚い冊子に記載されています。 先生の説明で、ある程度の納得が出来ました。

 

というメールをいただきました。

なお、今回は、これだけをお伝えいただくためにお電話をいただいたようです。

正直な話、国土交通省の略称の取り扱いがそうなっているとは知りませんでした。

A社長に感謝です。

ありがとうございました。

 

 

<関連ブログ記事>

合同会社の略称(2009年11月10日)

合同会社の略称・続編(2011年1月9日)

 


その法務局(登記所)からの通知書、本物かもしれません

[ テーマ: 商業登記 ]

2018年10月17日11:11:38

役員変更手続きのご依頼をいただき、都内某所へ行ってきました。

ご依頼いただいた会社は、十数年前に設立した会社で、取締役会設置、取締役・監査役の任期は10年という株式会社です。

 

 

突然、会社宛に法務局から「通知書」が送られてきて、そこには、

「平成30年12月11日(火)までに登記の申請又は「まだ事業を廃止していない」旨の届出をしない限り,同月12日付けで解散したものとみなされ,職権で解散の登記がされますので,御注意ください。」

と書かれており、でも返信用のハガキ、封筒が入っておらず、見た瞬間、今流行りの詐欺の手紙だと思ったのだそう。

詳細は、法務省のHP http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00083.html

それでも、気持ちが悪いので、念のため、顧問税理士に相談したところ、10年の任期が満了して2年ほど経過していることがわかり、税理士さん経由でご依頼をいただきました。

 

 

ということで、依頼人の社長に議事録などの書類に押印をいただいたのですが―

法務局からの事前の通知が何もない、任期が満了する前に連絡があれば、このようなことは起きないのに…と憤慨されており、さらに登記が遅れたことで過料(罰金のようなもの)が発生するということに納得されておらず…事情はご説明したのですが、なかなか。

さらに、次回の任期が満了する時期には当然覚えていないから、また同じことが起きるというご心配まで…

 

 

 平成30年度の休眠会社等の整理作業(みなし解散)について

平成30年10月11日現在、12年以上登記がされていない株式会社に対して、管轄法務局から会社に対して「通知書」が発送されています。

もし、事業を続けているのであれば、12月11日までに、管轄法務局に「まだ事業を廃止していない旨の届出」をするか、遅れている登記を申請しなければ、12月12日付で解散したものとみなされてしまいます。

詳細は、法務省のHP http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00083.html

通知書が届いている会社は急いで対応してください。

もちろん、当事務所でも登記申請の代行を承ります。

 

 

こういうことが起きると、役員の任期を10年にするのと、忘れてしまうリスクが高いな、と思います。

 取締役の任期 最長10年 メリットとデメリット(リスク)

 

 

 

役員変更登記について、電話によるご相談・お問い合わせ・お見積の依頼(無料)は、
03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ

 

 

 

 


インド料理、北はナンで南はライス

[ テーマ: 司法書士の独り言 ]

2018年9月18日12:54:00

明日は、月に一度開催している起業家交流会の日。

 起業家交流会とは

 

今回は、これまで何度かご参加いただいているインド出身のRさんのご紹介で、御徒町にある南インド料理店で開催します。

料理は全て、Rさんと彼の知り合いが経営しているというそのインド料理店にお任せしました。

 

実は、以前、Rさんにお会いした際、インド料理について、北インドではナンを食べることが多いが、南インドではナンは食べない。

だから、日本に来て初めてナンを食べたと聞かされ、とても驚いたと同時に、笑わせようとしてインド風のジョークを言っているのだと思っていました。

 

 

ですが…昨日、19日の南インド料理に備えて、インド料理の本を読みながら、近所のインド・ネパール料理店で食事をしました。

キングフィッシャービールを飲みながら…

 

インド料理店で交流会

 

その本を読んでみると、インドは、肉を好んで食べる(ノンベジタリアン)北とベジタリアンが多い南に分類することができ、肉を焼くためのタンドゥール窯が不要な南ではナン(ナンはタンドゥール窯で焼く)を食べないことがわかりました。

南ではナンではなく、ライスかパン(チャパティ)を食べるのだとか。...

でも、日本ではナンがないとインド料理ではないと考える人が多いため、南インド料理のお店でもタンドゥール窯を導入してタンドゥール料理やナンを提供しているのだそう。

 

 

あ…

 

マトンカレー

チーズナン

 

北と南どころか、インド料理とネパール料理の区別さえできない私は、メニューに「インドを代表する」と書かれていたマトンカレーとナンを注文していました。

とても美味しかったのですが、どちらも、北の料理…汗

 

 

 

明日は、南の方々に丸投げさせていただいているので、どんな料理が出てくるのか、今から楽しみです。

 

 起業家交流会とは

 

 

ちなみに…

これは余談ですが、昨日、行ったインド・ネパール料理店には、カレーうどんや

インド料理店のカレーうどん

カツカレーなんかもあります。

インド料理店のカツカレー

いろいろ工夫されているようですが、日本のものとはかなり違いました…