プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

バックナンバー

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 05月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 03月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 12月

2007年 11月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

2007年 06月

2007年 05月

2007年 04月

2007年 03月

2007年 02月

QRコード

6月1日(土)、本日、会社設立できません

[ テーマ: 株式会社設立手続き ]

2013年6月1日13:14:00

毎月1日は会社設立の登記が多い日です。

会社設立の日は、いつ設立登記を申請したかによって決まります。申請した日が設立日となるのです。ただし、今月(6月)は1日が土曜日で法務局がお休みで、登記申請を受け付けてもらえないため、全国的にこの日に設立することは不可能

そして、6月最初の登記を申請できる平日は、月曜日の3日になるのですが、その日は「仏滅」。基本的に仏滅の翌日(4日)は「大安」のため、とりあえずこの時期に会社設立手続きのご依頼をいただいたお客さま(暦を気にしないとおっしゃっていた方も含めて)には念の為、ご案内しております。

  いつが仏滅で、いつが大安かを調べる

 

昨日も、会社設立登記の書類がすべて揃い、あとは公証役場で定款の認証を受けて登記するだけ、という状況のお客さまに、その旨、ご案内したところ、「1日違いなら大安がいい」と、4日の設立が決まりました。

というわけで、今月はいつもと違い、月初の登記が分散して比較的のんびりした1日を送っております。

 

  株式会社設立手続き

問い合わせ先

 


6月1日付会社設立はできないが、定款変更の登記はできる

[ テーマ: 株式会社 定款変更 ]

2013年6月3日18:00:00

今年(2013年)の6月1日は土曜日にあたるため、会社の設立はできませんでした。

  6月1日(土)、本日、会社設立できません

ですが、6月1日付の商号変更などの定款変更登記を申請することはできます。実際、本日、6月1日を変更日とする商号変更の登記を申請しました。

 

では、なぜ、会社設立登記はできないのに、定款変更登記はできるのか―

この違いは「効力が発生する時期」が原因です。

会社設立登記をすることによってはじめて効力が生じる

商号変更…(登記をしなくても)株主総会の決議が成立すると同時に効力が生じる

 

なので、土曜日で法務局がお休みの6月1日に会社を設立することはできませんが、商号変更については、6月1日に株主総会の決議が成立したと同時に変更の効力が発生しているので、6月3日に1日付の変更登記を申請することが可能となります。

 


商号は読み方も

[ テーマ: 商業登記 社名・商号 ]

2013年6月5日12:01:39

先ほど、法務局から電話がありました。
法務局からの電話というだけで、申請した登記に何か問題があったのではないかと、用件を聞くまでの一瞬の間でも、心臓が破裂するのではないかと思うほどドキドキしていまいます。

 

今日の電話は、先日、申請した商号変更登記に関すること。
漢字の社名からアルファベット4文字の社名に変更したので、その旨申請していたのですが…

「この○○○○(アルファベット4文字)は何と読めばいいのでしょうか」

登記簿謄本にはどこにも記載されないのですが、法務局側では「読み仮名」も必要だということで…。

念のため、お客さまに確認をとっているところですが、法務局からの電話、寿命が縮む思いがします。

 

  会社設立、商号変更の際には、社名の読み仮名もお知らせください。

 

 

 


会社設立…本店所在地が

[ テーマ: 株式会社設立手続き ]

2013年6月6日20:58:03

来月、7月に設立する株式会社の打ち合わせのため、千代田区某所に行ってきました。

今日が最初の打ち合わせのため、会社名を何にするか、本店所在地をどこにするか、資本金は、役員は…等、定款作成・会社設立に必要な情報について話合ったところ…問題勃発。

問題は、「本店所在地」です。

事務所として借りる場所を登記上の本店にせず、ご自宅を本店にしたいというご要望があり、それはそれでいいのですが…

念のため、自宅として借りているマンションの賃貸契約書を拝見すると、そこには、

「事務所して使用することを禁止する」

という禁止事項がありました。

細かいことを言えば、「登記の本店を置くだけで、事務所としては使用しない」ということができるかもしれませんが、この点を検討課題に…。

どうなるのでしょうか。

 

  会社の本店所在地について

 


印紙売場の不思議

[ テーマ: 司法書士の独り言 ]

2013年6月8日12:21:00

登記を申請したり、登記簿謄本を入手する場合には、申請書に登録免許税法に定められた額の収入印紙を貼り付けて出すのが一般的です。

印紙は、各法務局内(城北出張所等、一部外にある場合もありますが)に設置された印紙売場で入手できます。

その印紙売場ですが、時々、「?」と不思議に思うことがあります。

数字 窓口に置かれた招き猫

印紙売場の招き猫

最初は、違和感を感じませんでした。なぜなら、印紙売場が宝くじ売場の形に似ていたから。
もしかすると、印紙売場の方もそういう感じで置いているのかもしれません。
でも、よ~く考えると、ここに招き猫があるのがおかしいと思いませんか?

 

数字 印紙売場の前に置かれた扇風機

印紙売場前の扇風機

ご存知のとおり、収入印紙は切手大のとても小さな紙片。その上、欲しい額ちょうどの印紙が1枚で手に入るケースは稀で、大体は(ちょうど数字の写真右下のように)組み合わせで買うことが多い。

と、そこまでは多少不便に感じつつも、それほどストレスを感じません。問題はその後。
印紙を購入し、(窓口で貼っては後ろで待っている方の迷惑になるので)空いている場所で貼ろうと、振り返った瞬間、そこになぜか設置されている扇風機…。

たまたま、この売場だけがそうかと思うかもしれませんが、過去、何箇所かそういう売場を見かけたことがあり、一度は扇風機の風で数十万円の印紙が舞ったことがあります。

 

とりあえず、この2つ、ちょっと不思議に思っています。

 


会社設立のご相談、その定款…

[ テーマ: 株式会社設立手続き ]

2013年6月9日12:03:00

昨日、土曜日でしたが、ご予約のお電話をいただき会社設立のご相談のため、新宿に行ってきました。

これから株式会社を設立されるとのことで…「こういった事業をする会社にしたい」と、ある株式会社の定款のコピーを見せていただいたところ―

その定款第2条(目的)には、ちょっと数が多いものの、普通に事業目的がいくつか並んでいて…最後は「前各号に附帯関連する一切の事業」になるのかと思いきや、もう一行ありました。

 

「その他適法な一切の事業」

 

おっと・・・顔

そういえば、以前も似たようなことがあったのを思い出しました。

矢印 「前各号に掲げる以外の事業」

矢印 「その他商業全般」 

 

今回は、「適法」がプラスされていますが、適法であることは当然なので…と言っている場合ではありません。

でも、調べてみると、これは欧米では珍しくないようです
(参考 http://www.koshonin.gr.jp/tei.html#17)。

日本公証人連合会のホームページには、「適法なすべての営利事業」などの記載は不相当とされていますが (2018年現在、この記述はありません)、実務上、登記ができるか・できないかといえば、登記はできます。

 

とは言うものの、そういうことが登記されている登記簿謄本をこれから取引しようとする相手方が見たときに、何と思うか…。

 

ちなみに、現在、「その他適法な一切の事業」という文言を使用する会社も何社があるようです。

有名な会社では、エーザイという会社の定款にそのような文言を見ることができます。
  エーザイ株式会社の定款

 

また、昔では考えられなかった、「前各号に掲げる以外の事業」、「その他商業全般」 を使用する会社も出てきています。

 

 


先勝に会社設立

[ テーマ: 株式会社設立手続き ]

2013年6月11日12:15:54

本日を設立日とする株式会社の設立登記のご依頼をいただき、昨日、登記に必要な書類を受け取りました。

通常、設立日は、1日か、大安か、いつでもいいか…の3種類に分かれるのですが、今回、ご指定いただいたのは「先勝」。
ちなみに、「先勝」とは、「急ぐことは吉(先んずれば即ち勝つ)とされ、午前は吉、午後は凶」とされている日。

そのため、設立の登記の申請も午前中にして欲しい、というリクエストを受け…
(* 会社は登記をすることによって成立します)

登記を申請すること自体は、今は、オンライン申請方式で事務所からどこの法務局にも出すことができるので容易いことなのですが、その前にしておかなければならないことが1つ。

公証役場での「電子定款の認証」です。

「電子定款」とはいえ、本店を置く都道府県内の公証役場に出向かなければならず

それでも、朝一番で電子定款の認証を受け、先ほど午前中には、無事に登記の申請を済ませましたが。

 


相続登記で出生まで遡る戸籍謄本をとる場合

[ テーマ: 相続登記手続き ]

2013年6月19日15:19:00

不動産の所有者がお亡くなりになり、相続人に名義を変更する、いわゆる相続登記を申請する場合、原則として、被相続人(所有者でお亡くなりになった方)の出生から死亡までの戸籍謄本をすべてそろえる必要があります。

ご依頼をいただければ、当事務所で職権で手配することも可能ですが、手数料(役所1ヶ所につき、1,050円)をいただきますので、費用をかけたくないケースや、時間に余裕があるケースなど、相続人ご自身で手配されることも少なくありません。

 

ご自身が役所の窓口で戸籍謄本をとる際、とくに古いものを手に入れようとされる場合に、ご注意いただきたいのは、「戸籍の筆頭者の氏名」。これがわからないため、本来あるはずの戸籍謄本が「役所でないと言われた…」ということも起こり得ます。

そういうことを防ぐため、戸籍を集める目的を窓口の職員さんに伝えいただくか、それが難しい場合には、この書面(PDF)を窓口に提示していただくことをおすすめしています。

ぜひご活用ください。


会社設立は、やはり仏滅より大安

[ テーマ: 株式会社設立手続き ]

2013年6月22日11:18:38

株式会社設立登記手続きのご依頼をいただき、最初の打ち合わせを行ないました。

最初の打ち合わせでは、会社を設立するにあたり、必要な情報(会社名、本店所在地、資本金、役員…)を確定させていく中で…

会社設立日をいつにするか…という話になったとき、たまたま代表取締役になる予定の方の誕生日が、「7月2日」だったので、「7月2日に設立」という話が出ました。

念のため、2日が設立(登記)できる平日かどうか調べたところ、2日は火曜日でOK!と思ったのですが…

2日はたしかに設立できる平日なのですが、問題が1つ。

その日は「仏滅」だったのです。2日が仏滅で、翌3日が大安。

結局、代表取締役の誕生日の仏滅の設立は避け、3日の大安に設立することになりました。

社長の誕生日の翌日が会社の誕生日、これはこれで素敵です。