プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

QRコード

会社設立は、2018年9月13日

[ テーマ: 合同会社設立手続き ]

2018年8月14日12:23:00

このブログや、私が監修した本を読んでくださっている方から、合同会社設立手続きのご依頼をいただき、その打ち合わせのために某市へ行ってきました。

会社設立の日(=会社設立登記を申請する日)は、2018年9月13日を指定され…

その理由は、大安吉日であり、一粒万倍日であり、天赦日なうえ、神吉日だからそうです。

 

会社設立するのに良い日

 

ちなみに…

大安吉日は、万事大吉、特に開店、婚礼に良い日(会社設立登記の日(六曜の吉凶)より)

一粒万倍日は、一粒の籾が万倍にも実り、豊穣をもたらすという縁起のよい日(会社設立日には大安吉日よりも一粒万倍日?より)

天赦日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日(wikipediaより)

神吉日(かみよしにち)は、神事、祭礼、遷宮、祈願など神事に関して万事において吉の日(こよみのページより)

 

これらが偶然重なるというのだから、もう…盆と正月が一緒に来た以上におめでたい日なのでしょうね。

 

*  ほかにも、会社設立日を検討する場合にはこういうものもあります。

  ソウルナンバーから会社の設立日を検討する

 

 

正直なところ、設立日までまだまだ時間に余裕があるのでホッとしています。

これから、依頼人には、資本金の払込みをしていただき、

こちらは、法人印の注文(希望者には印鑑セットの注文の代行をしています)、書類の作成を並行して準備していきます。

これから、会社を設立しようとお考えの方、2018年9月13日、せひご検討ください。

 

(なお、その日に設立したからといって、うまくいくという保証はできません。

一粒万倍日に宝くじを買った人で高額当選した方にまだ会ったことがありませんし、あくまでも参考程度に止めておいてください。)

 

 

その後…

今回のご依頼をいただいた方からこの記事を読んだというご連絡をいただきました。ありがとうございました。

また、この記事を読んでくださった方から、現在、進行中の設立案件の設立日をぜひ、9月13日にしたいというご依頼をいただきました。ありがとうございます。

 

 

 

株式会社・合同会社の設立について、電話によるご相談・お問い合わせ・お見積の依頼(無料)は、
03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ