プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

QRコード

【起業】スパゲティ屋の始め方

[ テーマ: 本・映画の中の会社設立 ]

2020年7月15日15:06:00

以前、カフェ、立ち呑み屋、バー等、飲食店を始めるための本を読み漁ったことがあり…

 飲食店を始める本を読んでみた

 

飲食店で起業、会社設立

 

 

今度は、スパゲティ屋を始めるための本「誰も教えてくれない「スパゲティ屋」の始め方・儲け方―出店計画から開業後まで、生き残るための鉄則がわかる安心開業ガイド!」を読んでみました。

べつに、スパゲティ屋を開業したいというわけではなく、それぞれの業界の裏の事情(?)を知っておきたいという好奇心から読んでみただけですど。

それに、何か司法書士事務所の経営に役に立つことがあるかもしれませんし。

 

スパゲティ屋の始め方

 

スパゲティ屋を始めるにあたり、真っ先に考えるのは調理師免許ではないでしょうか。

実は、スパゲティ屋をはじめ、飲食店を開業するには、調理師の資格は必要ありません。

「食品衛生責任者」の資格があれば可能ということは一般には知られていないことかもしれません。

 食品衛生責任者とは、講習会の案内などはこちら

なお、司法書士がその資格取得の代行などに関わることはありませんのでご注意を。

 

 

スパゲティ屋の立地条件

立地条件について、一般的なラーメン店やファストフード店と大きく違う点は、二等地の方がいいということ。

中心となる客は女性が多く、雰囲気重視、落ち着いて過ごしたいという理由で来店することが多いからというのが理由らしい。

駅近は便利で良さそうですが、ガラス越しに通行量の多い道路に面している場所よりも、かえって2階だったり、路地を一本入った場所で開業するのが良いというのは司法書士事務所なども共通して言えることですね。

 

 

飲食店の家賃

飲食店の経営を左右するのは、家賃と人件費なのだそう。

とくに家賃。

一般に家賃の基準は、売り上げの10%以内がよいとか、3日で支払える額がよいといわれているのだとか。

集客可能な人数、稼働率、1日の客数、営業日数…考える材料はいろいろあります。

 

 

カラーコントロール

お客さまが色から受ける印象というのは想像以上に大きいものらしい。

ラーメン店が看板の色を赤から緑に変えただけで売上が20%も下がることもあるというから無視できません。

色には、温かみのある暖色系と冷たく感じる寒色系があり、飲食店は暖色系を使うことが多いが、スパゲティ屋は落ち着いた雰囲気で女性が利用することが多いせいか、緑色を用いることが多いという。

ちなみに、司法書士などの士業(ただし、ホームページ)は、「信用・信頼感を表す青」「安心・安全を表す緑」「親しみやすさを感じさせるオレンジ」がよく使われているのだとか。

弊事務所はホームページは紺、ブログはオレンジを使用しています。

 (参考)業種別ホームページカラーガイド

 

 

この本を読んだ影響を受けて、ランチには東中野の名店「モーゼ」に行ってきました。

 

東中野 モーゼ

 

食事に来たのですが、そういう本を読んだ直後なので、妙にキョロキョロしてしまいます。

このお店、入口は緑色が使われていました。

食べたのは、このお店のキラーコンテンツ「あさしめ納豆(あさり、しめじ、納豆)」。

 

モーゼのあさしめ納豆

 

久しぶりすぎて普通に注文してしまったのですが、ほかのお客さんの多くが「特盛」を注文していたのが印象的でした。

あっという間に食べ終えたのに、特盛のお客さんはまだ半分程度残っていて、かなりうらやましかった。

次回は必ず特盛に(笑)

 

 

 

法人形態で飲食店を開業される方へ

 飲食店の定款(事業内容)は?

 

 

ご相談、ご質問については、下記にお電話、またはメールによるお問合わせをご利用ください。

03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ