プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

バックナンバー

2019年 10月

2019年 09月

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 05月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 03月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 11月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

2007年 06月

2007年 05月

2007年 04月

2007年 03月

2007年 02月

QRコード

【読書】上野アンダーグラウンド

[ テーマ: 本の紹介 ]

2019年5月6日10:19:00

先日の、「新橋アンダーグラウンド」に続いて、今度は「上野アンダーグラウンド」を読みました。

 

上野アンダーグラウンド

 

読んだら、いろいろ見に行きたくなります。

なので、10日間もあるゴールデンウィークを利用し、行ってみることにしました。

 

上野

 

まずは、「上野の九龍城」と呼ばれたビルへ。

上野駅から徒歩数分の1980年築の分譲型の地上12階、地下1階建ての賃貸マンションです。

 

上野の九龍城

 

この本が出た当時は、上野警察署のすぐ近くだというのに、ここに怪しい看板がたくさん並べられていたそうです。

現在は、その看板がきっかけで詐欺事件が発生したとかで、怪しい看板は全て撤去されていました。

当時の様子は、ネットで「上野 九龍城ビル」等で検索すれば見ることができます。

ほかにも民泊禁止とかいろいろ禁止の貼紙も興味深いのですが、中へは入れませんから、外から眺めるだけ。

ちなみに、ここ、ネットで調べると、5坪のワンルームから40坪の2LDKまでいろいろなタイプが揃っているらしい。

5坪程度のワンルームであれば、7万円前後で借りられるようです(2019年3月)。

 

次に向かったのは、東上野にあるコリアンタウン。

 

上野コリアンタウン

 

日本における韓流ブームの発信地になった新大久保のコリアンタウンは、上野の在日コリアンに言わせると、まだ新しい新参者であり、その歴史はまだ二十年ほどだという。

と書かれているとおり、上野は新大久保よりも歴史があるらしい。

この街にある、この本でも紹介されていた3階建てで「無駄におしゃれな」螺旋階段がある焼肉屋さん、おもしろそうなので弊事務所が主催している起業家交流会の会場に使えないかと思い、視察も兼ねて上野のコリアンタウンまで来たのですが、

 

上野の焼肉屋で交流会?

 

訪れたのがゴールデンウィーク中だったせいか、ランチタイムが終了してしまったからなのかわかりませんが、タイミングが悪く、営業時間外で中へは入れませんでした。

ただ、気になったのは、本によると、 

オープンしたのは1992年だった

最初はほんとお城かなと思うぐらいに外観はきれいだったからね

たしかに外観はお城のように見えます。

でも、27年前のものとは思えず、妙に新しく見えます。

 

上野アンダーグラウンドな焼肉店

 

帰ってから調べてみると、昨年9月にこの一帯で火災が発生していたことがわかりました。

 東京最古のコリアタウンらしい「東上野キムチ横丁」、火事で一部消失していた件

火災が発生する前の風景とはかなり変わっています。

 

京城苑周辺

 

とりあえず、場所はわかったので、機会があれば、いつか再訪したいと思います。

 

探偵事務所で撮影中

 

途中、「探偵事務所」で映画かドラマの撮影をしていました。

建物の外から中を撮影するのは、足場を組んでそうやってやるのか…とちょっとだけ観察して、アメ横へ移動。

誰が出ているのかはわかりませんでしたが、見物人もいなかったので…どうなんでしょう。

 

アメ横

 

アメ横で売られている海産物、とくに年末になると別の業種のお店も売り出すらしく、その質はいろいろあるそうで…

この本で気軽に見学できそうなのはこれくらいで、あとはディープすぎるというか刺激が強すぎるのでここまでに。

 

 

その後、御徒町の中華屋さんで、

 

中華丼@御徒町

 

久しぶりの中華丼を。

中華丼…その存在を忘れてしまうほど長い間食べていませんでした。

ここのは、白菜ではなくキャベツを使用し、うずらの玉子はありませんでした。

食べ終えて、上野の次に向かったのが、

 

上野、中野、下野は栃木県

 

中野です。

下野はないので、中野のなじみのお店へ行って飲んで帰りました。

その辺りのことをSNSで書いたら、下野は栃木県にあり、ここからは宇都宮線で行けるのだそう。

いつも貴重な情報をいただき、ありがとうございます。

いつか、下野を訪問し、上野、中野、下野を制覇したいと思います。

 

【関連記事】

 【読書】ニュー新橋ビルと新橋系ナポリタン

 新橋アンダーグラウンド

 

 中野の九龍城

 


【定款変更】事業目的はあとから追加、削除、変更が可能です

[ テーマ: 本・映画の中の会社設立 ]

2019年5月14日15:25:00

事務所がある東中野から歌舞伎町へはわりと近く…時々、歌舞伎町付近で交流会なども開催している関係で、何となくこんな本を読んでみた。

 

歌舞伎町

 

歌舞伎町シノギの人々」…「極道の妻たち」の家田荘子さんの本で、歌舞伎町で、まっとうな道でシノぐ人、風俗や水商売でシノぐ人、キャッチや金貸しなど、隙間でシノぐ人、裏世界でシノぐ人、悪どいことをしてシノぐ人、次々と新しいことを考え出してはシノぐ人の生活を綴った本。

せっかくなので、この本によく登場する風林会館の1階、パリジェンヌに持ち込んで、臨場感を感じつつ、読んでみました。

 

風林会館

パリジェンヌ

 

この中で、家田さんがあるホステスから、歌舞伎町で大成功しているママさんを紹介され、インタビューをする件があり…

紹介されたのは韓国人で、歌舞伎町に韓国クラブをオープンし、繁盛させ、すぐに2店舗目もオープンさせたというやり手のママさん。

2店舗で100名の従業員を抱え、連日、お客で溢れていたそうです。

そのうち、ママさんは100名いるホステスさんからさらにお金を生む方法を考えついたといいます。

その100名のホステスさんは、毎日美容院に行くのだそうですが、その美容室にかかる費用をもったいないと感じ、それなら、と歌舞伎町の裏に自分の美容室までつくったというのです。

もちろん、毎日いっぱいになったそうです。

 

ところで―

 

もし、その韓国クラブが法人(株式会社)だったら―

お店をオープンさせる(会社を設立する)際の定款に定める事業目的は、

・ バー、クラブ、キャバレー及びスナックの経営

となります。

通常は、その後に、「前号に附帯関連する一切の事業」の決まり文句を付け足します。

なお、「ナイトクラブ、クラブ、キャバレー、ラウンジ、パブ、スナック、バー、レストラン」など、いろいろ業種がありますが、正直、私のほうではその正確な違いはわかりません。

その辺りは司法書士ではなく、行政書士の分野になります。

また、設立の時点で、美容室をオープンさせることまでは考えていないとすれば、その後、お店(会社)は軌道にのり、「美容室」の経営にまで手を広げるのなら、定款の事業目的にそれを追加しなければなりません。

追加するとすれば、その文言はシンプルに、

・ 美容室の経営

となりますが、将来のことも考えて、

・ 美容室、ネイルサロン及びエステティックサロンの経営

とするのもいいかもしれません。

 

 

定款を変更して事業目的を増やすには―

この手続きをするのには、株主総会を開催して、定款変更の(特別)決議を経て登記をする必要があります。

その場合、項目を1つ追加することになりますが、もともとの事業目的が、

1.バー、クラブ、キャバレー及びスナックの経営
2.前号に附帯関連する一切の事業

としており、そこに「美容室、ネイルサロン及びエステティックサロンの経営」を2番目として追加する場合には1つ注意しなければならないことがあります。

1.バー、クラブ、キャバレー及びスナックの経営
2.美容室、ネイルサロン及びエステティックサロンの経営
3.前号に附帯関連する一切の事業

と単に追加するだけでは足りず、3.の「前号」を「前号」に修正しなければならない点です。

つまり、

1.バー、クラブ、キャバレー及びスナックの経営
2.美容室、ネイルサロン及びエステティックサロンの経営
3.前号に附帯関連する一切の事業

としなければなりません。

「前号」のままだと、その1つ前しか含まれないからです。

「前各号」にすることで、それより前の項目全部を指すことになります。

 

ちなみに、会社設立後に何度でも事業目的を変更することができますし、事業目的を増やす場合には、いくつ増やしても、又は削除しても登記費用は変わりません。

一律、登録免許税として3万円を納めることになります。

 会社の目的の変更登記にかかる費用

 事業目的はいくつ追加してもよいというが

 

なお、飲食店を経営する会社はそのままにして、別途、新たに美容室を経営する会社を設立することもできます。

税金面でメリット・デメリットがあると思うので、税理士さんに相談して決めていただくことにはなると思いますが。。。

 

 

なんてことを考えながら読み終えてお店を出たら…

 

歌舞伎町の防犯カメラ

 

この本の冒頭に紹介されていた、歌舞伎町街頭防犯カメラを発見。

平成14年に50台セットされたそうですが、とくにこのカメラは高性能で、100メートルほど先の人がもっているタバコの箱の番号さえ読み取れるのだとか。

何も悪いことはしていないのに、なぜかドキドキしてしまうため、きっと挙動不審な姿が撮られていることでしょう。。。

 

 

 事業目的の変更手続きについては、こちらをご参照ください。

 

目的変更は、追加、削除、変更の数に関係なく、登録免許税 3万円、司法書士報酬 2万円(税別)で承ります。

ご相談、ご質問については、下記にお電話、またはメールによるお問合わせをご利用ください。

03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ

 

 

 

 


【監査役】監査役が活躍する映画ドライブ・アングリー

[ テーマ: 本・映画の中の会社設立 ]

2019年5月31日11:04:00

仕事が若干落ち着いたので、昨夜、録画していた映画「ドライブ・アングリー (字幕版)」を見ました。

 

 

ちょっとオカルト的な要素が入ったアクション映画で、劇場公開時は3Dで上映されたのですが、ふつうにテレビで見ても、カーアクションをはじめ、アクションシーンは見応えがありました。

 

突然現われた監査役

それはそれとして、最初のほうで職業柄(?)、気になるシーンがあり、それがずっと最後まで謎として頭の中から消えませんでした。

それは―

ニコラス・ケイジ演じるミルトンを追う、ウィリアム・フィクナーが演じる謎の男の登場シーン。

 

監査役が活躍する映画

 

「あんたは?」と聞かれて、謎の男は、

 

監査役が活躍する映画

 

「監査役だ」と答える。

夜中、ボーッと見ていたので、見間違いかと思ってちょっと戻して見たところ、やはり、字幕は「監査役」となっています。

現在5月後半、これから6月にかけて3月末決算の株式会社で定時株主総会が開催され、役員変更の登記手続きに追われている関係でどうしても「監査役」ということばには敏感になってしまいます。

それに、「あなたは誰ですか?」と尋ねれて、「監査役だ」という答える場面は実生活でもそうないので、とても新鮮に映り、謎の映画に目が釘付けになりました。

その後も、

 

映画の中の監査役

 

同じように「監査役だ」と自己紹介するシーンがあり、ますます本編よりも「監査役」と主役のミルトンとの関係のほうが気になり始め…

 

監査役とは? その職務は?

というのも、「監査役」というのは、「取締役」とか「代表取締役」といった会社の役員に付けられる肩書きで、どんな仕事をするのかについては、会社法第381条第1項に、次のように規定されています。

「監査役は、取締役(会計参与設置会社にあっては、取締役及び会計参与)の職務の執行を監査する。」

つまり、監査役は、

・ 取締役が法令、定款(ていかん)、株主総会や取締役会で決定した事項を守っているか

・ 会社の利益のために忠実にはたらいているか

をチェックするのが仕事です。

監査役が取締役の職務の執行を監査するということは、ミルトンと監査役の謎の男は同じ会社の役員なのか…ミルトンは取締役なのか…

 

 

2人の関係性がよくわからないまま、ラストを向かえます。

そのままエンドロール。

「・・・」

「監査役」は誤訳だったのでしょうか??

気になって、Wikipedeiaを確認したところ、キャスト欄には、ウィリアム・フィクナーは「監査役」として掲載されていました。

が、しかし、ストーリー欄には、「監察官」となっており、どうやらこっちが正しいようです。

他にもいろいろ映画サイトを見たのですが、一部では「追跡者」「FBIを名乗る男」と紹介されているものの、「監査役」となっているものは多く、劇場公開時の字幕も「監査役」だったのかもしれません。

謎が残るサスペンス映画でした。

 

 

 監査役が死亡した場合の登記手続きはこちら

 新たに「監査役」を置く場合の登記手続きはこちら

 

 

追伸―

最近、インド映画「ムトゥ踊るマハラジャ」を見ました。

劇場公開時から、5,6回見ているのですが、何度見ても飽きません。

見るたびに新しい発見があるのですが…今回は、

 

インド映画に登記の話

 

この字幕がどこまで正確なのかわかりませんが、インドの不動産にも「登記」手続きがあるんだな、と。

これまでサラッと流していましたが、司法書士を続けているとこんなところでひっかかってしまいます。。。