プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

QRコード

住所変更の登記

[ テーマ: 登記全般 ]

2013年4月16日17:56:17

不動産の全部事項証明書(登記簿謄本)には、所有者の住所と氏名が登記されていますのですが、今回、所有者の住所が引越しのため変更する登記をしてほしいというご依頼をいただきました。

全部事項証明書には、A区A町…という住所が登記されているのですが、お話を伺うと、この後、B区、C区と移転され、今回の引越しで、D区D町に移転されるということでした。

この場合、住所変更の登記は、AからいきなりDに移転したような内容の登記を申請することになります(AからB、BからC、CからDと3回に分けて登記するわけではありません)。

ですが、申請書に添付する証明書としては、AからB、BからC、CからDへと移っていることがすべて記載されている戸籍に付票が必要になります。

この登記にかかる登録免許税は、不動産1つにつき、1,000円です。

 

ちなみに、

会社の登記簿謄本に登記されている代表取締役(代表社員)の住所ですが、これも引越し等で変更が生じた場合には、登記することになります。

が、こちらは不動産登記のように住所の移転を証明する書類の添付は不要です。

この登記にかかる登録免許税は、1万円(資本金1億円までの場合)もかかります。

 

同じような住所変更の登記ですが、不動産か会社かで必要になる書類、登記費用には、このような大きな差があります。なぜ、このような差があるのかわかりませんが。

 

 


昨年最後の登記と今年最初の登記

[ テーマ: 登記全般 ]

2013年1月7日11:18:00

明けましておめでとうございます。

さて、年末年始はメール、電話等を利用して仕事を続けておりましたが、2013年の本格始動は本日からとなります。

昨年、最後にご依頼いただいた登記は、「合同会社設立」でした。27日に登記を申請し、本日現在、まだ法務局にて手続き中です(26日申請分は1月4日に完了しているので、もう間もなく完了すると思われます)。

そして、2013年最初にご依頼いただいた登記は、「合同会社の本店移転」でした。こちらは、現在、登記申請に向けて準備中です。

さて、これから久しぶりに法務局に行ってきます。

 

今年も、昨年と変わらぬお付き合いのほどを何卒よろしくお願い申しあげます。

西尾努司法書士事務所
西尾 努

 


抵当権の抹消登記の打ち合わせ

[ テーマ: 登記全般 ]

2012年12月24日16:46:00

三連休の最終日、ボーッとしていたら、ご近所の方からご相談のお電話をいただき、先ほどお客さまのお宅を訪問してきました。

本日、ご依頼いただいたのは、抵当権の抹消登記。今月、めでたく住宅ローンを完済されたので抵当権を抹消してほしいとのこと。おめでとうございます!
抵当権を抹消するにあたり、金融機関から司法書士を紹介されたそうですが、17時までに書類をもって来て欲しいと言われ、平日は仕事で帰りが遅く、そんな時間に指定の司法書士事務所に出向くことが難しいということで、近所にある当事務所にご連絡をいただきました。

 

抹消登記をする前に、最新の登記を確認したり、金融機関に連絡をするなど、多少準備が必要になりますが、早ければ明日、登記を申請したいと思います。

25日に申請して年内に完了するかどうかは微妙です。

 

  抵当権抹消登記についてはこちら 

 

 


住所変更の登記~会社と不動産で違う

[ テーマ: 登記全般 ]

2012年11月1日13:56:40

先ほど、不動産の登記名義人(=所有者)の住所変更と会社の代表取締役の住所変更の登記を申請したのですが…

不動産の登記名義人の住所変更の登記については、申請書に住民票をつけて、不動産1つにつき、1,000円の登録免許税を収入印紙等で納めて申請します。

これに対して、会社の代表取締役の住所変更の登記は、申請書に住民票をつける必要はなく、資本金1億円以下の会社の場合には、10,000円の登録免許税を納めて申請します。

同じような住所の変更ですが、法務局に提出する書類や申請時に納める登録免許税の額にかなりの差があるのが不思議です。

この2種類の登記を同日に申請する混乱しそうになります。

 

 


抵当権抹消登記のご依頼をいただいたが。。。

[ テーマ: 登記全般 ]

2011年11月10日01:29:26

ご近所の方から、抵当権抹消登記のご依頼をいただきました。今、お住まいのマンションの住宅ローンの返済が終わったとのことです(おめでとうございます!)。

最初は、司法書士に登記手続きを依頼することなく、ご自身で抹消登記を申請される予定だったそうですが、抵当権設登記をした後に住所を変更したこともあって・・・そうなると、住所移転の登記の申請も必要になり、登記申請の数は増えます。

それでも、いろいろ調べながら、住所変更の登記と抵当権抹消の登記の申請書を作成されたのですが、登記申請書の見本に書かれた添付書面の名称と集めた書類のタイトルが違ったり、不動産の表示の記載方法、その他いくつか不明な点が出てきて、とうとうご自身で申請するのは諦めたとのこと。

仕方がないので、司法書士に依頼しようと探していたら、弊事務所が近所にあるのを知ったということでした。

お電話をいただき、お客さまとお会いして、金融機関から受け取った抵当権抹消登記の書類とご自身で作成されたという登記申請書を拝見させていただきました。

すると―

その登記の申請書は、いくつかある誤りを修正するだけで申請できる状態だったため、報酬をいただいて作り直すのもちょっと申し訳ない気がして・・・

結局は、誤りを指摘、修正のアドバイスをして、登記申請手続きは司法書士に依頼せず、ご自身で申請されることになりました。

仕事を一つ失いましたが、それはそれでよかったのではないかと。

 


週末で月末、そして急ぎの会社設立

[ テーマ: 登記全般 ]

2011年9月30日19:24:48

今日は、9月30日の金曜日。

週末で月末で…明日、明後日は法務局がお休みのため、法務局がからむ登記の申請、登記簿謄本、印鑑証明書の入手等は今日の夕方までにしなければならず、朝からとてもバタバタしていました。

それに2日前に、「できる限り早く、合同会社の設立登記を申請、来週中に登記手続きをすべて完了させて登記簿謄本を取り付けて欲しい」というご依頼をいただき、しかも、昨日書類が全て揃うはずだったのが、一部用意することができず、本日、お客さまと当事務所の絶妙な連携プレイにより、午後、無事に登記を申請することができ・・・

ですが、そのため、午後の役員変更登記の打ち合わせに15分ほど遅刻してしまい・・・

役員変更の打ち合わせ終了後、大慌てで法務局で、数社分の登記簿謄本の取り付けて・・・

17時過ぎて、役所の業務は終了、なので夕方過ぎて遅いランチ(?)。

先ほど、事務所に戻り、集めてきた書類を発送したり、メール相談の返事を出したり・・・

何時になったら、落ち着くのか・・・

 

 


所有権移転登記が完了し・・・

[ テーマ: 登記全般 ]

2011年8月10日10:01:00

先日、会社の登記でいつもお世話になっているお客さまから、「個人で不動産を購入するので、登記をして欲しい」、というご依頼をいただき、登記手続きをさせていただきました。

数日経過し、昨日、その所有権移転登記が完了したので、登記識別情報、その他登記関連書類をお渡しするため、お客さまのお店へ。

せっかくなので、そこで食事をして帰りました。

鮎飯 ← 鮎飯

カウンターだけで、1人客が中心の小さなお店(小料理屋というのでしょうか)。

ビール1本と、ちょっとずついろいろと食べさせていただきました。

なかなかこういうお店には(敷居が高くて)1人で入る勇気はないのですが、お店の方が知っている方だと安心できます。

そこで初めてお会いしたお客さんとの会話もありますし、こういう経験ももっとしておくべきかも、と思いました。

今度は、仕事と関係なく、お客さんとして、飲みに行かせていただきます。

 

 

 


苦手な作業・・・

[ テーマ: 登記全般 ]

2011年2月14日10:51:00

ブログ等の効果か、周りからパソコンを自由自在に操っているように見えるらしいのですが、実はパソコン操作は得意なほうではありません。むしろ、ストレスを感じるほうです。車やバイクの運転はできるが、整備はできない、というのと同じです。

ですが・・・、今日、これまで仕事で利用しているシステムが、ガラッと変わり、入れ替え作業、引継ぎ作業等をして、新しいシステムに対応しないと仕事ができないので、七転八倒、試行錯誤しながら、とりあえず今日中にしなければならないことは何とか終わらせました。

1件目終了

↑ 先週からの継続案件を引き継ぐ処理が終わりました。

今日は、このために、午前中をまるまる空けておいたので、ホッとしています。

 


土日も業務をしている司法書士事務所

[ テーマ: 登記全般 ]

2011年1月14日14:30:00

今週末は、土日どちらもご予約をいただき、しばらくは休みがとれない状況です。

 

明日、土曜日は、千葉県で、不動産の売買の立会い

抵当権の抹消手続きや融資など、金融機関が絡む場合には、必ず平日にする立会いも、今回は、

・ 売主さん側の住所変更の登記と、売買による名義変更(所有権移転登記)のみ、
・ しかも、買主さんは会社員で、平日、休みをとるのが難しく、
・ さらに現金決済のため、銀行を通す必要がないので、

土曜日にすることになったというわけです。

 

また、日曜日は、相続登記の手続きのため、相続人の皆さんが集まるお客さまのお宅を訪問して書類の作成を行います。

みなさんに、遺産分割協議書にご署名、捺印をいただく予定です。

 

ということで、ご遠慮なく、土日でもご相談ください。

ただし、事前にご予約をお願いします。

土日対応可の司法書士事務所です

 

 


【登記申請】登記の受付番号

[ テーマ: 登記全般 ]

2011年1月5日14:17:00

登記を申請すると、申請ごとに受付番号が付されます。

この受付番号は、毎年、法務局ごと、登記の種類ごとに、第1号からスタートします。

毎年、1月には、何とか受付番号第1号をもらおうと、朝からパソコンの前に座り、申請可能となる朝8時半になるのを待ち構える司法書士も少なくありません。

その昔、オンライン申請がなかった時代は、法務局の前に並んだという話を聞いたことがあります。

今年は、仕事始めが5日からだったので・・・

 

登記の受付番号

 

今日、申請した中で、一番若い受付番号は、都内の某法務局で、第41号。

まだ、これからでも、法務局によっては、登記の種類によっては、第1号が手に入るかもしれません。