プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

バックナンバー

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 05月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 03月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 11月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

2007年 06月

2007年 05月

2007年 04月

2007年 03月

2007年 02月

QRコード

気になるあの土地の所有者

[ テーマ: 不動産の所有権移転 ]

2012年10月8日12:12:00

普段、本を持ち歩いているので、飲食店に入っても店内の雑誌を読むことはないのですが、先日、たまたま持っていた本を読み終えてしまったため、店内の雑誌をパラパラめくっていると、興味深い記事を見つけました。

雑誌

じっくり読みたかったので、帰りにその雑誌を購入。

写真週刊誌なのですが、「日本領内あの土地は誰のもの?」という特集で、気になる尖閣諸島、フジテレビ本社、兼六園、富士山、東京駅…の所有者について、一部登記簿謄本の写真付きで紹介されていました。

「登記」を仕事にしている司法書士にはたまらない特集でした。

土地の登記簿謄本は、地番さえわかれば(住所ではありません)、誰でもとることができます(1通700円)ので、今回紹介されている土地はもちろん、それ以外にも気になる土地の登記簿謄本をとってみるのも面白いかもしれません。ちなみに登記簿謄本は、全国どこの法務局でもとることができます。

意外なヒト(会社)が所有者だったりするので驚かされます。

ちなみに、掲載されていた雑誌は、FLASH (2012年10月16日号)です。

 

 


ゾロ目の日に会社設立

[ テーマ: 株式会社設立手続き ]

2012年10月10日16:08:00

当事務所に会社設立手続きのご依頼をいただく方を見ていると、とくに会社設立日を指定される方は、

第1位:大安吉日      第2位:毎月1日

の順に多いのですが、その次は、2月2日や10月10日などの数字が並ぶ「ゾロ目」の日が好まれる傾向があります。

今日、10月10日(友引)は、ゾロ目の日。今月は10月1日がちょうど「1日」で、しかも大安吉日だったため、その日に集中した影響か、10月10日の依頼はそれほど多くはありませんでした。ちなみに、10月1日に申請した案件が通常なら数日で完了するのになかなか完了せず、心配して法務局に問い合わせたら、件数が多くて処理が遅れているという話でした。

なお、次回のゾロ目は、11月11日ですが、この日は日曜日のため、申請先の法務局がお休みで登記を申請することができません(申請した日が会社の設立日のため、土日祝日は設立できません)。

その次の12月12日は、12が3つ並ぶ「20121212日」、この日は水曜日ですから会社の設立は可能です(ちなみにこの日は「友引」です)。

 

2012年12月12日に会社を設立したい方は、こちらからご予約ください。

 

<参考>

  会社を設立できる大安がいつか知りたい方はこちら

  会社と自分との相性(ソウルナンバー)を知りたい方はこちら

 


最初の取締役の任期~1年?

[ テーマ: 役員変更手続き ]

2012年10月11日12:53:00

株式会社の取締役の任期について、こんな質問をいただきました。

「株式会社を設立して最初の取締役の任期は1年ですか?」

昔の「商法」を知っている方からの質問のようです。

たしかに、旧商法には、「最初の取締役」の任期について、「就任後1年内の最終の決算期に関する定時総会の終結の時迄」という規定がありました。そのため、会社設立して1年後に取締役の改選をしなければならなかったのです(旧商法256条)。

ちなみに、「最初の取締役」というのは、会社の設立に際し発起人から選任された初代の取締役のことです。

現在の会社法には、このような規定はありませんので、1年で退任することはありません。

なお、定款で最初の取締役の任期を短縮することは可能です。

監査役についても同様ですが、定款で任期を短縮することはできません。

 

  取締役の任期についてもっと知りたい方はこちら 

 

 


不動産取引の立会い

[ テーマ: 不動産の所有権移転 ]

2012年10月22日16:47:01

今日は、午前中に渋谷区内で不動産取引の立会があり、その足で管轄法務局(東京法務局渋谷出張所)で登記を申請。

不動産の取引の立会がある日は緊張して、その登記を無事に法務局に届けるまでは落ち着きません。書類に押印等をいただき、登記に必要な書類を揃えて、タクシーで法務局に行き、無事に申請手続き完了…

ホッとするとしたと同時に空腹を感じて、申請した帰りに、隣にある区役所の地下食堂で役所ランチ。

区役所ランチ

580円の日替わりのB定食(この日のA定食はとん(チキン?)かつ定食でした)にしました。全般的にぬるい感じはするものの、価格を考えると大満足。

この後は、明日の大安吉日に申請する会社の設立登記の書類を集めに回ります。