プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

QRコード

【相続登記】遺言がある相続登記手続き

[ テーマ: 相続登記手続き ]

2012年12月6日20:39:00

マンションの相続登記のご依頼をいただき、その打ち合わせのため、文京区にある相続人さんのお宅を訪問しました。

 相続登記手続き

 

今回は、公正証書遺言による相続登記で、遺言執行者さんも同席の打ち合わせです。

公正証書遺言(正本)、被相続人の戸籍謄本や住民票等、相続登記に必要な書類はほぼ揃っているのですが、不動産の固定資産評価証明書が足りません。

それがないと、相続登記を申請する際に納める登録免許税の計算ができません。

ということで、その場で委任状をいただき、帰る途中で、新宿区の都税事務所に立ち寄り、不動産の評価証明書を入手しました(文京区の不動産でも、新宿の都税事務所で取ることができます。

  詳しくは、固定資産評価証明書はどこで発行してもらえるの?

 

新宿都税事務所

 

 

ご相談、ご質問については、下記にお電話、またはメールによるお問合わせをご利用ください。

03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ

 

 


【不動産登記】不動産の所有権移転登記をしようとしたが

[ テーマ: 不動産の所有権移転 ]

2012年12月10日12:08:00

所有権移転登記のご依頼をいただき、該当の不動産の登記簿をチェックしていると…

あっ!所有者として登記されている人の氏名の文字が微妙に違う!!

たとえば、「太」と「大」のように、「点」が足りないため別の漢字になっています。

 

今回、所有者を変更する不動産は、複数の都道府県、複数の(法務局の)管轄に散らばっており、他にもないか調べてみると、全ての管轄で同じ漢字の間違いがありました。

しかも、点が足りない以外に、「線が足りな」かったり(たとえば、「子」と「了」)と、同じ人物の氏名で2か所も間違って登記されている…。

このままでは、登記されている人物とお客さまの氏名が一致しないため、登記手続きをすすめることができません。

管轄法務局に連絡をとり、現在、対応について検討中の状態です。

できれば、年内に登記手続きを完了させて欲しい、というご依頼をいただいているだけに間に合うのか心配です。

 

 

ご相談、ご質問については、下記にお電話、またはメールによるお問合わせをご利用ください。

03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ

 

 


第60回起業家交流会(兼 忘年会)

[ テーマ: 起業支援 ]

2012年12月14日12:08:51

昨日は、毎月恒例の起業家交流会の日。

今月は、12月ということで忘年会を兼ねて交流会兼忘年会にしました。

会場は、これまでずっと交流会にご参加いただいている方が下北沢に先月、韓国料理店を開店したとご連絡をいただいたので、そのお店をお借りしました。

下北沢 Korean Stylish Resutaurant Dondoko

60回目の交流会
(韓国式のお酒のブレンドの真っ最中)

→ 韓国料理の写真等はこちら

経営者さん、税理士、行政書士、司法書士その他の士業の先生方、約10名が集まって、4時間、食べて、飲んで、盛り上がりました。

韓国料理が初めての方もいらっしゃったので、典型的な料理、人気のある料理を選んで出していただき、ご参加いただいた方からも好評でしたので、次回以降、こちらのお店も利用させていただこうかと思います。

さて、次回61回目の交流会(兼 新年会?)は、開催する予定ですが、日時、場所は未定です。

あ…そういえば、昨日、忘年会という名目で集まったのに、最後に「よいお年を(お迎えください)」的なあいさつは、誰の口からも聞こえてこなかった…。

 


年内に会社設立を。

[ テーマ: 株式会社設立手続き ]

2012年12月16日13:45:00

12月も中旬になると、プレッシャーを感じるのは、依頼をいただいた際のお客さまのひと言。

「年内に会社を設立したい」

今のところ、まだまだ余裕で間に合うのですが、「年内の会社設立」といってもどこまで求めているかによって対応が異なります。

会社は登記をすることで成立するので、「年内の設立」ということであれば、12月28日までに管轄の法務局に登記を申請すればいい。

ですが、打ち合わせをすすめていくうちに、お客さまが考えている「年内の会社設立」には、登記の申請はもちろん、登記が完了して登記簿謄本が手元に届くことまでを想定されているケースが少なくありません。

登記は法務局に申請した瞬間に完了するわけではありません。

申請指定から完了するまで数日はかかってしまいます。

たとえば、東京都にある法務局では完了予定日が公開され、たとえば、12月14日(金)に新宿に本店を置く株式会社の設立登記を新宿法務局に申請した場合、完了の予定日は、12月20日(木)となっています。

ということで、「年内の会社設立」はまだまだ余裕はありますが、「年内の会社設立手続き完了」となると、残された日数はそれほどありません。

 

後者に該当する方はお急ぎを。

  株式会社設立

  合同会社設立 

 

 

 

 


本支店一括申請方式で法人登記を申請

[ テーマ: 商業登記 ]

2012年12月19日12:13:50

新宿に本店を置き、他県に支店をもつ会社から変更登記のご依頼をいただきました。

今回、本店所在地(新宿)において登記を申請するにあたり、支店所在地(他県)においてする登記の申請とを一括して、本店所在地を管轄する新宿法務局に申請する、いわゆる「本支店一括申請」方式をインターネットを使ったオンライン申請方式で申請しました。

簡単に言うと、本店と支店でする登記をまとめて本店を管轄する法務局に申請した、ということです。

申請して数日経過し。。。登記完了通知のメールが送られてきました(オンライン申請をすると申請時、完了時等動きがあった際に通知のメールが届きます)。

登記が完了したというので、さっそく新宿法務局に登記簿謄本を取りに行き…

本店の登記簿謄本は当然とれたのですが、支店の登記簿謄本が登記中でとれないという。

あとでわかったのですが、登記の完了通知が届いたタイミングですべての登記手続きが完了したわけではないようなのです。

完了したのは本店における登記のみ、その本店の登記が完了したことにより、支店を管轄する法務局での登記手続きが開始されるらしい。

しかも、困ったことに支店で登記が完了したかどうかについては、いつものような完了メールは届かない。

「本支店一括申請の完了」というのは、「本店と支店の手続きが完了すること」だと思うのですが…オンライン申請、便利な反面ちょっとややこしい。

 

 


会社設立、年内は設立可能ですが、登記完了は来年…。

[ テーマ: 株式会社設立手続き ]

2012年12月21日17:12:00

これまで、年内に会社を設立して登記簿謄本まで欲しい方はまだ間に合いますとご案内しておりましたが、そろそろ難しくなってきました。

12月21日 ― 今日、登記を申請して、書類が法務局に届いた案件の登記完了日は公開されておりませんが、昨日(20日)申請した案件については、

東京法務局(本局) : 26日完了予定
渋谷 : 25日
新宿 : 27日
杉並 : 27日
中野 : 26日
豊島 : 26日

と発表されていますので、本日申請分は、これに+1日になる見込み。

となると、週明けに登記を申請(=会社設立)したものについては、年内に完了するのは難しくなりそうです

なお、「年内に会社の設立だけできればいい」、ということでしたら、28日まで間に合います(登記簿謄本が交付されるのは来年になります)。

注 登記を申請した日が会社設立日で、登記完了日が設立日となるわけではありません。

 

 

 


抵当権の抹消登記の打ち合わせ

[ テーマ: 登記全般 ]

2012年12月24日16:46:00

三連休の最終日、ボーッとしていたら、ご近所の方からご相談のお電話をいただき、先ほどお客さまのお宅を訪問してきました。

本日、ご依頼いただいたのは、抵当権の抹消登記。今月、めでたく住宅ローンを完済されたので抵当権を抹消してほしいとのこと。おめでとうございます!
抵当権を抹消するにあたり、金融機関から司法書士を紹介されたそうですが、17時までに書類をもって来て欲しいと言われ、平日は仕事で帰りが遅く、そんな時間に指定の司法書士事務所に出向くことが難しいということで、近所にある当事務所にご連絡をいただきました。

 

抹消登記をする前に、最新の登記を確認したり、金融機関に連絡をするなど、多少準備が必要になりますが、早ければ明日、登記を申請したいと思います。

25日に申請して年内に完了するかどうかは微妙です。

 

  抵当権抹消登記についてはこちら 

 

 


年内に登記が完了しなくても今年中に会社設立。

[ テーマ: 株式会社設立手続き ]

2012年12月25日20:10:00

三連休が明け、クリスマスですが、街には年末ムードが漂っています。

 

年末に会社設立

 

今週辺りから申請した登記は、年内には完了しないと思ってください(*)

なお、法務局の今年の最終日の28日までに設立登記を申請すれば、年内の会社設立は可能です(設立はできますが、手続きの完了は年明けになるということです)。

ということで、まだまだ今年中に会社を設立したいというご要望は多く、今日も、株式会社設立の打ち合わせに行ってきました。

 

ところで、12月に入ってから、「年内に登記が完了するか・しないかでどんな差が出てくるのか」、と聞かれることが増えてきました。

その違いは、会社が存在することを証明する書類「登記簿謄本」がとれるか、とれないかにあります。

会社は登記されてはじめて成立するので、登記簿謄本がないと存在を証明できないし、会社の銀行口座を開設するのにも登記簿謄本は必需品です。

登記簿謄本がないとできない手続きに影響するということです。

 

(追伸)
21日(金)に株式会社の設立登記を申請し、書類を管轄法務局に持ち込んだ案件ですが、本日、25日(火)に無事に完了しました。

法務局の発表では27日の予定でしたが2日早く完了しました。

 

(*)こういうこともあるので、もしかするとまだ年内の登記完了は可能かもしれません。

 

 


女性社長のデータ

[ テーマ: 起業支援 ]

2012年12月28日09:09:15

12月25日に株式会社商工リサーチが、「全国女性社長調査(2012.9現在)」の結果を発表しました。
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/2012/1224152_2004.html

同社が所有する全国245万社分のデータを対象にしたその調査結果によると、女性社長は26万4,445人で、およそ10人に1人が女性社長だったことがわかりました。

 

都道府県別の女性社長「数」は、第1位が東京で、大阪、神奈川、愛知、福岡と続き、1位から9位までの順位は前年と同じ。女性社長「率」の都道府県ランキングは、第1位が東京、次いで神奈川、大阪、福岡で、全国平均10.7%を超えたのは、11都道府県で西高東低の傾向があるらしい。

 

女性社長の名前のランキングも発表されていて、1位が「和子」、2位が「幸子」、第3位が「洋子」…の順。これは、2011年7月に同社が発表した結果と変わっていません。現在、社長になるくらいの年齢の方が生まれた当時、その名前が多く使われていたので、当然といえば当然。ちなみに、昨年の調査で男性の名前で多かったのは「誠」「博」「茂」で、男女混合の名字では「佐藤」「鈴木」「田中」でした。

 

当司法書士事務所では、東京で会社の登記を多く手がけていますので、このデータによると、依頼がある10件に1件は女性社長ということになりそうですが…もっと少ないような気がします。

 

  女性の起業サポートもしておりますので、興味があればご参照ください。