プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

バックナンバー

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 05月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 03月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 12月

2007年 11月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

2007年 06月

2007年 05月

2007年 04月

2007年 03月

2007年 02月

QRコード

1日、大安は会社の設立が多い

[ テーマ: 株式会社設立手続き ]

2011年6月2日14:16:16

毎月、1日は会社設立のご依頼が集中します。

1日に会社を設立するということは、司法書士側から見れば、設立日=登記申請日ですから、1日に会社設立登記を申請して欲しい、ということになります。昨日が1日で、会社設立登記が集中しました。

ですが、2日の本日が「大安吉日」ということもあり、今月に関しては、会社の設立日が、1日と2日に分散しました(大安を好むお客さまも少なくありません)。

先ほど、やっと本日、ご指定の登記をすべて申請することができました(事務所内でインターネットを利用したオンライン申請方式で申請しています)。これから、書類をまとめて、近い法務局には窓口に持ち込み、遠い法務局には郵便で書類を送る予定です。

お客さまから、よくオンライン申請の流れについてご質問をいただきますが、実は、オンライン申請といいつつ、それだけでは手続きを完了させることはできません。押印いただいた書類の原本は持ち込むか郵送しなければなりません。

  いつが大安か知りたい方は
6月の大安で会社設立登記が可能な日は、2日,8日,14日,20日です。


ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣

[ テーマ: 本の中の会社設立 ]

2011年6月8日01:06:00

 

「ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣」という本を読んでいると、六曜についてこんなことが書かれていました。

 


(ファーストクラスの乗客が使う)手帳選びの意外なポイント ― 六曜があるかどうか

その手帳には「六曜」が記されているでしょうか。
「六曜」とは、ご存知のとおり、「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」のことです。日本ではこれらが、非常に大きな意味を持ちます。結婚式は大安に行なう人が多く、お葬式は友引を避けるなど、日常生活においては、主に冠婚葬祭の日取りを決めるのに使われることが多いようです。
これをビジネスで考えてみましょう。
企業は、新製品の発表や世間にアピールしたいニュースを大安の日にぶつけてくる傾向があります。同じように考える企業がほとんどですから、大安の次の日の紙面はそうした記事がひしめきあいます。(ここまで引用)


 

これまで、そのような角度から新聞を見たことはなかったので、紙面に新製品の発表の記事を載せる(掲載される)企業ほど、「六曜」のようなもの(?)にこだわっていた、という事実は意外でした。

大安だから成功する、というわけではありませんが、「よさそうなこと」は何でも利用したほうがいいのかもしれません。もし、これから起業して、会社の設立をお考えであれば、せっかくですから「六曜」を活用してみてはいかがでしょうか(注:「大安」でも土日祝日の場合には、法務局がお休みのため、設立登記の申請はできません)。

  六曜カレンダーを用意しておりますので、ご参照ください。

ちなみに、こんなことを書いておきながら、私が司法書士事務所を立ち上げたのは、何を隠そう、「仏滅」でした・・・それでも、おかげさまで順調です。

 

 


資本金1円の会社と取引する場合

[ テーマ: 株式会社設立手続き ]

2011年6月9日12:51:00

最低資本金制度(株式会社の場合、最低資本金1000万円)が撤廃されて、もう数年経過し、現在では、小額で会社を設立するのが当たり前のようになっています。

先日も、資本金1円で設立した会社がありました(ちなみに、1円で会社を設立する場合のリスクは、事前にご説明させていただいております)。

今回は、資本金1円の会社と取引をする場合の相手方へのアドバイス。

最低資本金制度があった時代は、取引をする相手方からすれば、「少なくとも帳簿上には1000万円相当の財産があるだろう」という信頼がありました。ですが、最低資本金の制度が撤廃されたため、そのような信頼は消失しました。

その結果、ある会社と取引をする場合、相手の登記簿謄本(全部事項証明書)をとって、資本金額をチェックすることは最低限必要な作業になりました。

資本金額をチェックして、一般に、多ければ問題ありませんが、もし、資本金が1円など極端に少なかったどうするか・・・

その場合、取引をしないというのも1つの方法ですが、どうしても取引をしたいというのであれば、その会社の取締役、代表取締役に連帯保証人になってもらう、などして、自分の債権の保全をしておくことも検討しなければなりません。

  会社の資本金 1円で起業

  資本金額の決定について

 

 


インターネット上の墓地?

[ テーマ: 相続登記手続き ]

2011年6月11日15:46:09

昨日、打ち合わせに向かう途中の都電荒川線の車内広告で興味深いものを見つけました。

インターネット上の墓地

インターネット上の墓地です。

今年、1月に新聞で紹介されていたので、ご存知の方も多いかもしれません。

契約すると、墓地に添えたい写真、追悼メッセージなどを掲載したホームページ(契約者が編集できる)を作ってもらえ、日本のみならず海外からでもインターネット上で墓参りができることになります。

契約者には、ID、パスワードが発行され、インターネット上で墓参りしたい場合には、契約者の許可がいるが、許可があれば、誰でも墓参りできる仕組みになっています。

1つ疑問に思うのは、インターネット上の墓地ですと、実際のお骨はどうするのか、ということ。これについては、永代供養合葬墓に安置・供養されるので問題ないのだそうです。

ちなみに、費用は50万円ほど。

自分の墓地を今から準備するのもいいかもしれません・・・。

興味のある方は、 http://www.haka.co.jp/CyberHiten/ をご参照ください。

 


志賀高原・草津ツーリング

[ テーマ: 趣味 バイク・ツーリング ]

2011年6月14日02:44:04

日曜日に、今月19日に高速道路の休日上限1,000円の割引制度、無料化実験が終了するというので、慌ててツーリングに出かけました。

行き先は、バイク雑誌で走りたい道路ベスト10などの特集では、必ず上位に選ばれる、雲上ロードこと、志賀草津道路(行き先が道というのも変ですが)。

中央道から上信越、信州中野で下りてを志賀草津道路目指しました。

志賀高原

バイクは体がむき出しのせいか、高度が増すにつれて、気温が下がるのがよくわかります。標高2000mを超える辺りにはまだ雪が残っており、寒さを感じます。

これ(↓)が雑誌等でおなじみの志賀草津道路の風景です。(と思っていたら、この写真、雑誌で紹介されたものとほとんど同じでした。。。)

志賀草津道路

せっかく来たので、ついでに白根山の湯釜を見て、

白根山

軽い気持ちで登ったら、思いのほか距離が長く、後で携帯についている万歩計をチェックすると、バイクで走るツーリングをしているのに、なぜかこの日1日で2万歩を超え、平日の2倍以上歩いていました。

白根山 

遠くに見える駐車場からここまで歩いて登りました。駐車場には、バイクの姿がなく、バイク乗りは、バイクを降りて山に登るなんてことはしない人種だということを思い知らされました。

ここで、ひと汗かいたので、ここから近い草津温泉、いつもの大滝乃湯へ。昨年の11月にも訪れていました。 矢印 軽井沢・草津ツーリング

そこからロマンチック街道を通り、渋川で小雨が降ってきたので、慌てて関越に入り、東京へ戻りました。

この日は、たいしたものも食べず、とにかくワインディングを満喫した日になりました。

高速の休日割引が使えるのは、残すところ、今週末の土・日のみ。梅雨で天気が心配ですが、晴れたらまた走りたいと考えています。

 


定款変更の打ち合わせの後、東京観光へ

[ テーマ: 司法書士のプライベート ]

2011年6月15日00:42:52

今日は、夕方、台東区で、株式会社の取締役会廃止、監査役廃止、会社の目的の整理など、定款変更の打ち合わせがあり、その後、せっかくなので少し歩いて東京観光をしてきました。ここのところ、仕事が立て込んでいて、ちょっと気分転換です。

浅草で、仲見世、浅草寺周辺をちょっと散歩して、

浅草寺

すぐそばの隅田公園からスカイツリーを眺めて。

スカイツリー

そういえば、このスカイツリー、展望台に上がるのに、入場料として予定されている金額は、3千円だと今朝のスポーツ新聞に書いてありました。

一度上るだけで、3千円だと、フラッと立ち寄る、なんてことはできませんね。

3千円どころか、2千円でも惜しい気がする。

 


社名変更登記と占い

[ テーマ: 商業登記 社名・商号 ]

2011年6月17日02:56:00

今日、街を歩いていたら、このようなものが目に入りました。

商号変更と占い

占い師に相談できることの一覧です。

社名変更についても、占い師に占ってもらえるようです。「事業」もありますから、「変更」に限らず、会社設立時に社名を決める際にも利用できそうです。

そういえば、以前、当事務所のお客さまにも占いで社名を決められた方がいらっしゃいました。

  会社名が決まらない (この時のリクエストには驚きました)

この記事を書いているうちに、社名が決まらない方には、このような便利なツールがあったことも思い出しました。

  社名(商号)決定の強い味方

自分だけで社名を決められない方には、いろいろな方法があるようです。

 

矢印 社名変更登記をお考えの方は 

 


失敗の解決策

[ テーマ: 司法書士のプライベート ]

2011年6月21日22:57:00

先日、某大学で、打ち合わせの後、駅に向かう途中の定食屋さんで食事をして帰ることにしました。

大学生がよく利用するだけあって、とても安い。メンチカツ定食が500円、それにしようと食券を買おうと思ったところ、その上のボタンに、50円差の、「メンチカツ定食 大盛 550円」を発見。

実は、この日、朝から何も食べないまま、夜を迎えてしまったので、迷わず、「大盛」をプッシュ。

しばらくして、目の前に現れたのは。。。

大盛 メンチカツ定食

2つの丼にご飯をギュ~ッと詰め込んで、それを合わせた感じ・・・

圧縮されて空気が抜け、フワフワ感が消失し、餅のような状態。見た目以上のボリュームです。

さすがにどうやっても、バランスが悪く、最後にご飯と水だけが残ってしまいました(それでも全部食べましたが)。

この失敗の後、たまたま読んだ小説にこの解決策というかヒントが書かれていました。

 


どのケーキを食べるにしても、エスプレッソは必需品だ。しかし、ひとつのケーキに対して一杯のエスプレッソだと、エスプレッソが不足する。

どうすればいいか、彼女は先ほどから考えていた。ケーキを三分の二あたりまで食べたところで、彼女はエスプレッソを飲みほしてしまう。もう一杯ください、と言ってエスプレッソの追加注文をするのが、彼女は好きではない。もう一杯という言葉の字面はそれほど悪くないのだが、声に出して言うときの感じが、いつまでたっても彼女は好きになれないからだ。

エスプレッソをもっと飲みたい、と思いながらケーキの残りを食べていくことには決定的な欠落感がともない、それが彼女にはつらかった。どうすればいいか考えながら暑い歩道を歩いていく彼女は、最初にエスプレッソを二杯注文してしまうことを、思いついた。大きなカップに二杯分でもいいが、説明するのが面倒のように思えた。日本語を使うなら、エスプレッソを二杯、と最初に言ってしまえばいい。エスプレッソを、とそこでいったん言葉を切り、二杯、と念を押すように言って注文する。気のきいた店なら、二杯目は少しおくらせて持ってくるのではないか。(「夢の終わるべきかたち/片岡義男著」より引用)


 

この小説が教えてくれたことは、「あのご飯を食べるには、味噌汁一杯では不足してしまう。なので、味噌汁を二杯、最初から注文すればいい」、という解決策。ただ、このお店は、食券制なので、「彼女」のように悩む必要はありませんが・・・。

 


土日対応可の司法書士事務所です

ブログランキングに参加しております。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログ王 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ 

 

 

 


45回目の起業家交流会

[ テーマ: 起業支援 ]

2011年6月23日10:41:00

昨日は、新宿で45回目の起業家交流会を開催しました。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

昨日の参加者は、当事務所を利用され、会社を設立、または、現在、設立登記準備中の起業家さんたちと起業をサポートする司法書士、税理士、行政書士などの先生方。異業種の方ばかりで、毎回、刺激的です。

 

印象的だったのは、あるテーブルに座った3名が、それぞれ異なる時期に、異なるルートで会社設立登記のご依頼をいただいたのに、偶然、3人が歩いて数分程度の距離に住んでいることがわかり、妙に盛り上がっていたこと。初対面の参加者同士で、来月○○日にゴルフに行く、という約束までされていたのには、驚きました。あとから考えると、3人とも、新宿に会社を設立され、交流会の場所が新宿だったということで、珍しい話ではないのかもしれませんね・・・。

 

外国文化講座参加者のなかには、海外経験の長い社長、韓国人の社長など、海外でも活躍されていた方もいらっしゃって、タイや韓国の文化、言葉などのレクチャーも。

最近、私が韓国ドラマ等をよく見ているという話をしたところ、お得な情報までいただいて・・・感謝!

また、現在、設立準備中のコンサルタントの方からは、交流会の後、「仕事も取れそうなので、また参加します。」というメールをいただき、遊びでも仕事でもいい出会いがあったようです。

 

次回は、7月20日(水)の予定です。

  起業家交流会のご案内、参加者の声など