プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

バックナンバー

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 05月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 03月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 11月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

2007年 06月

2007年 05月

2007年 04月

2007年 03月

2007年 02月

QRコード

支店設置の登記

[ テーマ: 商業登記 ]

2012年3月9日01:36:00

株式会社の支店設置の登記手続きのご依頼をいただきました。

1.どこで(誰が)決定するか

支店を設置するかどうかは、取締役会(取締役会を設置していない会社は、取締役の過半数の一致)で決めます。

 

2.いつ申請するか

支店を設置した場合には、本店所在地で2週間以内、支店所在地で3週間以内に支店設置の登記を申請しなければなりません。

 

3.必要な書類は

そのため、登記で必要になる書類は、(1)取締役会議事録(取締役の過半数の一致を証する書面)、(2)司法書士への委任状、(3)登記事項証明書、(4)登記申請書(OCR含む)です。

 

4.登記手続きの流れは

本店所在地に支店設置の登記を申請し、完了したら、その登記事項証明書をつけて、今度は支店所在地で登記を申請する、という流れになります。

 

5.登記費用は

次の(1)から(3)を合算した額になります。

(1)登録免許税

本店所在地での登記に 6万円、支店所在地での登記に 9千円

(2)司法書士報酬

書類作成、申請、登記簿謄本取得等すべて込みで 32,400円(2015年現在)

(3)実費

送料、登記簿謄本代などの実費

 

  支店設置に関するお問合わせは

 


プロにお任せ。

[ テーマ: 司法書士の独り言 ]

2012年3月10日18:22:22

2月から私を悩ましていた確定申告。

日々の業務と並行して、税理士さんから指定された資料を作成し、先々週に提出して、しばらく、それに関する問合わせに対応させていただいたのですが、問合わせもなくなり・・・

あとの手続きは、税理士さんにお任せです。

ということで、いつもの平穏な土曜日に戻り・・・雨の午後には上がり、バイクのオイル交換のため、バイクショップに行ってきました。

オイル交換程度なら、多くの方がご自身でできるのかもしれませんが、ずっと2ストロークに慣れていたので(2ストはオイルは交換せず、足すだけ)、私はショップ任せです。

ということで、確定申告は税理士さんに、オイル交換はバイクショップに・・・私は、なれないことはプロにお任せしています。

 

そういえば・・・

私は、会社設立手続き、相続登記手続きのプロでした。

面倒な手続きは、お任せください。

 

  会社設立・相続登記手続き

土日対応可の司法書士事務所です

 


会社設立登記は申請しても、その日に登記簿謄本は受け取れません。

[ テーマ: 起業支援 ]

2012年3月15日19:16:07

3月も15日になり、急ぎの会社設立登記のご依頼が増えています。

新年度、4月から新しい会社でビジネスをスタートしたい方が多いからなのですが、中には、登記を申請すれば、その日のうちに登記簿謄本を受け取ることができると勘違いされている方も多く・・・

法務局に設立登記を申請して、登記が完了して登記簿謄本が出るまで、数日(から1週間)かかることをお話すると、「○○日までに登記簿が必要」、「○○日までに法人口座を開設したい」というご依頼が多く、それに間に合わせるためにバタバタしております。

本日も、来週末には登記簿謄本を取引先に提出しなければならない、というご依頼をいただいたのですが、代表者個人の印鑑証明書が取れたのが本日で・・・、20時くらいにお会いして書類作成の準備を・・・というスケジュール。

ご希望の日に登記簿謄本をお渡しするために、がんばります。

 


固定資産評価証明書を取りに。

[ テーマ: 不動産の所有権移転 ]

2012年3月19日20:55:07

日曜日と祝日との間に挟まれた月曜日。本日、打ち合わせの予定だったお客さまが風邪でダウン、ということでわりとノンビリした月曜日になりました。

先週申請した登記のいくつかが完了していたので、新宿の法務局へ登記簿謄本や会社の印鑑証明書などを取りに行ってきました。

その後、現在、抱えている相続登記案件に使用する固定資産評価証明書を取得するため、そこから歩いて新宿都税事務所へ。大久保駅付近の新宿法務局と新宿駅の間にあります。

不動産が都内23区内にあるなら、証明書は、23区内どこの都税事務所でも手に入れることができます。   固定資産評価証明書の入手方法

ただし! 今日は3月19日・・・これから今月末までの間に、固定資産評価証明書を取ろうと思っている方は注意が必要です。

それは・・・

固定資産評価証明書

4月2日から証明書が新しくなる(平成24年度に切り替え)からです。

3月31日までに登記申請が間に合うのであれば、今、入手できる平成23年度版を、登記の申請が4月以降になりそうな場合には、4月に入ってから平成24年度版を取らないとなりません。

近々、相続登記(所有権移転登記)を申請される方は、最後にこの証明書を取り付けるようにしてください。

ちなみに、相続登記で使用する戸籍謄本、住民票、遺産分割協議書につける印鑑証明書などには、「3ヶ月」のような有効期限がありませんので、合わせて覚えておきましょう。これらの証明書は、先に取っておいても大丈夫です。

 

 


まだ間に合う、3月中の会社設立

[ テーマ: 株式会社設立手続き ]

2012年3月23日21:46:10

会社設立登記のご依頼が続いています。

今月中に会社を立ち上げて、新年度が始まる4月から本格的にビジネスをはじめようという方が多いようです。

今日も新宿で会社設立のご依頼をいただきました。

会社を設立することができるのは、法務局が開いている平日のみですから、残すところ来週の月曜から金曜までしかありません。

月曜から金曜の中で、30日(金曜)が大安で、29日(木曜)が仏滅・・・

今月中に会社を設立したい方、まだ間に合います。

なお、今年の4月1日は(私の誕生日ですが)、日曜日のため、会社を設立することができませんのでご注意ください。

 

  会社設立手続きのページ

 

(注) 法務局に会社設立登記を申請した日が会社の設立日です。これから準備して登記を申請した場合、手続きがすべて完了してお客さまの手元に登記簿謄本が届くのは4月に入ってからとなる場合がありますので、ご了承ください。

 


任期満了時に役員変更登記をするのを忘れ数年経過して・・・

[ テーマ: 役員変更手続き ]

2012年3月26日10:34:00

株式会社の取締役の任期は基本的に2年、ある要件を満たせば定款で10年まで延長することができます。

取締役の任期が満了するたびに、選任し直して(同じ人を選任しても問題はありません)、2週間以内に、その変更登記を申請しなければならないのですが、そのことをご存じない方が少なくないようです。

とくに、会社設立登記をご自身でされた場合、その後の変更登記のことまで考えていらっしゃらない方が多いようで、別件で、たとえば定款変更登記のご依頼をいただいた際に、登記簿謄本で任期が満了して数年経過していたことが発覚します。

 

昨年、あるお客さまから変更登記のご依頼をいただいたのですが、その際、やはり取締役の任期満了による変更登記が数年間されていなかったことがわかり、合わせて申請をしたところ・・・

先日、裁判所から、その遅延に対する過料の通知が手元に届いたそうです。申請時には、過料のご説明はしていたのですが・・・その通知は忘れた頃にやってくるので、「振り込め詐欺かと思った」のだとか。

○年の遅延で、○万円

なかなかの金額です。

このようなことが起きないよう、決算期が来たら、任期の確認を怠らないようにしましょう。

 

→ 取締役の変更登記、取締役の任期を変更するご相談は 

 


登記簿謄本、登記事項証明書はどこで入手できるか?

[ テーマ: 商業登記 ]

2012年3月28日12:57:00

会社の登記簿謄本(登記事項証明書)は基本的に(*)どこの法務局(登記所)でも取ることができる、ということをご存知でしょうか。

 

まだまだ、このことは認知されいないようで、

先日も、会社の本店移転登記のご依頼をいただいた際、そのお客さまには、事前に会社の登記簿謄本を用意して欲しい、というお願いをしていたところ、見せていただいた登記簿謄本の最終行を見て・・・  あっ矢印

(たとえば、新宿区から港区に本店を移転したとして、)

打ち合わせは、移転後の港区にあるオフィスでしたのですが、登記簿謄本の発行は「東京法務局新宿出張所」になっており、事情を聞いてみると、やはり新宿に本店がある会社の登記簿謄本は新宿法務局でしか取れないと誤解されていたことがわかりました。

 

現在は、「商業・法人登記情報交換システム」により、法務局の管轄が違う会社のものも取得することもできます。

事前にお知らせすべきでした。余計な時間をとらせてしまい、申し訳ありません。

ちなみに、「基本的に(*)」と書いたのは、コンピュータで管理されていない古い登記簿謄本は例外で、どこでも取れるわけではなく、本店所在地を管轄する法務局でなければ取ることができない、という意味です。

 

また、印鑑証明書につきましても、印鑑カードがあれば、どこの法務局でも手に入れることができますので、合わせて覚えておくと便利です。

 

土日対応可の司法書士事務所です 

 


お客さまの声・・・ありがとうございます。

[ テーマ: 合同会社設立手続き ]

2012年3月29日00:47:00

今日、合同会社設立登記手続きの見積依頼をいただきました。

まだまだ今月中(今年度中)の設立でも間に合わせることができるのですが、設立希望日は4月に入ってからのようで・・・。

依頼人は、東京都内ではなく、他府県の方だったのですが、メールに、

 

近郊の御社と同業者に相談等しましたが、
金額の割に対応が・・・
初めての事なので、いろいろとご支援よろしくお願いします

 

と書かれていて、矢印と思いつつも、見積書と会社設立手続きのご案内を作成してお送りしたところ、23時を過ぎてから

 

やはり御社を選択して、良かったと思います

 

という返信メールをいただきました。

ありがとうございます! というのか・・・近郊の司法書士さん、どんな対応だったのかとても興味があります。

 

 


【会社設立】社名に悩む。前株か後株か・・・その他か。

[ テーマ: 株式会社設立手続き ]

2012年3月29日14:15:00

3月から4月にかけて、会社の設立登記のご依頼が急増しています。

3月29日現在、3月中の設立のご依頼は落ち着き、4月上旬設立を目指す方からの対応に追われているのですが・・・。

 

みなさん悩むのが会社名(商号)です。

 

矢印40矢印37矢印39というところまでは、決まっているのですが、「前株にしますか?後株にしますか?(前合同会社にしますか?後合同会社にしますか?)」というこちらかの問いかけは予想外だったようで、困った顔をされる方がほとんどです。

 

会社の場合、「株式会社」や「合同会社」などをどこでもいいので、つけなければなりません。前、後の決まりはありませんから、語感、流行、占い、その日の気分・・・ホントにどこにでもいいので、入れてください。

 

株式会社なら、株式会社を最初につける「前株」、それを後ろにつける「後株」が一般的ですが、先ほど書いたように、どこでもいいということで、今回は珍しいところにつけている会社をご紹介します。 

以前、読んだ「ギャル革命(藤田志穂/講談社)」という本で知って、実は、私も驚かされたのですが・・・

 

その会社名は   シホ有限会社G-Revo   といいます。


なんと、「有限会社」が真ん中に入っています。
(ただし、後に有限会社SGRに商号変更されました)

でも、これも、「あり」です。

 

  会社設立方法

 

 


会社設立後の憂鬱

[ テーマ: 株式会社設立手続き ]

2012年3月31日14:35:00

先日、「飲食店の経営」をメインにした株式会社の設立手続きのご依頼をいただきました。

無事に登記手続きが完了し、株式会社としてスタートしたのですが、そのお客さまからこんなご相談を受けました。

 

会社設立後、お店のほうへ開店祝いや税理士の営業などかなり多数の営業電話や郵送物が絶え間なく営業に支障が出るので・・・本店を移転・・・

 

会社を設立したという情報は、各法務局に行って調べたり、そこまでしなくても、その情報を販売する名簿業者から簡単に入手することができます。 1件あたり100円程度で、会社名、本店住所、郵便番号、何と電話番号まで手に入ります。

そうやって入手した情報をもとに、顧問契約が欲しい税理士や社会保険労務士、その他の業者が一気に「助成金の無料診断」「顧問料割引」等のDMを送ったり、電話をかけたりするため、このような悩みをかかえている経営者の方は少なくありません。なかでも、飲食店の場合は、仕事がら、その影響は大きく、悩みは深刻です。

 

今回は、そんな事情から本店移転登記も視野に入れたご相談をいただいたのですが、仮に、今、本店移転登記をしたとしても、DMは、設立した当時の情報をもとに送られているため、根本的な解決策にはなりません。

設立から一定の期間が経過すれば、DM、電話の数は落ち着くと思いますので、DMは開封せず捨てるとして、電話は・・・頭が痛いですね。

 

マーク7 当事務所をご利用いただいた方には、税理士、社会保険労務士が必要であれば、ご紹介いたします(紹介料等はどこからもいただいておりません)ので、お気軽にご相談ください。

マーク7 これから会社の設立をお考えの方は、設立後に大量のDMが送られてくることを覚悟してください。

 

  DM用の法人リスト1件10円