プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

QRコード

本店移転登記の打ち合わせ中、住所を間違えたって…

[ テーマ: 本店移転登記 ]

2015年3月13日17:01:48

都内S区からS区へ、管轄法務局が変わる株式会社の本店移転登記のご依頼をいただき、打ち合わせのため、新宿へ行ってきました。

 

新宿で本店移転登記の打ち合わせ

 

今日は、事前にいただいていた情報をもとに、株主総会議事録、登記の委任状、印鑑届書、印鑑カード交付申請書を作成して持参しました。

ひと通り、書類についてご説明したあと、それぞれに押印して郵送します、ということになりかけた瞬間…

「あ、住所を間違えて伝えていた」

事前に、移転先の住所を、『一丁目7番24号(実際は違います)』と聞いていたのですが、『一丁目7番24号』が正しいとのこと。

株主総会議事録をはじめ、すべての書類に、移転先の本店のご住所が記載されているので、すべての書類を作成し直すことになるのですが(訂正印で訂正することも可能ですが書類が汚くなるし、時間に余裕があるので作成し直します)、この時点で気がついていただいて助かりました。

 

もし、登記した後で、住所が間違っていることに気がついたら…

もちろん、(更正登記を申請することで)訂正することは可能ですが、余計な費用が発生します。

 本店移転登記をする際に住所を誤ってしまった場合の手続き、費用

登記費用も発生する上、登記簿謄本上にはすべて履歴として掲載されますので、直したことがわかり、かなりかっこ悪い。

 

でも、この住所の間違い、意外と多いんです。

気をつけましょう。

 

 本店移転登記手続き、登記費用はこちら

 

 本店移転登記をする際に住所を誤ってしまった場合の手続き、費用


この記事へのコメント (0)

この記事にコメントする

お名前 (必須)

メールアドレス   

(入力すると掲載されます)

URL

タイトル

コメント (必須)

画像認証 (必須)

上の画像で表示されている文字を入力してください。