プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

QRコード

定款の「会社の目的」数、事務所史上最多

[ テーマ: 定款記載例 ]

2012年8月2日10:27:00

昨日、本店移転登記の申請代行のご依頼をいただき、打ち合わせのため、渋谷に行ってきました。

他区(目黒区以外)から渋谷区に本店を移されたということで、法務局の管轄が変わるケースです(渋谷出張所が管轄しているのは渋谷区と目黒区)。

会社の履歴事項全部証明書(登記簿謄本)を見せていただき・・・

・・・驚きました。

 

定款

 

会社の目的の数が、1,2,3・・・65(1)、(2)・・・(10)、66!!

全部で66個もありました。

当事務所史上最多記録です。

以前は、会社を設立する際、後で目的を追加すると変更登記の際にまたお金を取られるので、最初から何でもできるように詰め込めるだけ詰め込んだほうがいい、という「会社設立時における常識」があったようですし、社長さまもそのような認識だったそうです。

登記費用については確かにそのとおりで、変更するたびに登録免許税や司法書士報酬が発生しますが、当事務所では、そのようなやり方はおすすめしていません。

取引先や金融機関がその履歴事項全部証明書を見た際、資本金額と事業内容とのバランスがとれておらず、何が本業かわからない会社に見えてしまい、あまりいい印象を受けないのではないでしょうか。

基本的にお客さまの意見は尊重しますが、最初はできるだけ業種を絞って具体的に書くことをおすすめしています。

 

 

(関連記事)
1 驚きの定款記載例
2 定款変更~事業目的はいくつ追加してもよいというが

 

 

目的変更等、定款の変更登記手続き、承ります。

電話によるご相談・お問い合わせ・お見積の依頼(無料)は、
03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ