プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

QRコード

【起業家交流会】138回目の交流会 ~ 妖怪は会社を設立できるか 

[ テーマ: 起業支援 ]

2019年10月24日12:27:00

昨日は、138回目の起業家交流会を中野で開催しました。

 起業家交流会についてはこちら

 

1軒目は、和食が美味しい居酒屋さん。

 

起業家交流会 西尾司法書士事務所

 

ここはいつも凝った料理で楽しませてくれるのですが、今回も1度聞いたくらいでは覚えられそうもない、なじみの無い魚の刺身やあんこう鍋、シメの雑炊等が出て大満足でした。

 

 

ところで、今回は交流会に選んだ日が悪かったのか、参加者が少なかったこともあり…全員で二次会へ行きました。

まず、二次会でよく利用する居酒屋さんに向かったのですが、人気店のため、全員が入るスペースがなく断念。

どこかないかと探していると…その場から十数秒で行けるお店を思い出しました。

中野で交流会を開催する際、中野にはこんなディープなお店があると自慢するために用意していた2軒のうちの1軒です。

 

起業家交流会20191023 西尾司法書士事務所

 

バカなことを、と笑って通り過ぎると思ったら、みなさん行く気満々で…(冗談で言ったのに)…汗

このお店、存在を知っているだけで入ったことはなく…今回が初入店です。

ということで、2軒目は「巫女バー」。

聞くと、ホンモノの坊さんがいる近くの「坊主バー」とは違い、メイドカフェ系のお店だそうです。

 坊主バー ~ 中野のディープな居酒屋さん

 

考えてみれば、この交流会では、時々、秋葉原のメイドカフェをはじめ、新大久保の地下にある秘密のバー、中野のパワースポット占いバー、東中野に1店舗しかないガールズバーなどディープなお店で二次会を開催しており…今月、また、1つ新しいディープなお店が追加されました。

店内は、ドリンク、フード以外の写真はNGということで、

 

異業種交流会の二次会

 

コーラの写真。

23時になると(普通の)巫女さんから、(人間ではない)妖怪巫女さんにチェンジし…

さっきの巫女さんとは正反対のコスチュームで現われた妖怪巫女さん、こちらから何も話していないのに、自ら、「起業に興味がある」と語りだし…

それを聞いて、今回、ここにいるメンバーの自己紹介、起業家交流会の帰り(二次会)だということを伝えると、次回の交流会にぜひ参加したい、という。

 

実際、後から妖怪巫女さんのツイッターを見ると、実現させたい夢の中に、

「法人、会社を立ち上げ努力する人たちが報われるシステムを作ること」

と書いてありました。

 

 

起業を目指している巫女さんなので、この交流会に参加したいと言われれば、大歓迎なのですが、1つ問題があります。

それは、「人間ではなく妖怪だ」という立場であれば、会社を設立することができないということ。

いくら、「人間界に合わせて~」と説明されたところで、妖怪は妖怪。

また、住所の視点からも、平成27年から代表取締役の住所は日本になくてもよいとされていても、正体が「妖怪」である以上、住所がこの世なのか、あの世なのか、もしかしたら日本に住所があるのかもしれませんが、ムリだといわざるを得ません。

 代表取締役全員の住所が日本にない会社の設立登記申請は受理される

 

それに、本人確認のハードルが高すぎて…どうすればいいのかわかりません。

本当は500歳の妖怪だが、人間界に合わせて年齢を調整し、人間用のメイクをして…て言われたら身分証明書自体もおかしなことになり、頭を抱えてしまいます。

 

なんて、アホなことを真剣に書いていますが、この妖怪巫女さん、ホントに次回以降の交流会に参加されるかもしれません。

 起業家交流会についてはこちら

 

(関連記事)

 坊主バー ~ 中野のディープな居酒屋さん

 代表取締役全員の住所が日本にない会社の設立登記申請は受理される

 

 


【起業家交流会】136回目は、アイヌ料理のお店で

[ テーマ: 起業支援 ]

2019年8月22日12:45:00

昨日は、136回目の起業家交流会を開催しました。

今回も弁護士、税理士、行政書士、過去に会社設立手続きのご依頼をいただいたお客さまが集まりました。

場所は、新大久保にあるアイヌ料理のお店、ハルコロ。

蝦夷シカ、ルイベ、キトピロ(行者にんにく)など特徴がある料理がたくさん出てきたのですが…

私が撮った写真といえば、

 

大人のタピオカ料理

 

温かいポテトの中に見えるイクラが、最近、巷で流行のタピオカに見えたということで、これだけ(恥)。

 

 

実は、私も写真を撮ろうと思ったのですが、料理が大きく2分割で運ばれ、こっち側では料理が出てくると一斉に食べ始めるので、写真を撮る余裕もない…

向こうでは、SNSなどに投稿するため、食べる前に撮影会が行われていたというのに…

で、あとで向こう側にいた方のSNSを見せていただくと、

 

起業家交流会@新大久保

 

エゾシカやルイベ、ラーメンサラダ。。。おいしそうに写っています。

 

起業家交流会_司法書士

 

左下がキトピロ(行者ニンニク)です。

 

異業種交流会_起業家交流会

 

やはりメインはシカ肉ですね。

ちなみにエゾシカの写真はみんなあっち側のテーブルに出てきたものです。

ホントは料理だけではなく、参加者の集合写真なんかも撮ってみたいような気がしないでもないのですが、あれをやってしまうとなんかカッコ悪くて…

 

 

で、次回、9月はまだ場所は未定ですが、写真撮影は頑張ろうと思います。

 

 起業家交流会について

 

 

 


【交流会】130回目の起業家交流会は中野のちゃんこ屋さんで

[ テーマ: 起業支援 ]

2019年2月22日14:38:34

昨日は、起業家交流会を開催しました。

月に一度のペースで開催し、今月で130回目を迎えました。

 起業家交流会についてはこちら

場所は、中野駅北口にあるちゃんこ屋さん「ちゃんこ力士 二子竜」。

 

130回目の異業種交流会@中野

 

今回は、いつもの顔ぶれに、久しぶりにお会いした方を加えて総勢約10名。

また、年に何度か交流会開催のため、お店を貸していただいている飲食店のオーナーさんも、起業5年目という立場でご参加いただきました。

テーブルが2つに別れてしまったのですが、それぞれ話が盛り上がり、料理も、お店自慢の馬刺し、かつおのたたき…そして、二子山部屋の元力士がつくるちゃんこ鍋を堪能しました。

 

ちゃんこ鍋

 

次回、3月は場所も日程も未定です。

決まり次第、こちらに掲載します。

 

 


【起業家交流会】交流会の下見で中野のちゃんこ屋さん、力士 二子竜へ

[ テーマ: 起業支援 ]

2019年1月30日16:39:00

開業当初から月に一度のペースで開催している起業家交流会(通称:ウーハ会)、ここ数年、私がお店を選んでいるので、ぼちぼち新規開拓もしなければ…と気になっていたり、

 起業家交流会について

また、今月の交流会終了時に、参加者の1人から、「このちゃんこ屋さんで交流会もいいのではないか?」という提案をいただいたこともあったり、

さらに、もし、ちゃんこ屋さんにするのであれば、できれば寒い時期のほうがいい、と思ったりして、

さっそく、昨日、そのちゃんこ屋さんを下見してきました。

 

交流会の会場探しで中野のちゃんこ屋へ

 

もと二子山部屋 二子竜さんのお店です。

 

交流会の会場探しで中野のちゃんこ屋さん

 

ちゃんこ屋さんなので、当然、「ちゃんこ鍋」といきたいところですが、ここでは最低2人前から。

残念ですが、(横綱の)ちゃんこ鍋はあきらめて、大関の「馬刺し」をいただきました。

 

ちゃんこ屋で馬刺し

 

いつも食べている赤身の馬肉と違います…これは美味しい。

ところで、店主は青森出身ということで、青森は北と南で文化が全く違うという話や、恐山や地元の美味しい料理の話を聞き…

店主が撮った(青森が発祥と言われている)にぼしラーメンやいちご煮の写真を見せてもらいながら、もしかしてここで食べられるのかと期待したのですが、鮮度の問題でここでは提供できないと言われ、残念。

また、現役時代の話などもいろいろ聞かせてもらったのですが、中でも、とくに印象に残ったのは体重の話。

どんなに食べても、体質か遺伝のためか、90キロ台が限界だったということでした。

そんなに食べていないのに、軽く90キロを超えている私って…(汗)。

 

 

その後、「交流会」につい事情を話し、料理や金額などの交渉をしたところ…お借りすることはできるのですが、残念ながら、交流会のいつもの会費で飲み放題というのはムリでした。

ですが、普通にちゃんこ鍋やお店自慢の馬刺しやかつおのたたきなどを食べて、普通に飲むのであれば、その金額で十分飲み食いできるとのことでした。

 

ちゃんこ屋さん

 

ちなみに、ちゃんこ鍋は寒い時期に限ると思っていたのですが、ここでは、真夏でも店内の両サイドにあるエアコンをがんがん効かせて熱々のちゃんこ鍋を食べさせてくれるのだそう。

その話を聞き、ちょっと安心しましたが、鍋料理はできれば、2月、3月の寒い時期に食べたいので、近々、ここで交流会を開催したいと思っています。

 

 

(2019.02.04追記)

2月の交流会は、ここに決定しました。

 起業家交流会について

 


【起業家交流会】平成31年、平成最後の新年会の中野の夜

[ テーマ: 起業支援 ]

2019年1月26日11:18:00

昨夜は、毎月恒例の交流会でした。

1月ということもあって、新年会を兼ねて開催しました。

 交流会の情報・過去の開催の様子はこちらから

 

ですが、その前に…

野方(中野区)で打ち合わせがあり、17時半頃に打ち合わせを終え、交流会は中野で19時からということで微妙に時間があるので、

 

野方で本店移転

 

野方駅前にある立ち呑み屋さんで一人、0次会。

数日前、ブログで野方を訪れた際、「今度は夜に来て、居酒屋巡りをしてみたいと思います。」と書いたばかりで、こんなに早く実現するなんて…。

 

交流会の前の0次会

 

店主には、中野での飲み会の前の0次会だと伝えると…

野方から中野まではバスがあり、しかも、すぐ近くにバス停があるというとっておきの情報をいただき、とても助かりました。

開店直後だったせいか、ほかに客がおらず、店主からお店を開業した当時の話や中野、東中野の居酒屋に関する情報を聞かせていただき…このままここで飲み続けたい、と思ったのですが、そうもいかず、

 

野方から中野の交流会のお店へバス移動

 

バスに乗って中野へ向かいました。

今回の交流会の場は、中野駅北口の「洋食酒場カラフル」というお店。

 

交流会

 

これまでも何度かお借りしていている洋食のお店です。

気がつくと23時を回っており、ここで解散となると思いきや、終電の計算をしつつ、そのまま全員が二次会へ。

ここも交流会の二次会としてよく利用させていただいている「木挽」、マイボトルがあります。

 

交流会の二次会

 

ここで終電ギリギリまで飲み続け、全員無事に帰路につきました(と思います)。

来月も交流会を開催しますが、開催日、場所はまだ未定です。

今回の参加者からは、

 

交流会の候補

 

ちゃんこ屋がいいというリクエストも。

場所は今回のカラフルの真下、検討させていただきます。

近いうちに下見に行ってこないと…

 

 

 交流会の情報・過去の開催の様子はこちらから

 


【起業】脱サラ、開業1周年な居酒屋さん

[ テーマ: 起業支援 ]

2019年1月9日12:30:00

昨日、移動中に読んでいた本は、サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門 (講談社+α新書)

 

サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい

 

その中の、「飲食店に手を出したら『地獄』が待っている」という章で、パン屋の事例が紹介されていました。

運命を左右する『立地』 

美味しいものさえ作れば、お客さんは必ず買いにきてくれる―。

店主はそう思い、「どうしてこんなところにパン屋が?」と不思議がられる場所にオープンしたのですが、その予想は見事に外れて半年後に自死という残念な結末を迎えたといいます。

立地は飲食店の運命を左右するということでした。

自分に置き換えてみると、飲食業ではない私…登記を中心に取り扱う司法書士の場合、法務局の近くに事務所を構えたほうが有利だった時代はありましたが、今では場所は駅付近であればどこで開業してもそれほど差はないと言っても過言ではありません。

駅から多少遠かったとしても、こちらから出向いてけばそれもカバーできますし、立地の有利・不利はそれほど感じません。

 

 

飲食店で起業するのは大変だな...と思いながら、その日の夜、歩きなれた通りをいつものように歩いていると…

歩道の隅に、日本酒バーのたて看板が目に入りました。

ん?こんなところに日本酒バーが??

しかも、この看板がないと絶対に気がつかないと思える雑居ビルの2階に…

‘そういう’本を読んだばかりだし、ちょっと興味がわき、入ってみることにしました。

 

開店1周年の居酒屋

 

階段を上り、ドアを開けると…入口の「酒処」の赤ちょうちんの雰囲気と全く違う店内。

 

日本酒バー

 

たまたま、この日はオープンして1周年ということで、特別メニューが用意されていました。

日本酒は初心者で、大学生の頃から日本酒にはあまりいい思い出がないので、ここで日本酒のイメージが変わるのを期待しています…と伝えると、

 

日本酒バーで起業

 

飲みやすいお酒から、甘口、辛口…対極にあるお酒を比較させてもらえたり、山おろし、山廃などの用語を解説してくれたりと日本酒の楽しみ方をレクチャーしてくれました。

昔あった大型チェーン店で出される名もない「日本酒」は、それなりのものが混ぜてあり、悪酔いするのも仕方がないと知りました。

 

日本酒バーで起業する

 

開業して1周年ということで、その前は何をしていたのか尋ねると、全く異業種のサラリーマンをされていたという話。

お酒が好きすぎて自分でお店を開いたのだとか。

開業されて1年間、その間、何度もお店の前を歩いていたのですが、全くお店の存在に気がつかなかったことを伝えたところ、その点は店主も認識されていたようで・・・

わかりにくい場所にお店を構えた理由も説明してくれました。

・飲食店が密集している駅前の飲み屋街は空きがなかった

・資金の問題から路面店はあきらめて、2階のお店に絞って探していた

・この場所は以前、スナックだったのですが、がカラオケの騒音の問題で閉店することになった

たまたま探していた時期とスナックの閉店の時期が合致して、スナックだったお店を居抜きで借り受けて今のお店にされたのだそう。

 

 

当初、日本酒バーにするつもりはなかたそうですが、立地の問題もあり、何かに特化しなければ客を呼ぶことができないと考え、

店主はもともと焼酎やビール党だったのだそうですが、日本酒バーというアイデアがひらめき、そこから日本酒について猛勉強して…日本酒に関する書籍も並んでいました…今の日本酒バーに行き着いたのだとか。

だから、通常(この日のような1周年特別メニューではなく)は、他店では置いていないような日本酒を置いてマニアックなお客さんを呼び込んでいるのだそうです。

(料理も当初ほとんどなかったらしいのですが、今は、日本酒に合うようなものを日々研究されているとのこと)

 

 

という感じで、日本酒に関することや、お店の事情等についていろいろと語って聞かせてくださったのですが、私、日本酒について無知過ぎて、なんか申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

また行こう。

 

 

 

 

 

 


【交流会】2018年忘年会 兼 第128回交流会

[ テーマ: 起業支援 ]

2018年12月21日12:18:00

昨日は、128回目の起業家交流会で、忘年会を兼ねて開催しました。

 

 

と、その前に…

1時間早めに来て、その後の忘年会にご参加いただく方と、近くの喫茶店で株式会社設立の打ち合わせ。

設立するにあたり、決めなければならない事項を全て決め、11月30日から定款認証時に新たに加わった「実質的支配者」の確認も忘れずに…単刀直入に、「暴力団員ですか?」と尋ね、

 

 今年2018年11月30日、新たな定款認証制度がスタートします

 

そうではない、ということで、あとは会社設立日を決めるのですが、もし、1月4日に設立したいと言われたらどうしようかと心配したのですが、設立日は1月11日に決まり、ホッ。

決めることは決め、用意いただくものはこれから用意していただくことになり、忘年会の会場へと移動して…

 

12月交流会兼忘年会

 

今回の忘年会の会場は、下北沢の韓国料理店Dondokoさん。

実は、店主の具さんは、この交流会の常連だったのですが、4年ほど前に下北沢で飲食店を開業され、出席が難しくなったため、年に何度かこちらを利用させていただく形で交流を続けています。

 

具さん
(店主の具さん)

 

お店自慢のサムギョプサルや、お酒はビール、マッコリ、チャミスル…

 

忘年会

 

最近、新大久保でよく見かけるチーズタッカルビ(今流行りのチーズドッグはありませんでした)、シメには冷麺も。

会費を超えているんではないかと心配になるほど、韓国料理を堪能させていただいました。

 

チーズタッカルビ

 

今回、ご参加いただいたのは、税理士や行政書士などの士業の先生方が多かったようです。

たまには、参加者全員で記念撮影をすれば良いのですが、いつも忘れてしまいます(みんなも料理の写真を撮るのに夢中になっているので、参加者のSNSの投稿を見ても料理の写真しかありません(笑))。

 

 

年末の忙しい時期、店主の具さん、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

来年1月の新年会兼交流会は、歌舞伎町のモンゴル料理のお店で開催する予定です。

 

 起業家交流会について

 

 

この交流会にご興味がある方、参加されたい方は、こちらからお問い合わせください。

問合わせ 

 

 

 


【起業】飲食店を始める本を読んでみた

[ テーマ: 起業支援 ]

2018年12月20日14:14:00

仕事帰りにいろいろな飲食店に通っているうちに、客側ではなく、向こう側の世界も知りたくなり、最近、いろいろな飲食店を始める人向けに書かれた本を読んでいます。

 

飲食店で起業、会社設立

 

読んでみて、まず驚いたのは、開業するまでにかかった費用があまりに高額なこと。

店舗物件取得費(保証金、仲介手数料等を含む)、内装、什器、仕入れ…でカフェでも1000万円をかけているお店が少なくありません。

本に紹介されているお店だけ見ているので、そうではないというお店もたくさんありますし、中には自分で内装も手がける方もいると思いますが、それでもけっこうかかりそうだな…と。

そして、その多くを融資を受けているというから、1日の売り上げがいくらで、そのうち原価がいくらで…って考えると、返済が終わるのがいつになるのか他人事ながら心配になります。

具体的な話は、昨日ご紹介した本「バーのマスターはなぜネクタイをしているのか? 僕が渋谷でワインバーを続けられた理由」にも書かれていました。

「司法書士の報酬」と比較すると、いったいどうやって経営しているのだろうか、と不思議に思います。

 

カフェを開業

 

その他、おもしろかったのは、どこに開業するのか(立地)から始まり、お店のコンセプトを決めたり、メニューを決めたり…

立ち呑み屋であればスピード、開店率重視で…とか、バーであればお酒に合わせた料理を…とか、

看板をどうする、広告はどうする、メニューの配置とか…

どんどん興味がわいてきて、開業本から、気がつくと、「行列ができるお店」「儲かるお店」の秘訣が書かれた本まで読み始めました。

 

儲かるお店

 

読みすすめるうちに、あ…結局、どの業界も似たようなものだな、ということに気がつき、司法書士事務所の経営に応用できるし、日々の居酒屋巡りではお酒・料理だけではなく、「お店を見る」楽しみもできたし、なかなか勉強になりました。

 

 

ということで(?)、今夜、株式会社を設立して始めた飲食店をお借りして、今年最後の交流会(兼忘年会)を開催します。

司法書士の場合、会社を設立した時点で依頼された仕事が終了してしまい、その後に実際にお店を開業するところまで関わることはほとんどありません。

今回、交流会でお借りするお店は、設立登記で関わらせていただき、その後もずっとお付き合いさせていただいているお店です。

なので、今夜は、粗相のないように…

 

 

ご相談、ご質問については、下記にお電話、またはメールによるお問合わせをご利用ください。

03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ

 

 

 


127回目の起業家交流会は中野で

[ テーマ: 起業支援 ]

2018年11月22日22:20:00

開業当初から月に一度のペースで開催している起業家交流会、(スタート時にお借りしていたカフェ・ウーハの名前をつけて通称「ウーハ会」と呼んでいます)11月度の交流会は昨日開催しました。

 

 起業家交流会とは

 

この交流会も、おかげさまで今月で127回目となります。

127回目の今回は、参加者がプライベートで、ランチや夜も利用している中野の居酒屋さんをお借りして開催しました。

二次会も、そこから歩いて数分の、やはり中野のおなじみのお店をお借りして、結局、5時間という長時間、ほとんど仕事の話をせずに(?)楽しみました。

こういう会ですと、愚痴や他人の悪口などが出ないから、終始笑って過ごせます。

 

起業家交流会@中野

 

この交流会の目的は、あくまで起業をサポートする士業や起業したての異業種の経営者との交流を深めるというもので、ここでムリに売り込んだり、アピールすることはせずに、料理やお酒を楽しんでいただくことにしています。

とくに料理は…毎回、お店を変え、和食、アイヌ料理、中華料理、モンゴル料理、韓国料理、インド料理、アフリカ料理…あまり、おじさんたちが行くことがないようなお店を選んで、テーマを変えて開催しており、今月は和食にしました。

参加者の中には変わったお店、怪しいお店に興味をもつ方も多く、主催者の私も常に新規開拓をしているのですが、変わったお店は受け付けないという方もいるため、お店選びはけっこう大変。

過去には、参加者の多くがドン引きするお店を選択したことがありました。

 107回目の起業家交流会はやり過ぎました…反省

 

ということで、来月は、交流会兼忘年会を一般的なお店で開催し、それに加えて、賛同していただく方だけを集めて、変わった怪しいお店を探索しようというスピンオフ企画も考えています。

 

 起業家交流会についてはこちら

 


123回目の交流会後、次回の交流会の会場探し

[ テーマ: 起業支援 ]

2018年8月6日15:24:00

弊事務所を開業した時から、会社設立、起業をサポートする士業(司法書士、税理士、弁護士、社労士、行政書士、不動産業者)と弊事務所を利用され会社を設立された(設立を検討中の)お客さまとの交流会を毎月開催しているのですが…

 起業家交流会(通称:ウーハ会)

 

おかげさまで、第1回から11年を超え、7月の開催で123回目を迎えることができました。

123回目の会場は、「旬香亭あーち」さん。

 

交流会@旬香亭あーち(中野区)

 

中野駅北口にある、魚が美味しい和食の居酒屋さんです。

ここでの開催は、2回目になります。

 

交流会

 

123回目は、0時近くまで二次会を開催するほど盛り上がったのですが、残念ながらご参加いただいた方々との集合写真はありません(全員から同意を得るのがちょっと面倒なので…)。

 

今回、とくに記憶に残っているのが、数か月前にご参加いただいたインド出身の方が久しぶりに参加され、インドの映画(とくに私が大好きな「バーフバリ」)や料理などインドに関する話で盛り上がったこと。

その仲で、インドの方々が頻繁に食べに行くインド料理店が秋葉原にあるという話が出たので、そのお店でこの交流会を開催するのもおもしろい、ということになり、他の参加者の賛同もいただいたので、近い将来、ぜひそこで、ということになりました。

 

そして、2日後―

たまたま小伝馬町で株式会社の定款や役員変更登記の打ち合わせを終えて、

 

小伝馬町で会社の役員変更

 

いつもの習慣で訪問先の小伝馬町で居酒屋を探し、立ち呑み屋で一杯。

常連さんに地元の「怪談」やら「観光名所」など伺い、

 

小伝馬町で役員変更

 

小伝馬町の観光スポットまで案内されたものだから、帰りにちょっと寄ってみたり、

 

小伝馬町

 

と酒場での意外な展開を楽しみ、帰る途中、秋葉原駅で総武線に乗り換える際、ふと「あのインド料理店」の話を思い出したので、ちょっと寄ってみることにしました。

 

お店の名前は何となく「ヴィーナス」と記憶していたのですが、携帯で検索してもそれらしきお店が見つからず…仕方がないので、交流会に参加いただき、その話題が出た際に調べていたY社長なら覚えているか携帯に履歴が残っていると考えて電話をかけ教えていただきました(Y社長、お忙しいところ、ありがとうございました)。

「ヴィーナス」ではなく「VENUS(ヴェナス)」が正しく、お店の場所も秋葉原ではなく御徒町だということがわかり…秋葉原ではないが御徒町なら隣の駅だということで、山手線に乗り換えてヴェナスへ向かいました。

 

交流会の会場候補

 

いい感じの2階建てのインド料理店。

ここをご紹介いただいた方はインドでも南インド出身の方で、ナンを食べる北とライスを食べる南では料理がまったく違うという話を伺っていました。

 

トマトとチーズのカレーにチーズナン

 

でも、(多少酔っていたせいか?)あれだけ南インドではナンを食べないと聞かされていたにもかかわらず、大好きなチーズナンを、また、チーズナンを選んでいるのに、トマトパニール(カッテージチーズとトマトベースカレー)を選んでしまう愚かな酔っ払い…笑

 

お店の方に、ここに来た経緯をお話すると、ご紹介いただいた方は店主の友人だということで、交流会の開催も快くOKしてくださり、

今月の交流会はここで開催する、かもしれません。

現在、ご紹介いただいた方とスケジュールを調整しているところです。

→ 8月はご紹介いただいた方の都合がつかず、ここでの開催は9月に延期することになりました。

 

 起業家交流会(通称:ウーハ会)