プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

バックナンバー

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 05月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 03月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 11月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

2007年 06月

2007年 05月

2007年 04月

2007年 03月

2007年 02月

QRコード

缶コーヒーから定款の話に飛躍

[ テーマ: 定款記載例 ]

2011年8月5日01:08:00

コーヒーは好きでよく飲むのですが、事務所内では簡単に缶コーヒーを飲むことが多い。

今日、たまたま缶コーヒーを飲みながら、ふと缶に印刷された原材料名を眺めていたら、あることに気がつきました。

缶コーヒーから定款

「缶コーヒー」だからといって、原材料名の最初に、「コーヒー」が来るかと思ったら、そうとも限らない、ということに気がついたのです。

 

具体的に例を挙げると、

数字 写真左の昔懐かしいUCCコーヒーの原材料は、砂糖、脱脂粉乳、コーヒー、全粉乳、乳糖、乳化剤」の順に書かれており、

数字 真ん中のJTのアロマレボリュートは、「牛乳、コーヒー砂糖、濃縮乳、乳化剤、香料、酸化防止剤(V.C、V.E)、シリコーン」の順、

数字 右側のジョージアのブラックは、コーヒー、香料」 の順。

 

最初、原材料ごとに記載の順が決まっているのかと思ったのですが、メーカーによって、コーヒーと砂糖の順番が違っていたりするので、そうではなさそうです。

次に、缶に入っている量の多い順かと考えたのですが、UCCは、砂糖が最初、次にコーヒーの順でコーヒーより砂糖のほうが多いなんて考えにくい。

また、「乳」がらみの材料の並びも、微妙にまとまりがなく、気持ちが悪い。

 

こういうことが気になるのは、司法書士の職業病なのかもしれません(笑)。

日頃、会社の設立手続きを多く取り扱い、その度に、お客さまに設立する会社事業内容(目的)を聞いて、会社の定款に盛り込むということを繰り返しています。

その際、各目的の並び、順番がとても気になるので、その延長というのか、副作用で、次第に缶コーヒーの原材料の順番まで気になっているのかもしれません。

「缶コーヒー」であるなら、最初に来るのは、当然、「コーヒー」であるべきだと思いますし、・・・

 

たとえば、UCCコーヒーなら、

「砂糖、脱脂粉乳、コーヒー、全粉乳、乳糖、乳化剤」 でなく、

コーヒー、砂、脱脂、全化剤」」のように、「糖」「乳」「粉乳」関係の材料はまとめるのがサイコー!などと思ってしまいます。

 

・・・こんなことを書くと、とても神経質そうに感じるかもしれませんが、血液型はO型のわりと大雑把な司法書士だと自覚しています。

大丈夫です。

 

 


こんなとき、どうすれば・・・

[ テーマ: 司法書士の独り言 ]

2011年8月6日18:45:07

街を歩いていたら、目の前に・・・

玉子が落ちそう

自転車のカゴから玉子が落ちそうですが、絶妙なバランスを保って、辛うじて落ちずにいます。

誰のものかはわかりませんし、周りの人は誰も気がついていない。

カゴに戻してあげたいのですが、他人が勝手に食品に触れることはできず(自分なら、知らないうちにされたのならいいですが、目の前で触られると嫌です)・・・。

こんなとき、どうすればいいのでしょうか。

と考えるまもなく、近くで別の買い物をしていたらしき主婦がさっとカゴに戻して、自転車に乗って立ち去りました。

ホッとしました。

 

 

 


商号は、株式会社ギュギュギュギュギュイーン

[ テーマ: 商業登記 社名・商号 ]

2011年8月7日23:02:00

日曜の夜、テレビで「爆笑!大日本アカン警察」という番組を見ていたら、ある会社の言いにくすぎる会社名が取り上げられていました。

その会社名というのが、「株式会社ギュギュギュギュギュイーン」。 英文表記では、「Gyu Gyu Gyu Gyu Gyueeeen Inc.」(英文表記は登記されません)。

 

株式会社ギュギュギュギュギュイーン

 

設立当初は、トータルプランニングアンドサービス株式会社という社名だったのですが、その後に、「株式会社ギュギュギュギュギュイーン」に社名変更(商号変更)をしたとのこと(同社HP http://racing.co.jp/history/ より)。

 

この会社、変更後の社名のとおり、モータースポーツの普及発展を目的とする会社だそうです。私も、スポーツの中でモータースポーツが最も好きなのですが、車のレースにしても、バイクのレースにしても、スポーツ紙ではあまり取り上げられませんし、一時期より人気が低迷していて寂しい限り。

モータースポーツが、ヨーロッパのようにメジャーになスポーツになるよう、この会社、心から応援しています。

 

  商号変更をご検討の方はこちら 

 


会社の設立日は大安?  ・・・なるほど

[ テーマ: 株式会社設立手続き ]

2011年8月8日19:49:00

今日、会社を設立したいというお客さまお二人とお会いして打ち合わせさせていただきました。

1人がAさん、もう1人がBさんだとして・・・

私 「会社の設立日は、いつにしましょうか?」

A 「準備でき次第、すぐに設立したい。大安に設立する人は多いのは知っているが、気にしないので仏滅でもかまわない。」

B 「できれば大安に・・・。」

A 「会社なんて、大安に設立したとしても、潰れる会社は潰れるんだから、そんなことは関係ないよ。」

B 「そうですね~。起業して1年で半分近くが廃業して、10年もつ会社なんて1割程度らしいですしね。(廃業した会社の)多くが大安に設立してると考えると、大安じゃないほうがいいのかも。」

私 「・・・。(なるほど・・・。そういう考えもありますね。でも、考え方を変えると、大安が多いので、その程度の廃業率で済んでいるのかもしれませんが・・・。)」

 

廃業 閉業 

 

この後、別のお客さまとお会いして、会社設立の打ち合わせをしたところ、会社の設立日は、10日の大安を希望され・・・せっかくなので、この話をしようと思ったのですが、ここでするメリットもないので、飲み込みました。

 

大安で設立した会社と、仏滅に設立した会社とで、どちらが廃業率が低いか、なんてデータは無いでしょうね。。。

 

 


所有権移転登記が完了し・・・

[ テーマ: 登記全般 ]

2011年8月10日10:01:00

先日、会社の登記でいつもお世話になっているお客さまから、「個人で不動産を購入するので、登記をして欲しい」、というご依頼をいただき、登記手続きをさせていただきました。

数日経過し、昨日、その所有権移転登記が完了したので、登記識別情報、その他登記関連書類をお渡しするため、お客さまのお店へ。

せっかくなので、そこで食事をして帰りました。

鮎飯 ← 鮎飯

カウンターだけで、1人客が中心の小さなお店(小料理屋というのでしょうか)。

ビール1本と、ちょっとずついろいろと食べさせていただきました。

なかなかこういうお店には(敷居が高くて)1人で入る勇気はないのですが、お店の方が知っている方だと安心できます。

そこで初めてお会いしたお客さんとの会話もありますし、こういう経験ももっとしておくべきかも、と思いました。

今度は、仕事と関係なく、お客さんとして、飲みに行かせていただきます。

 

 

 


本店移転登記の打ち合わせで

[ テーマ: 本店移転登記 ]

2011年8月10日16:38:00

いつも大変お世話になっている社会保険労務士のN先生から、本店を移転したので、その登記手続きしたいという顧問先をご紹介いただきました。

さっそく、虎ノ門にあるその会社さまを訪問。

港区 本店移転

今日もかなり暑くて・・・早めに行って、近くで汗が引くのを待って訪問!と企んで、Yahoo!地図でビル名で検索して向かったところ、なぜか駅からのルートが裏の通りを示していて、迷いに迷った挙句、2分の遅刻。

到着したときには、汗だくで…見苦しい姿、大変失礼しました。

会社の定款、登記簿謄本等を拝見させていただき、本店の移転日、移転先を伺い、書類を作成するための情報を入手。これから書類作成に着手します。

現在の法務局の管轄区域内の移転になるので、登録免許税は3万円で済みます(異なる管轄区域内へ移転すると、登録免許税は2倍の6万円も納めなければなりません)。

帰りに・・・

新橋駅近くのお茶漬け屋さんで、お茶漬けランチ。

お茶漬けランチ

昔、この近辺の事務所で働いていたこともあり、ここで焼き魚定食をよく食べていたのですが、お茶漬けは初めて。

おいしいのですが・・・この○○暑いのに食べるメニューではなかったことを痛感。

さらに汗を流してきました。

 

  本店移転登記に関する費用、書類、手続きは

 

 


驚くほど安い定食屋さん

[ テーマ: 司法書士のプライベート ]

2011年8月11日14:15:00

某地下鉄の駅前に、古~い定食屋さんがあります。

そこが驚くほど安い! メニューは、

定食屋のメニュー

400円から定食が食べられます。

さっそく、さば定食(と冷奴)を注文しました。

400円のサバ定食

これで450円(さば定食400円 + 冷奴50円)!!

味も量も文句なしです。

ところで、メニューを見て思ったのですが、「焼きそばハンバーグライス(550円)」だけ異質な感じがします。

「焼きそば」も「ハンバーグ」も、どちらも堂々と主役を張れるメニューなのに、なぜかセットになっている。

ここに、店主のこだわりがあるのでしょうか。

今度、聞いてみようと思います。

 

 


代表取締役の住所変更の登記

[ テーマ: 役員変更手続き ]

2011年8月12日16:16:00

代表取締役の住所変更の登記のご依頼をいただきました。

株式会社の場合には代表取締役の住所が、有限会社の場合には取締役の住所が、登記されておりますので、その登記事項に変更が生じた場合、変更の登記を申請する必要があります。

今回は、引越しのため、住所が変わったということですが、変更登記を申請するにあたり、新住所に移転したことを証明する書類の添付は不要です(住居表示による住所変更を申請する場合には、住居番号決定通知書を添付すると登録免許税がかからないというメリットがあります)。

必要なものは、登記申請書、登記の委任状くらいで、委任状に住所の移転日、移転先を記載することになります。

登記費用は、登録免許税が1万円(資本金が1億円を超える場合には、3万円)、あとは司法書士報酬と登記簿謄本などの実費

 

  役員の住所変更登記について

 

ちなみに・・・

不動産の登記については、所有者の住所が登記されており、所有者が引越し等で住所が変わった場合、代表取締役の住所変更の登記と同じように、所有者の住所の変更登記を申請しなければなりません。

その際、会社の登記では不要だった住所の移転を証明する書類(住民票など)が必要となり、登記の費用は、会社の登記では1万円(または3万円)だったのに対して、不動産登記では不動産1つにつき、わずか1,000円で済みます。

同じ登記ですが、かなりの差があります。

 

 


埼玉県内の本店移転登記

[ テーマ: 本店移転登記 ]

2011年8月12日18:52:00

埼玉県内にある株式会社さんから、○○市から◎◎市(埼玉県内)への本店移転登記のご依頼をいただきました。

 

登記費用を尋ねられ…
(現在の法務局の管轄地域から出るか出ないかによって、費用は2パターンに分けられます) 

(東京都だと即答できるのですが、埼玉県の各法務局の管轄がわからない…)

慌てて、調べたところ、○○市も◎◎市も埼玉の本局の管轄でした。

各法務局の管轄はここで調べることができます。
http://houmukyoku.moj.go.jp/saitama/table/shikyokutou/all.html

 

調べてみてわかったのですが、埼玉の法務局(本局)では、「さいたま市,蓮田市,戸田市,蕨市,所沢市,狭山市,入間市,久喜市,加須市,幸手市,羽生市,南埼玉郡の内/白岡町」とかなり広い地域をカバーしていました。

この中での本店の移転であれば、登録免許税は3万円で済みます(管轄が変わる場合には、その倍の6万円も納めなければなりません)。

 

県によっては、会社の登記を取り扱う法務局が1箇所しかない場合もあり、細かく法務局の管轄が分かれている東京都とは大きく違います。

 

  本店移転登記の手続き、費用はこちら

 

 


司法書士試験の合格率はいくつもある

[ テーマ: 司法書士の独り言 ]

2011年8月13日11:58:00

電車に乗っていたらこんな広告が目に入りました。

数字

一見、87%という高い確率で教師になることができるように読み取れますが、細かく見ていくと、「教員志望者の」という条件がついていることに気がつきます。

条件に着目すると、その大学院全体では、教師になれる確率はそう高くはないが、教員になることを真剣に考えている人に限って言えば、教師になれるのは、その87%、とも読めます。

 

何が言いたいかといえば、

(この大学院に個人的な感情を持っているというわけではなく)こういったデータは、自分に都合のいい条件をつけることで、いくらでも調整することができるということを言いたかったのです。

 

司法書士の場合でも、お客さまのお宅に訪問すると、「司法書士さんって、合格率が数%しかない難しい試験ですよね~。」などと言われることが少なくありません(この場合、合格率の低さについては、正しいので対応に困ります・・・)。

たしかに司法書士試験の合格率は、ここ10年、2.8%~2.9%で推移しており、100人受験して3人も合格できないのは事実。

ですが、先の大学院のように、「司法書士志望者の」(司法書士になることを真剣に考えている人)という条件をつけると、合格率は確実に跳ね上がるはず。

なので、実は、司法書士は、そんなに合格率の低い試験に受かったというわけではないのです。

実際、受験生だった頃、付き合いのあった同じ受験生のほとんどが、合格した年に違いこそあれ、今は司法書士やってますからね。

ということを、お客さまに伝えたかったのですが、登記の打ち合わせで、そこまでの説明は求められていませんから・・・ブログに書いたことで、スッキリしました。

 

ちなみに、司法書士試験の合格率などデータをうまく使った事例としては、

司法書士試験の合格率は、3%弱。
うちの予備校で勉強すれば、(・・・という条件の)受験生の、◎◎%は合格できます。

というのがあります。

 

数字には惑わされないように・・・

 

 


外国語学習 通じるとうれしい

[ テーマ: 司法書士のプライベート ]

2011年8月14日23:02:00

周りに、「韓国」関連ビジネスで生計を立てている高校の先輩、韓国ドラマが好きなチング、登記の仕事でお世話になっている韓国の企業、韓国人のお客さまに刺激を受け、韓国語の勉強を(マイペースで)独学で始めました。といっても、学者の苫米地先生、松本道弘先生が書かれた本を参考にして、韓国ドラマなどを集中的に見て勉強している(?)だけですが…。

 

ドラマを繰り返し見ているだけなので、文法はまったくダメ、ハングル文字もまったく読めません。記憶に残っているシーンを真似ることで、カタコトの会話がわずかにできる程度です。

 

それでも外国語を勉強しているという意識があるせいか、どうしても使いたくなってしまう。なので、最近は、韓国のアジュンマが施術してくれる指圧のお店に時々行って、指圧を受けつつ、韓国語が通じるかどうか試しています。

 

しばらく間があったのですが、昨日、久々に指圧を受けてきました。施術を受けつつ、(日本語で聞かれているにもかかわらず)できるだけ知っている韓国語で話してみる。何度か通って相手も韓国語学習中の身だということを知っているので、間違っている発音、使い方は指摘してくれるし、肩こりも解消するので、まさに一石二鳥。

 

そうやって、わずかでも、その国の方と会話できたり、ドラマでのセリフが理解できたり、そういうのは、外国語学習者にとって、とてもうれしいし、励みになります。

 

  ハングル語学習の備忘録ブログ

 


土日対応可の司法書士事務所です

ブログランキングに参加しております。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログ王 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ

 


新宿区、本店移転の打ち合わせ

[ テーマ: 本店移転登記 ]

2011年8月18日12:19:00

少し前、新宿区内で設立した株式会社さんから、新宿区内で本店移転をしたので、登記をして欲しいというご依頼をいただきました。

もともとはご自宅を本店として登記されていたのですが、めでたく近くに事務所を借りられたということでそこを本店にして登記も変更したいというお話でした。

いくら近くだといっても、登記を変更するには費用(登録免許税3万円)が発生しますし、自宅のままでも問題ない、というお話もさせていただいたのですが、結果的に移転登記をすることになりました。

移転後は、新宿法務局に行く際によく通る場所にあり、時間があったら寄って欲しいとおっしゃっていただいたので、また訪問させていただこうかと思っています。

 

 新宿区 本店移転

 

新着情報 今回、本店移転登記のご依頼をいただいた社長さまも参加されている起業家交流会、今月は、24日に開催します。

交流会と言っても、セミナーもないし、名刺交換、会社PRのための時間もなく、ただの飲み会ですが・・・。

ご興味のある方は、当事務所HPをご参照ください

 

 

 


外国人の会社設立、設立後が大変…

[ テーマ: 法人口座開設 ]

2011年8月20日11:00:00

時々、外国人(主に韓国、中国、台湾)の方からご依頼を受け、会社設立の手続きを代行することがあります。

会社の設立自体は、登記手続きに必要な書類をそろえて法務局に提出すれば、数日後には特に問題なく完了するのですが、実はここからが大変・・・。

(1) まず、銀行が法人口座を開設してくれない

今も、韓国の方が株式会社を設立して1ヶ月ほど経過しているのですが、地元の銀行に口座を開設しようにも相手にしてくれず、困っています(起業家交流会でこの社長と仲良くなった、某企業の社長さんが、アドバイスしてくださっています)。

(2) また、先日は、中国の方が合同会社を設立、ネットショップを立ち上げて、ショッピングモールに登録しようとしたのですが、審査が通らない(ご本人曰く、外国人ということで審査が通らない)。結局、自社サイトのみでがんばる、ということでした。

ほかにも、事務所の確保の問題…いろいろな悩みがあるようです。

 

何かいい方法があればいいのですが・・・。

 

 


土日対応可の司法書士事務所です

ブログランキングに参加しております。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログ王 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ

 

 

 


25文字の会社名

[ テーマ: 商業登記 社名・商号 ]

2011年8月22日11:39:00

定款変更登記のご依頼をいただき、定款、登記簿謄本を見せていただいたところ、

英単語3つをカタカナにして並べた商号(会社名)で、とても長い…

文字数を数えてみると、「株式会社」の4文字を含めて、何と25文字でした。

当事務所内では、過去最長の商号です。

現在のところ、会社名の文字数には制限がありませんが、長いといろいろと大変です。

たとえば、

1. 覚えにくいし、伝わりにくい 

・・・ 領収書を発行してもらう際、苦労しそうです

 

2. 印鑑の作成が大変 

・・・ 印鑑は彫るスペースが限られていますから、スペースが小さいと、どうしても文字が細くなり、耐久性に問題が出てくるようです(逆に、文字数が少ない会社名だとスカスカでかっこ悪くなりでそうですが)。今回の会社の印鑑は、英単語3つの頭文字に省略されていました。

 

3. 官報に公告を載せる場合 

・・・ 官報公告の掲載費用は、行数で決まりますので、通常の会社より余計に費用が発生します。

 

 

個人的には、会社名を見た人全員に、その会社がどんな事業をしているのかが確実に伝わる文字を使い、なおかつ最低限の文字数がいい、と思っています。

 

これ以上長い商号はないと思っていたのですが、この記録は、2012年2月に塗り替えられました。   事務所内記録更新!超長い社名

 


会社の目的を変更 制作と製作

[ テーマ: 株式会社 定款変更 ]

2011年8月23日11:22:00

株式会社の定款の変更登記のご依頼をいただきました。

代表取締役の住所変更、それに伴う本店移転、事業内容(会社の目的)の変更等々

その中で、ちょっと困ったのが、事業内容(会社の目的)の変更で…

今回、「映像ソフトの『せいさく』」を追加したい、というご依頼をいただいたのですが、この『せいさく』が曲者で、「制作」なのか、「製作」なのか正確な区別の基準がよくわからない(お客さまからは、「製作」というリクエストがありましたが)。

 

国語辞典を見ると、

制作 : 芸術作品などを作ること。

製作 : 道具や機械などを使って品物を作ること(このほかにも、「制作」の意味も含んでいました。)

 

結局、よくわからない。

そういえば!と、今、目の前にあった映画「アルマゲドン」のパッケージを見ると、「ジェリー・ブラッカイマー製作」と書かれており、こちらは「製作」を使用(映画は「制作」だと思っていたのに・・・)。 → 映画業界についてはこちら

製作と制作

 

仕方がないので、ネットで検索してみると、とても参考になるブログを発見。

→ 音と映画と演劇と・・・(仮)

 

このブログによると、

制作 : 作品を作る為の実作業

製作 : 作品の企画、資金調達、出資、制作、宣伝、興行全般

という使い分けがあるようです。

 

この基準で判断すると、今回のお客さまのケースでは、「製作」(リクエストどおりでした)。

あ~、スッキリした。

 

 


新宿で46回目の起業家交流会

[ テーマ: 起業支援 ]

2011年8月24日23:39:00

開業当初から月に1度のペースで開催している起業家交流会

法人、個人事業主を含めてこれから起業を考えている方、現在、設立登記の準備中の方、起業されて間もない方と、われわれ起業をサポートする司法書士などの専門家が集まる交流会です。

 

起業家交流会といっても、その正体は、ただの飲み会

ですが、みなさんまったく違うビジネスをされていて、異業種間の雑談はとても興味深い。

個人的には、常連の広告代理店さんがいつも話してくださる話が、とても参考になるので楽しみにしていましたし、その昔、私にmixiを教えてくれた飲食系のコンサルタントさんが久々に参加され、今度は、facebookの活用法、可能性について、いろいろ教えていただきました。これからはfacebook、もっと活用していこうと思います。 → facebook

また、先日、起業のご相談をいただいたお客さまのフォローを税理士さんにお願いし、助けていただきました。野澤先生、いつもありがとうございます。

 

今月は、「行けたら行く」という方が4名もいて、結局、いつもよりも少人数での開催になりました。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

来月は、9月21日(水)に開催の予定です。

 

 


中野法務局へ行く途中

[ テーマ: 司法書士の独り言 ]

2011年8月25日20:37:00

中野駅付近で、株式会社設立の打ち合わせの後、先日、申請した相続登記が完了したという報告を受け、その登記識別情報を受け取りに中野法務局に向かいました。

中野駅に戻ってバスで行く方法もあったのですが、中途半端な場所にいたので、歩いていくことに…。

 

すると、途中、中途半端なペイントがおもしろい自販機を発見し、

 

がさつな自販機

 

このような写真を撮って、満足気に再び歩き始めて数分後・・・

携帯でメールをチェックしていると・・・

 

西尾さん

やっぱり、あの自販機は気になりますよね。

というメール。

 

ちょうどこの横を通り過ぎたバスの中から、撮影している一部始終を見ていた同業者からのメールでした(汗)。

 

これは恥ずかしい・・・恥ずかしすぎる。 

穴があったら、埋めてあげたい。

 

後から送られてきたメールによると、その時、バスの中からモーレツに手を振って下さったらしいのですが、バスが通ったことは覚えていても、手を振っている司法書士には気がつかず・・・。

今、思い出しても耳まで赤くなります。

 


落ち着かない月末の土曜日

[ テーマ: 合同会社設立手続き ]

2011年8月27日21:27:00

8月最後の土曜日です。

今日は、朝から、不動産登記、商業登記…週明けの登記の準備に追われています。

 

午前中は主に書類の作成、午後は、9月1日に設立する合同会社の社員全員と私とで、税理士さんの事務所を訪問し、会社設立の手続きについて打ち合わせ。 

合同会社の設立登記に必要な書類の作成、設立後に税務署や県庁、市役所(今回は神奈川県のお客さまでした)に、どのような書類を提出するのか、また、その書き方についてのご相談、さらに決算等の処理の方法などについて、税理士さんにアドバイスをいただくことができましたので、これでご不明な点、ご心配な点は解消できたのではないかと思います。

 

その後、お客さまとは別れ、その税理士さんと近々申請する相続登記の打ち合わせや近所の不動産会社さんと電話で来週の決済の打ち合わせ、また、別のお客さまとやはり1日に設立する株式会社の打ち合わせ・・・。

ただでさえ登記のご依頼が集中する「1日」、しかもこの日は、「大安」で・・・、この調子で、9月1日まではずっとバタバタしている感じで・・・もう、今月は新規のご依頼は受けられそうもなさそうです。