プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

QRコード

【定款】缶コーヒーから定款の話に飛躍

[ テーマ: 定款記載例 ]

2011年8月5日01:08:00

コーヒーは好きでよく飲むのですが、事務所内では簡単に缶コーヒーを飲んでいます。

今日、たまたま缶コーヒーを飲みながら、ふと缶に印刷された原材料名を眺めていたら、あることに気がつきました。

 

缶コーヒーから定款

 

「缶コーヒー」だから、原材料名の最初に、「コーヒー」が来るかと思ったら、そうとも限らない、ということに気がついたのです。

 

具体的に例を挙げると、

1.写真左の昔懐かしいUCCコーヒーの原材料は、「砂糖、脱脂粉乳、コーヒー、全粉乳、乳糖、乳化剤」の順に書かれていましたが、

2.真ん中のJTのアロマレボリュートは、「牛乳、コーヒー、砂糖、濃縮乳、乳化剤、香料、酸化防止剤(V.C、V.E)、シリコーン」の順、

3.右側のジョージアのブラックは、「コーヒー、香料」 の順という感じ。

 

最初、原材料ごとに記載の順が決まっているのかと思ったのですが、メーカーによって、コーヒーと砂糖の順番が違っていたりするので、そうではなさそうです。

次に、缶に入っている量の多い順かと考えたのですが、UCCは、砂糖が最初、次にコーヒーの順でコーヒーより砂糖のほうが多いなんて考えにくい。

また、「乳」がらみの材料の並びも、微妙にまとまりがなく、気持ちが悪い。

 

こういうことが気になるのは、司法書士の職業病なのかもしれません(笑)。

日頃、会社の設立手続きを多く取り扱い、その度にお客さまに、設立する会社事業内容(目的)を聞いて、会社の定款に盛り込むということを繰り返しています。

その際、各目的の並び、順番がとても気になるので、その延長というのか、副作用で、次第に缶コーヒーの原材料の順番まで気になっているのかもしれません。

「缶コーヒー」であるなら、最初に来るのは、当然、「コーヒー」であるべきだと思いますし・・・

 

たとえば、UCCコーヒーなら、

「砂糖、脱脂粉乳、コーヒー、全粉乳、乳糖、乳化剤」 でなく、

コーヒー、砂、脱脂、全化剤」」のように、「糖」「乳」「粉乳」関係の材料はまとめるのがサイコー!などと思ってしまいます。

 

・・・こんなことを書くと、とても神経質そうに感じるかもしれませんが、血液型はO型のわりと大雑把な司法書士だと自覚しています。

大丈夫です。

 

 


この記事へのコメント (0)

この記事にコメントする

お名前 (必須)

メールアドレス   

(入力すると掲載されます)

URL

タイトル

コメント (必須)

画像認証 (必須)

上の画像で表示されている文字を入力してください。