プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

バックナンバー

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 05月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 03月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 11月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

2007年 06月

2007年 05月

2007年 04月

2007年 03月

2007年 02月

QRコード

【読書】ニュー新橋ビルと新橋系ナポリタン

[ テーマ: 司法書士のプライベート ]

2019年2月26日15:16:00

先週、読みえた本は、「新橋アンダーグラウンド」。

 

新橋アンダーグラウンド

 

サラリーマンの聖地、新橋を取り扱った本です。

読み終えて、土曜日に新橋に出かけました。

この本でいろいろ取り上げられているテーマの中で、唯一私が体験できると思った、「新橋系ナポリタン」が目的です。

 

 

まずは、フィボナッチ数列によって配列されたプレキャストコンクリート製外壁のニュー新橋ビルへ。

 

ニュー新橋ビル

 

パチンコ、麻雀、囲碁、将棋、ゲーム、マッサージ、占い、純喫茶、健康食品、金券ショップ…“オヤジサラリーマンのパラダイス”なこのビルの中で、まず最初に向かったのは、「ムサシヤ」。

新橋系ナポリタンの代表的なお店なのですが、いきなり戦喪失するほどの行列ができていました。

私には並んでまで食べる根性が全くないので、即断念しました。

 

ムサシヤの行列

 

ここがダメでも、このビルの2階にも新橋系ナポリタンを出すお店があるらしいので、行ってみると、2階は本で紹介されていたとおり、中国マッサージ通りと化しており、呼び込みが激しい。

 

マッサージ店

 

同じフロアに何十店もあるマッサージのお店の前を通るたびに声をかけられるので、それらを振り切りつつ、目的の「ポワ」という喫茶店を探したのですが見つからない。

 

マッサージばかり

 

調べてみると、「ポワ」は昨年10月に惜しまれつつ廃業したらしいことがわかりました。

仕方がないので、今度は駅の反対側にある有名店「ポンヌフ(新橋という意味)」に行ってみた。

すると、今度は臨時休業で…店主が渡しの横を通り過ぎていきました。

 

ポンヌフ

 

これで新橋系ナポリタンとは全く縁がないと悟り、新橋系ナポリタンはなかったことにして、改めてガード下のお店を見ていると、富山県の「おあじ」というお店を発見しました。

 

おやじ(親爺)ではなく、おあじ

 

太田和彦さんの本「居酒屋百名山」やテレビ番組で紹介されている、富山のあのお店が東京に進出??と思い、入ってみると、あっちは「おやじ(親爺)」で別のお店だったことが判明。

 

親爺(富山)

 

それでも調べてみると、実家の近所に支店があるようなので、富山名物のサスの昆布締めを注文しました。

が、しかし、昆布締めの昆布をそんな風に食べる習慣はないはず…

 

昆布締め

 

さらに、メニューには、いつもなら無視して「げんげの天ぷら」などを注文するところ、「ナポリタン焼きそば」に気づいてしまい、ナポリタンを食べに新橋まで来て、食べずに帰るのは嫌だと思い…

 

おあじのナポリタン焼きそば

 

注文して、即後悔…

 

で、夕方、再度、「ムサシヤ」に戻ってみたら、行列は消滅していたものの、お店も閉店していて…がっかり。

 

ムサシヤ閉店

 

せっかくニュー新橋ビルに戻ってきたので、これまで行ったことがない、3階、4階と探検することしました。

4階まで上がると外の空気も吸えるらしいのですが、土日はダメでまたがっかり。

 

ニュー新橋ビル屋上?

 

ほかにも気になるお店「みぼうじんカレー」を見つけて入ろうと思ったのですが、

 

未亡人カレー

 

シャッターが下りていて、土曜日は営業していないらしい。

「みぼうじんカレー」、いったいそのカレーのどこが未亡人なのかとても気になります。

今度、食べてみるまで調べないでとっておこうと思います。

 

結局、地下にある純喫茶フジでコーヒーを飲みながら、持参してきた「新橋アンダーグラウンド」を再読。

 

喫茶フジ

 

ここにもナポリタンがあってもいいはずなのに、ここにはナポリタンはなく、代わりに、おもしろいものを発見しました。

 

喫茶フジの富士宮焼きそば

 

喫茶フジにちなんだ(?)のか、「7 富士宮焼きそば」です。

「富士宮焼きそば」は、よくツーリング先の富士宮市や大久保(新宿区)の富士宮出身のマスターがやっている居酒屋さんでよく食べています。

 

う~ん、「喫茶フジ」なら、富士宮市ではなく、富士市にB級グルメの「つけナポリタン」があるというのに。。。

 

富士市のつけナポリタン
(2011年4月に富士市でツーリング中に食べたつけナポリタン)

 

この日の教訓 : 新橋を楽しむのなら、平日に来ないとダメ!!

 

平日に出直してきます。

 

【関連】

 【読書】上野アンダーグラウンド

 上野アンダーグラウンド

 

 

3か月後…元号も令和に変わった5月中旬。

たまたま登記の打ち合わせのため、新橋へ行く機会がありました。

打ち合わせを終えて、昼食がまだだったので、あのお店で食べることにしようと…でも、ちょっと時間が遅かったので営業時間を調べて…

 

新橋 未亡人カレー

 

先日、ここへ来た時、定休日で食べ損なった「みぼうじんカレー」、営業時間を調べている際、うっかり、「みぼうじん」の店名の由来を知ってしまいました。

レシピを考案された方が未亡人だったことと、未病や美貌とも関連があるのだそう。

さらに、ここは美女3人がお店を運営しているのですが、サラリーマンのパラダイス、ニュー新橋ビルですから大半の客が店員さんに、「あなたも未亡人ですか?」と尋ねるらしい。

店名の由来を知ってしまったのは残念ですが、客の対応は事前に知っててよかった~、と。

同じ轍を踏まないように…ここは、司法書士らしく…未亡人から一歩踏み込んで、

「ご主人の相続登記はお済ですか?」

なんて尋ねてみようかとも考えたのですが、完全にスベるし、スベるどころか引かれてしまうのでカレーとともに飲み込みました。

 

未亡人カレー、未亡人は相続登記は済ませたのだろうか

 

そのうち、隣のサラリーマンが、「なんで未亡人なのですか?」「あなたも未亡人ですか?」…(ホントに聞いている!)

で、それに対する店員さんのあまりにも機械的な反応に、ちょっとだけほくそ笑んでしまいました。

許せ。。。

 

 

それにしても、新橋で、未亡人カレーというネーミングのセンス、最高ですね。

司法書士事務所では、「未亡人司法書士事務所」…とても応用できそうもありません。