プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

バックナンバー

2019年 11月

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 05月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 03月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 11月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

2007年 06月

2007年 05月

2007年 04月

2007年 03月

2007年 02月

QRコード

法務局の間違い、司法書士あるある

[ テーマ: 司法書士の独り言 ]

2017年12月1日15:44:00

法務局から届いた郵便物を開封したところ…

中身は、会社の「印鑑カード」でした。

ちなみに、印鑑カードには法人名の記載がありません。

そのため、気が利く法務局では付箋を貼り付けてどの会社のものかわかるようにしてくれ、今回もそんな法務局からだったのですが…

 

ええええっっ!!!!!

 

「●●不動産管理合同会社」のものだと思われる印鑑カードに、「●●不同産管理合同会社」と書かれた付箋が貼り付けてあったのです。

一瞬、目の前が真っ暗になりそうに…私が誤って会社名を「不同産」にして登記をしてしまったのかも、と。

なぜそこで自分を疑ったのかというと、他の漢字ならまだしも、毎日毎日「不動産」を取り扱っている法務局で、そこを間違えるなんて考えられなかったからです。

 

法務局の間違い

 

結局は、法務局の書き間違いだったので何の問題もなかったのですが、ホントに焦りました。

 

 

ついでに、何でこういった誤りが起きたのか考えてみると...

商号の「●●不産管理合会社」の中に、「どう」と読む箇所が2つあるからかもしれないな、と。

というのも、以前、当事務所宛に届いた郵便物に、

 

司法書司

 

法書」と書くべきところ、「司法書司」と書かれていたことがあったのです。

「し」が2回使われているから、「司法書司」となったのではないか、と推測し、だから、「不同産」も…と。

ちなみに、この誤りは1度ではありません、この方も。。。

 

司法書司2

 

だから、書いた本人は正しい文字は知っているものの、無意識のうちにそう書いてしまったのかもしれません。

 

 

そういえば、宛名の書き間違いは思いのほか多く、

 

努

 

「努」を「務」と書き間違えられるのは日常茶飯事のため、もう慣れましたが、中には、

 

中野の司法書士、中野努

 

「西尾」を「中野」に間違える方もいらっしゃったり(もはや別人)…これも筆跡が似ているような違うような…こんな誤りも2件、

 

中野司法書士

(努という文字もかなり怪しい)

 

これなんかは、「努」が「司法書士」の「司」にもっていかれて…

西尾司

 

さらには、氏名だけではなく、「東中野」という地名の「東」が漏れていたり、

 

中野の司法書士

 

「丁目」が漏れていたり、

 

丁目がない

 

これで届けてくれる日本の郵便局はホントに優秀だと感じざるを得ません。

 

ただし、先日、送られてきた、この郵便物、部屋番号が誤っていたのですが、これだけは様子が違いました。

 

東中野の司法書士

 

送られてくる予定の日には到着せず、1日たち、2日たち…心配していたのですが…

「601」のポストに投函されていたことがわかりました(当事務所は、610です)。

 

 

漢字の間違いは誰にでも起こること。

正しい文字を知っているのに、無意識に間違うこともあります。

明日は我が身、注意しなければなりません。

 

(関連記事)

 【本人確認】郵便物を受け取る際の司法書士に対する本人確認

 

 

 


役員変更登記のご依頼で困ること

[ テーマ: 役員変更手続き ]

2017年12月20日17:26:33

取締役の任期は登記されていない

株式会社の取締役、監査役などの役員には、「任期」があります。

 

 (任期)
第21条  取締役の任期は、選任後10年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとする。

→ 定款サンプルより

 

この「任期」は登記されていないため、登記簿謄本(全部事項証明書)を取り寄せても記載されておらず、会社に保存している「定款」にしか記載されていません。

そのため、役員変更登記のご依頼時には、必ず定款をご用意いただき、役員の任期を確認しています。

 

任期は自動的に延長されない

現在、取締役の任期は原則2年、(一定の条件のもと)定款で規定すれば10年まで伸ばすことができます。

→ 任期について

なお、会社法施行前(平成18年5月よりも前)に設立した株式会社の任期は、一律2年でしたが、会社法施行後は、10年に変更することができるようになりました。

ただし、「変更することができる」というだけで、株主総会でその規定を変更しなければ、2年のままだという点にご注意ください。

会社法が施行されたから任期が10年になったと勘違いされている方もいらっしゃるようですが、決して自動的に10年に伸長されるわけではないのです。

 

役員変更登記のご依頼時に困ること

役員変更登記のご依頼を、いただく際、定款を見せていただくと書きましたが、その際、とても困ることがあります。

それは、「定款がない(失くした)」と言われることです。

任期は登記されておらず、基本的に定款でしか確認できないため、その状態では取締役の任期がいつまでなのかわからず、それが確認できない以上、こちらとしても適当な任期で手続きをすすめるわけにもいかず…

 

その場合には、公証役場や法務局、設立当時依頼した司法書士や顧問税理士に問い合わせることもできますので、全く手続きができないというわけではありませんが、いろいろ大変です。