プロフィール

西尾 努2007年2月より(株式・合同)会社設立・役員変更・定款変更、相続登記等、登記業務を中心に行っています。

≫ 詳細プロフィール

QRコード

資本金3000万円、高額な合同会社設立

[ テーマ: 合同会社設立手続き ]

2021年5月18日17:47:54

資本金3000万円の合同会社の設立登記手続きのご依頼をいただきました。

 合同会社設立登記手続き(総額10万円・印鑑セット付)

 

一般的には、消費税、その他税金のことを考えると、設立時、資本金額を1,000万円以下にされる会社が多いのですが、今回はいきなり3000万円。

念のため、税金等について依頼人に確認すると、節税目的の設立ではないし、売上もすぐに数千万円となるし、すでに顧問税理士に相談済みだということでした。

 

 

ご依頼時、ちょっとだけ気になっていたのが、設立時の登録免許税、いわゆる印紙代

通常、資本金をそこまで高額に設定されるケースはまれなので、当事務所の場合、登録免許税6万円、司法書士報酬を4万円(税込・会社の印鑑3本セット付)の総額10万円でご案内しているのですが、今回の依頼人もそのつもりでご依頼いただいているのではないか、ということが気になり…

登記費用のお見積もり書を提示するにあたり、今回の登記手続きの費用は総額10万円ではできない旨、事前にご説明させていただきました。

 

合同会社設立時の登録免許税額について

資本金額×7/1000(0.7%)で計算し、その結果が6万円以下であれば6万円

計算した結果が6万円を超える場合は、その額(ただし100円未満は切り捨てます)

となります。

つまり、最低6万円ということです。

 

ちなみに、6万円を超える境目がいくらになるかというと、858万円(ただし、1万円単位)です。

858万円×7/1000
=60,060円
=60,000円(100円未満切捨てのため)

 

なお、859万円の場合には、

859万円×7/1000
=60,130円
=60,100円(100円未満切捨て)

で、6万円を超えてしまいます。

 

なので、今回の資本金額3000万円の場合の登録免許税は21万円となり、司法書士報酬が4万円ですから、(10万円ではなく、)総額25万円となる点をご説明しました。

登録免許税については、すでにご理解いただいていたようでホッとしましたが、インターネットで合同会社の設立登記手続きのサイトを見る限り、合同会社設立の登録免許税額が一律6万円と案内しているものがホントに多い。

トラブルにならないのだろうかと心配になるほどです(実際には、資本金額が858万円を超えるケースはそれほどないのかもしれませんが)。

 

数日前、その会社の登記が完了しました。

 

高額な資本金の合同会社の設立

 

  合同会社設立登記手続きはこちら

 

 

ご相談、ご依頼、見積もり書については、下記にお電話、またはメールによるお問合わせをご利用ください。

03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ