プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

バックナンバー

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 05月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 03月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 12月

2007年 11月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

2007年 06月

2007年 05月

2007年 04月

2007年 03月

2007年 02月

QRコード

税理士をご紹介

[ テーマ: 提携先・協力先 ]

2011年12月1日00:53:00

会社の設立登記から始まって、不動産の移転登記など、当事務所のお得意さまのN社長から、(1)不動産に強くて、(2)●●法人に明るい税理士がいたら紹介して欲しい、というリクエストをいただきました。

 

数年後に●●法人を立ち上げるが、今の顧問税理士は全くの専門外のため、税理士の変更を検討しているとのことでした。

●●法人について詳しい税理士さんはあまり聞きませんが、ちょうど知り合いの税理士さんが●●法人の顧問先が多いのを知っていたので、今日、N社長と2人で税理士さんの事務所を訪問してきました。

 

今後のことは、その2人にお任せするとして・・・

最近、税理士さんを紹介して欲しい、というご依頼が増えています。今月だけでも、3件目。やはり、会社と税理士は長い付き合いになりますから、税理士選びには慎重になるのはよくわかります。 会社設立時に大量に送られてくるDMやネットから探すのは、とてもリスクがありますから・・・やはり、紹介が一番だと思います。

 

当事務所では、男性、女性、若い税理士さんから20年以上のベテラン税理士さん、税理士さんに限らず、社会保険労務士さん、行政書士さんなど独自のネットワークがありますので、いつでもご相談ください(ただし、ご紹介させていただく以上、こちらもリスクを負いますので、当事務所のお客さまに限ります)。

また、月に一度開催している起業家交流会でも、そのうちの何人かの先生方が参加されていますし、そこで飲みながら話をしてみてもいいかもしれません。実際に、参加されたお客さまから、交流会で税理士さんと知り合って、顧問契約をしたという報告を時々受けます。

ちなみに、12月の起業家交流会は、21日開催の予定です。

 

 


定款の「官報公告」

[ テーマ: 定款記載例 ]

2011年12月7日10:17:51

会社の設立登記のご依頼をいただき、公証人の認証(合同会社の場合、登記)の前に、お客さまに定款の案を作成してお見せするのですが・・・

 

かなりの確率で質問を受けるのが、「公告方法」の文言。

(公告方法)
第●条 当会社の公告方法は、官報に掲載する方法により行う。

他にも、「当会社の公告方法は、官報に掲載する方法とする。」「当会社の公告は、官報に掲載してする。」

 

のように定款に記載するのですが、この言い回しがどうにも気になるようです。たしかに、この文言は、一般的な文章になっておらず、違和感を感じて、「え?」となるのもわかります。実は、今日もそういったご連絡をいただいたばかりで・・・。

上でご紹介した代表的な3つのパターンは、どれも一般的に使われていて、誤りではありません。もう少し、言葉を足して、わかりやすく表現できればいいのかもしれません。・・・でも、慣れてしまうと、簡潔なほうがしっくりくるのが不思議です。

 

 


49回目の起業家交流会

[ テーマ: 起業支援 ]

2011年12月8日13:43:28

月に一度のペースで開催し、これまで48回開催してきた起業家交流会、49回目の今月は、21日(水)です。

師走ということで、忙しい時期だし、忘年会シーズンだし、今月の開催をどうしようか迷ったのですが、いつもどおり開催することにしました。

参加者が激減するのではないか、という心配をよそに、すでに起業された方、今月起業される予定の方、士業(紹介に限定)からのお申し込みをいただいております。

会場としてお借りしている、新宿の中華料理店の店長のご好意で、お店に対する人数の報告は必要ありませんので、当日でもお申し込みを承ります(19時から23時まで開催しておりますので、途中参加も歓迎です)。

交流会の場所等は公開しておりませんので、こちらからお問合わせください。

 

   交流会のページはこちら

 

 


取締役死亡の登記

[ テーマ: 役員変更手続き ]

2011年12月9日20:30:24

株式会社の取締役さんが死亡されたので、その役員変更登記のご依頼をいただきました。

取締役が死亡した場合、取締役会を設置していない会社はもちろん、取締役会を設置している会社で、それによって取締役の員数が3人未満となる場合であっても、死亡による退任登記をすることができます。

ただし、もし、その取締役が代表取締役であった場合には、後任の代表取締役を選定してからでなければ、その登記の申請ができません。

今回は、取締役会を設置していない株式会社で、他に代表取締役を含めて、2名の取締役がいる会社だったため、取締役の死亡による退任登記を申請することになります。

もし、この会社が取締役が1名しかいない場合で、その取締役が死亡されいた場合には、後任を選定する株主総会を開催する手続きは煩雑になります。現在は、取締役1名のみでの株式会社の設立もできるようになりましたし、実際、その形態で設立される方が増えているのですが、後にそういうことが起きる可能性がありますので、取締役の員数を決める際に検討事項の1つとして覚えておいてください。

なお、今回のような取締役の死亡による退任登記に必要となる書類は、(1)死亡届(死亡診断書、戸籍謄本でも可)と、(2)司法書士への委任状です。

費用は、資本金1億円以下の会社の場合には、登録免許税が1万円、その他、司法書士報酬と実費がかかります。

 

 

 


医療法人の役員変更登記

[ テーマ: 役員変更手続き ]

2011年12月12日12:25:09

医療法人の役員変更登記のご依頼をいただきました。

医療法人の場合、株式会社と違い、役員として登記されているのは理事長のみ(株式会社の代表取締役に当たります)。

医療法人の役員の任期は、「2年を超えることができない」と定められているので、定款の任期が2年であればその満了日に退任します。

添付書類は、基本的に取締役を設置しない株式会社の代表取締役の変更登記に似ているのですが、理事長の医師免許証の写しを添付する点が特徴的です。

登記の費用も、株式会社とは違い、登録免許税を納める必要はありません。

なお、今回、役員変更登記とあわせて、毎事業年度ごとに申請する資産の総額の変更登記のご依頼もいただきました。

時々、株式会社や合同会社以外の法人登記のご依頼をいただきますが、微妙に登記手続きが異なるのは興味深いです。

 

  医療法人の役員変更に関するご相談は 

 


相続登記のご依頼をいただき、書類を集める

[ テーマ: 相続登記手続き ]

2011年12月15日01:06:47

先日、都内の不動産について、相続登記のご依頼をいただきました。

当初は、相続登記に必要な書類は、余計なコストは抑えるため、すべて相続人の方が準備されるということでした。

これまでに入手された戸籍謄本、住民票などを拝見させていただき、不足しているものをお伝えしたところ、残りの証明書類は、急遽、当事務所で代行してとることになりました。

さっそく、委任状等必要なものをいただき、まずは不動産の評価証明書をとりに、都税事務所へ。

対象の不動産はA区にあるのですが、B区の都税事務所に行って取得しました。

東京23区内にある不動産については、23区内のどこの都税事務所でも取得することができます。   その他の固定資産税の取得方法についてはこちら

次に、被相続人の戸籍謄本

最終のものだけいただいたので、そこから遡って出生までの戸籍謄本を揃えます。

とりあえず、A区役所へ。

窓口で、「相続登記で使用するので、A区にある戸籍謄本をすべて出してほしい」とお願いしたところ、2種類の戸籍謄本の交付を受け…確認すると、その前がC区に本籍があったことが判明。

とりあえず、今日までに揃えたのはそこまで。

残り、C区の戸籍謄本は明日以降にとる予定です。

都内で全部揃えられれば、年内の登記完了も可能なのですが・・・

 


【相続登記】相続人全員の戸籍謄抄本が必要です

[ テーマ: 相続登記手続き ]

2011年12月17日22:36:56

土曜日ですが、中野区のご近所の方から相続登記のご依頼をいただき、登記手続きの打ち合わせのため、相続人さんのお宅を訪問。

相続登記の必要書類はご自身で揃えられたということで、書類を確認させていただいたところ…

1.被相続人の戸籍謄本が不足
被相続人がお亡くなりになられたことが記載されている最終の戸籍謄本のみで、それ以前の戸籍謄本がなかった。

2.一部の相続人の戸籍謄本(または抄本)が不足
相続人は2人の子で、遺産分割協議で、そのうちの1名の名義にすることに決まっていたため、他方の相続人の戸籍謄本が取られていなかった。

以上の2点が不足していました。

それらの不足書類は、弊事務所で代行して取得することになりました。

被相続人については、相続人を特定するために、生まれてから死亡するまでの戸籍謄本が必要です。また、誰に相続させるかにかかわらず、相続人全員の戸籍謄本が必要になる点にご注意ください。

相続登記に必要な書類については、下記ページをご参照ください。
  相続登記の際、ご用意いただきたい書類

 

 


凡人起業

[ テーマ: 本の中の会社設立 ]

2011年12月18日12:03:00

マスコミ等で紹介されるカリスマ経営者の活躍を見て、これか起業しようと思いながらも、自分ではムリかも…と起業を迷っている方におススメです。

単に脱サラに憧れている程度に人に対しては、その夢をぶっ壊してくれますし、本気でl起業を考えている人に対しては、背中を押してくれる本です。

 

ですが、もっともこの本を読んでいただきたいのは、会社を設立して、これから税理士に依頼しようと思っている経営者さん。

とくに、税理士に、税務にとどまらず、「経営指導」を仰ぎたいと思っている方は、この本を読んでから検討してみても遅くはありません。

ちなみに、著者は、脱サラして起業後、今は税理士をしている方。会社設立後、税理士事務所等から、大量にDMが送りつけられたと思いますが、その裏事情もよくわかります。

 

 


49回目の起業家交流会@新宿

[ テーマ: 起業支援 ]

2011年12月23日12:26:00

21日に49回目の起業家交流会を開催しました。

年末の超多忙な時期に開催してしまい、当日、6名のドタキャンがありましたが、10名(ご予約いただいた方が全員揃うと、日本、中国、韓国の3か国、16名でした)の方々にご参加いただきました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

また、今回は、年末ということもあって、いつもとは違い、音楽関係者やアーティストさんなど音楽系の方が多い交流会になったのが印象的でした。 

 ほかにも、初参加のコピーライターさん、韓国出身の社長さん、和菓子専門のコンサルタントさん…いろいろと面白いお話をきかせていただきました。

個人的には、スマホを使った韓国ドラマの楽しみ方、参考になりました。 また、コンサルタントさんには、熊谷の名物和菓子「五家宝(ごかぼう)」をご紹介いただき一箱購入させていただきました。

 

顔 今回、初参加のTさんの声
昨日は本当にアットホームで楽しい会に参加させて頂きましてありがとうございました。また皆さんと楽しく飲みながら話をさせていただきたいと思います。

 

Tさん、ありがとうございました。また、次回もご参加ください。

なお、次回、1月の開催日は未定です。


「合同会社」の知名度が高くないので

[ テーマ: 合同会社設立手続き ]

2011年12月26日14:02:00

合同会社…まだまだ知名度が低いと聞きます。

最近では、合同会社を設立したのはいいが、取引先にいろいろ聞かれて、それが面倒になり株式会社に組織変更される方も出てきました。

 

会社を経営、または、起業を検討されている方は別として、一般の方の中には、「合同会社」がどんな会社かピンと来ない方も多いと思われます。

その上、12月に入ると、学生の就職活動も活発化し、あちこちで企業の説明会が開催されるのですが、その説明会の名称が、「合同会社説明会」だったりします。

こちらのほうが古くから使われており、一般に知れ渡っていて、その影響か、「合同会社」の「合同」が、複数の会社が集まっている状態と勘違いされやすい。

最近は、合同企業説明会と読んでいるところも増えていますが。

合同会社というネーミング、やはりわかりにくいですよね・・・。

 

 


1月1日元旦に会社を設立することはできませんが、変更登記なら。

[ テーマ: 株式会社設立手続き ]

2011年12月27日11:21:00

12月27日…今年も残すところ、あとわずかです。

毎年、この時期になると、よく質問されるのが、「1月1日元旦に会社を設立することはできますか?」。

 

結論からいうと、現在、元旦には会社を設立することは不可能です。

会社は、その設立登記を管轄法務局に申請した日に設立します。

ということは、申請する先の法務局の業務時間外、休日の場合には、登記の申請は受け付けてもらえないため、会社を設立することができないということです。

 

ちなみに、法務局の業務時間は、月曜から金曜までの午前8時30分から午後5時15分まで。

土日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)は業務を行なっていません。

 

つまり、1月1日は法務局が業務を行なっていないので、会社の設立登記を申請することができず、その日に会社を設立することはできないのです。

(注)設立以外の、商号変更、本店移転、目的変更等の各種定款変更、役員変更などの変更日を1月1日とすることは可能です。会社の設立のように、「登記」が効力要件になっていないからです。

 

元旦以外にも、自分の誕生日に株式会社設立を考えていたのに、その日がちょうど日曜日で登記が申請できない、というケースが時々発生します。

また、誕生日が5月5日の方など、その日が祝日になっている場合には、お気の毒ですが、現行では、誕生日に会社を設立することはできません。

 

・・・もし、将来、元旦や祝日にも登記を受け付けるとなった場合、司法書士は元旦も仕事に追われることになってしまうのでしょうか・・・

 

 大安や一粒万倍日に会社を設立したい方はこちらをどうぞ。

 企業は大安をこんなふうにも活用しています。

 ソウルナンバーで会社の設立日を決めたい人はこちら。