プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

QRコード

行政書士による契約書作成のポイント

[ テーマ: 起業支援 ]

2007年5月12日15:40:00

行政書士 はまだ みさ先生に「契約書作成のポイント」について書いていただきました。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1 ┃起業のコツ 行政書士編
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎契約書作成のポイント
 
 こんにちは。
 第3号で「こんな業種は要注意!設立前に確認すべきこと」を
 ご案内させていただきました、行政書士の はまだ みさ  です。

 今回は、取引に欠かせない「契約書作成のポイント」について
 ご紹介させていただきたいと思います。

 相手がいて、何か取引があれば、必ずそこには約束事が生じます。
 原則、口約束でも契約は成立しますが、あとあとの問題を回避するため、
 商取引の場合はとくに、書面に残しておく必要があるといえるでしょう。


■契約書の種類

 契約書と一口に言っても、いろんな種類があります。
 たとえば。

・販売提携契約書
・代理店契約書
・特約店契約書
・売買契約書
・業務委託契約書
・商品販売委託契約書
・共同経営契約書
・運送契約書
・請負契約書
・賃貸契約書
・金銭消費貸借契約書
・労働契約書                  等々

 これらは基本的な契約書の一例で、さらに枝分かれするものも
 あります。


■契約書の基本的な構成

 契約書の書式はとくに決まっているわけではありませんが、商取引の
 場合には、ある程度統一化されています。

1.タイトル
    「○○○契約書」「念書」など

2.前文
   「売主○○○(以下「甲」という)、買主○○○「以下「乙」という)は
    次のとおり売買契約を締結した」など

3.契約条項
    「第1条 ・・・・・・・、第2条 ・・・・・・・」 といった、
  契約合意内容。

4.末文
    「上記のとおり契約が成立したので、本契約書を作成し・・・・」と
    いう決まり文句。

5.日付(契約書作成日は重要です)

6.当事者の表示
    自分と相手方の名前(署名または記名)、押印


■「売買契約書」の契約条項(上記の「3」)の内容

 契約の内容は、契約の書類によって当然異なりますので、
 ここでは「売買契約書」の一般的な内容をご案内します。

  1.商品の特定
  2.売買代金
  3.支払時期と方法
  4.引渡し方法と時期
  5.検収要件 (買主が商品をチェックすること)
  6.危険負担 (災害や事故で契約が履行できなかった場合の対処)
  7.契約の解除条件
  8.所有権の移転時期
  9.損賠賠償
10.協議 (トラブルが発生した場合の協議方法)
11.合意管轄 (民事訴訟になった場合の裁判所)

 など、要は「言った、言わない」「そんなつもりじゃなかった」といった
 事後トラブルを避けるために、考えられるすべての要素を
 最初に決めておこうという趣旨の文面になります。


■公正証書にしておくメリット

 なお契約書を作成後、当事者間で各1通ずつ所持していれば
 それでも構わないのですが、万一取引上のトラブルで裁判になった場合
 公正証書にしておけば、強い証拠として威力を発揮します。

 また公正証書に 「強制執行を受けても異議はない」という旨の規定
(強制執行認諾条項といいます)を入れておけば、債権回収の場合など、
 裁判なしで強制執行(差し押さえ)が可能です。

 公正証書にするには手数料が必要ですが、安全確実な証拠書類として
 利用する意義は大きいといえます。

 *公正証書にする際は、各地の公証役場に依頼します。


■ 作成のポイントと、押印の注意点

 契約書は誰が作成するのでしょうか?
 通常、売買契約書の場合は売主、業務委託契約書の場合は委託者、
 賃貸契約書の場合は貸主など、その時点で主導権を握る立場の側が
 作成するものです。

 したがって我々専門家が契約書作成を依頼された際も、どちらかといえば
 作成する立場の側が不利にならないように作ります。
 契約書を作成する理由のひとつは「自己防衛」だからです。

 ただ、明らかに偏った内容は法的に問題がありますので、できるだけ
 専門家に相談したほうがよいでしょう。

 逆に、取引先から契約書に押印を求められた場合も、内容をよく聞いて
 確認し、決してろくに読まずにその場で押印しないようにしてください。

 ハンコを押してから「知らなかった」ではすまされません!


■ 最後に ~オーダーメイド契約書のすすめ~

 たかが契約書、されど契約書。
 契約書作成の仕事を依頼されると、まずその取引内容はもちろん、
 その商品や業務が完成して取引されるまでの流れ、またその際の
 不安点を、徹底的にお聞きし、何度も話合いを重ねて完成させます。

 既成の契約書はネットや書籍で簡単に入手できますが、内容が複雑に
 なるほど、個々のリスクはとてもとてもカバーできません。

 この機会に、ぜひ「契約書」の重要性を確認してくださいね。
 ご相談やお問合せは下記まで!

    おわり

♪:*::*:♪:*::*:♪:*::*:♪:*::*:♪:*::*:♪:*::*:♪:*::*:♪:*::*:♪

 行政書士さくらオフィス
 行政書士&CFP&手相鑑定士  はまだ みさ
 〒180-0004
 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-18-3
 サニーシティ吉祥寺ビル404 (吉祥寺駅北口より徒歩1分)
 TEL:0422-22-7226/FAX:020-4668-8023
 http://www.sakura-office.info/
 hamada@sakura-office.info
 業務ブログ http://ontheroad.ap.teacup.com/sakura-office/

 


この記事へのコメント (0)

この記事にコメントする

お名前 (必須)

メールアドレス   

(入力すると掲載されます)

URL

タイトル

コメント (必須)

画像認証 (必須)

上の画像で表示されている文字を入力してください。