プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

QRコード

92回目の起業家交流会@下北沢

[ テーマ: 起業支援 ]

2015年12月2日09:42:52

当事務所では、開業当初からゆる~い異業種交流会、「起業家交流会(通称:ウーハ会)」を月に1度のペースで開催しています。

 起業家交流会(ウーハ会)とは

11月(第92回目)は下北沢の韓国料理店「ドンドコ」で開催しました。

この交流会には、起業されたばかりの方、これから起業を予定されている方、起業をサポートする各種士業(司法書士をはじめ、弁護士、税理士、社会保険労務士、行政書士など)が集まります。

ちなみに、交流会を開催している韓国料理店のオーナーの具さんも、3年前にこのお店をオープンさせる前はこの交流会に参加されていました。

 

この日集まった人数は、10名。

起業家さんの業種は貿易業、販売業、金融業など…みなさんバラバラ。

起業家交流会11月

それだけに、自分とは違う分野の話はとても参考になります。

また、この日は、交流会という名目でしたが、
(1)11月でドンドコ3周年を迎え、
(2)ボジョレヌーボ解禁の日でもあり、
(3)さらに、店内の大きなモニターでは、世界野球WBSCプレミア12の日本vs韓国の試合
が流れていて、まるで盆と正月が一緒に来たような盛り上がりでした。

野球のほうは、残念ながら日本がまさかの9回逆転負けになってしまいましたが。。。

 

次回の交流会は、12月16日に、11月と同じ下北沢のドンドコで開催します。

 起業家交流会(ウーハ会)

 


最近の出版形態

[ テーマ: 司法書士の独り言 ]

2015年12月3日13:05:00

今朝、次のようなメールを受け取りました。

「従来の自費出版であると印刷代、編集費、etcで相場が約200~300万ほどと言われております。ただ、弊社では印刷代を全額負担させていただいております。ですので自費出版で多くかかってしまう印刷代は無料ですので編集代の40~45万で出版が可能となります。もし出版にご興味があれば取材をさせていただけませんでしょうか?」

これはチャンス!と、電話で逆取材させていただきました。

 

1.出版費用について

「印刷代、編集費、etcで相場が約200~300万」の中で最も費用がかかるのが、印刷代なのだそうです。

書店に並べるため、最初にある程度の数を印刷しなければなりませんから仕方がないのですが…

出版業界

今回、声をかけてきた業者は、従来のような書店販売方式をとらず、注文を受けてから印刷して本にして、読者に発送するという方法を採用しているという話でした。

そのため、無駄なコストの発生を避けることができます。

 

2.では、どこで本を購入するのか

書店では販売しないとすると、本はどこで手に入れるのかという疑問がわいてきますが、入手先は、「アマゾン」のみだということでした。

アマゾン経由で注文を受け、印刷して、発送するという方式です。

 

3.本の存在はどうやって知ることができるのか

アマゾンで売るのはわかりますが、どうやってその本の存在を知るのかが疑問なのですが…

それには、これから会社を設立したいと思った人が書籍を探すため、アマゾンの検索窓口で、「会社設立」というキーワードで検索した場合に、上位に表示されるように、SEO対策をするのだという。

 

 

結局、出版にかかる「印刷代、編集費、etcで相場が約200~300万」で、印刷代は注文後に発生するものに限定されるし、編集費用は著者もちですから、営業をかけてきた業者にとってはリスクがほとんどありません。

 

反面、著者にとっても、出版したという実績が残りますし、返品された本の買取り義務がない(そういうリスクがあるのは初めて知りました)が生じないので、出版の実績が欲しい司法書士にとっては、2、300万円という高額な出費をしなくとも、40万円程度でその実績を買うことができます。

 

よくできた話だ。

ただ、司法書士としては、「どこの出版社から出したのか」というのはとても大きな問題ですが。

 

ちなみに、私も過去に、2冊監修した本が世に出回っていますが、お金を払うどころか、逆にお金をいただいておりますので、念のため。

 


【会社設立】新小岩で合同会社設立

[ テーマ: 合同会社設立手続き ]

2015年12月12日10:29:00

今月中(今年中)に合同会社を設立したい、というご依頼をいただき、新小岩に行って来ました。

 

新小岩で合同会社設立

 

当事務所がある東中野から新小岩までは、総武線を利用すれば、乗り換えなしで約35分で行くことができます。

ですが、この日は強風のため、電車がひと駅進むごとにしばらく停車、それの繰り返しで1時間近くかかりました。

打合せには、いつも早めに出かけるようにしているので、何とか遅刻は免れましたが。

 

 

ちなみに…今回の合同会社は新小岩に設立するのですが―

お客様との雑談の中で、「新小岩」とお隣の「小岩」は区が違うと聞かされました。

新小岩は葛飾区にあり、小岩は江戸川区にあるのだそうです。

 

 

さて、12月11日、この日が会社設立に関する最初の打合せで、商号、本店、事業内容、役員などを決定(資本金額は近日中に決定の予定)したので、これから書類等を作成して月内(年内)の設立を目指します。

なお、年内最終の設立日は、12月28日となります。

年末年始は法務局がお休みのため、登記を申請することができません。

登記を申請した日が会社の設立日となるため、その期間中は会社を設立することはできず、そのため、大晦日や元旦に会社を設立することは不可能ですので、ご注意を。

 

 新小岩で合同会社の設立を検討されている方はこちら

 

 

ご相談、ご質問については、下記にお電話、またはメールによるお問合わせをご利用ください。

03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ

  

 

 


【役員変更】取締役、代表取締役の選任@高田馬場

[ テーマ: 役員変更手続き ]

2015年12月12日10:50:00

株式会社の取締役、代表取締役の変更登記のご依頼をいただき、会社がある高田馬場へ行ってきました。

高田馬場駅前の通りは、こんな気持ちの良い道が一直線に伸び…

 

高田馬場で役員変更

 

というのはウソで、実は、これは自動車教習所のポスター。

この写真を見ると、バイク好き、道路好きの私は、一瞬、仕事を忘れてテンションが上ります。

 

取締役変更@高田馬場

 

ちなみに、ここ高田馬場は、当事務所がある東中野からは、ちょっと歩いて東西線の落合駅からひと駅なのですが、この日は、ここに来る前に新小岩で打合せがあり、また電車が遅れる(午前中は強風でかなり電車が遅れていました)のではないかと心配して早めに移動してきました。

 

 

取締役を選任する株主総会を終え、代表取締役を選定する互選会議の途中にお伺いして、会議終了後に、取締役のみなさんとお会いし、その場で議事録等を作成してそれぞれに押印をいただきました。

* 取締役会を設置していない株式会社では、代表取締役を取締役の互選(又は株主総会)で選定します。

なお、その選定方法は会社の定款に規定されています。

 

 

議事録その他の書類を受け取り、すぐに登記を申請したいところですが、このあとも予定が詰まっているため、お客さまの了承を得て、この役員変更登記の申請は月曜日に事務所からオンラインで申請することになりました。

 

 高田馬場で役員変更登記を検討されている方はこちら 

 

 

ご相談、ご質問については、下記にお電話、またはメールによるお問合わせをご利用ください。

03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ

  

 

 

 

 


役員変更登記の依頼…任期切れてる??

[ テーマ: 役員変更手続き ]

2015年12月16日13:36:00

株式会社の取締役の辞任、就任の登記のご依頼をいただきました。

役員変更登記に必要な書類を作成するにあたり、登記簿謄本(履歴事項全部証明書)、定款などをお送りいただき、さらに今回の変更に関する情報(株主総会の日時、辞任の日、就任の日、就任する方の住所、氏名など…)をいただき、拝見したところ…

定款に規定されている取締役の任期は2年、対象の取締役は平成24年に就任しており、すでに任期が満了していました。

任期が満了している取締役は、満了後に辞任することはできません(任期満了の時点に遡って退任することになります)。

 

定額小為替有効期限切れ
(利用しないうちに有効期間が過ぎていました)

 

慌てて、依頼人に事情を説明したところ…

数年前に、臨時株主総会で取締役の任期を5年に変更したが、定款には反映していないとのこと。

定款の規定は変更していないが、当時の臨時株主総会議事録があるということで一件落着、当初の辞任の日をもってその取締役は辞任することになりました。

 

株主総会で定款の規定を変更した場合には、手元にある定款自体も変更することをおすすめします。

なお、その変更した定款は、設立当時のように公証役場で再認証を受ける必要もありませんし、法務局に提出する必要もありません

 

 

 役員の辞任の登記を検討されている方はこちら 

 

役員変更手続きに関するご相談、ご質問については、下記にお電話、またはメールによるお問合わせをご利用ください。

03‐5876‐8291 または、司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから

問合わせ