プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

QRコード

【商業登記】合同会社の略称を(合)とするケース

[ テーマ: 法人口座開設 ]

2018年10月23日11:04:00

先ほど、東京から遠く離れた○○県にある合同会社のA社長からお電話をいただき、こんな情報をいただきました。

ちなみに、この会社からご連絡をいただいたのは今回が初めてです。

 


 

(弊事務所のブログに)合同会社の漢字の略語は(同)だと書いてありましたが、国土交通省に提出する書類にそのように省略したところ、誤りだと指摘されました。

(同)だと協同組合と重複するので、合同会社は(合)と略すと言われました。

ちょっと混乱しています。

 


 

 

<関連ブログ記事>

合同会社の略称(2009年11月10日)

合同会社の略称・続編(2011年1月9日)

 

 

カナ口座名義中の法人格の略称

銀行口座の略称は、「一般社団法人全国銀行協会 平成1年4月21日制定 預金口座振替事務取扱基準」

https://www.zenginkyo.or.jp/fileadmin/res/abstract/efforts/smooth/kijun1.pdf#search=%27%E4%B8%80%E8%88%AC%E7%A4%BE%E5%9B%A3%E6%B3%95%E4%BA%BA%E5%85%A8%E5%9B%BD%E9%8A%80%E8%A1%8C%E5%8D%94%E4%BC%9A+%E5%B9%B3%E6%88%901%E5%B9%B44%E6%9C%8821%E6%97%A5%E5%88%B6%E5%AE%9A+%E9%A0%90%E9%87%91%E5%8F%A3%E5%BA%A7%E6%8C%AF%E6%9B%BF%E4%BA%8B%E5%8B%99%E5%8F%96%E6%89%B1%E5%9F%BA%E6%BA%96%27

の21ページに、合同会社はカナ文字の略称は「ド)、(ド)、(ド」と規定されています。

ちなみに、協同組合は、「(キョウクミ)」と略すようです。

 

預金口座振替事務取扱基準

 

 

市区町村役場における法人格の略称

たとえば、土浦市のホームページには、次のような「法人等略語一覧表」が利用されており、

https://www.city.tsuchiura.lg.jp/data/doc/1395993381_doc_38_3.pdf#search=%27%E9%8A%80%E8%A1%8C+%E5%90%88%E5%90%8C%E4%BC%9A%E7%A4%BE+%E7%95%A5%27

これによると、合同会社は、「(同)」であり、「ド)、(ド)、(ド」と略し、協同組合は、「(協組)」であり、「キョウクミ」と略すルールになっています。

 

 

国土交通省の場合は… 

そして、問題の国土交通省ですが…「平成29・30年度 一般競争(指名競争)参加資格審査 申請書作成の手引き」などを見ると、

http://www.mlit.go.jp/common/001154574.pdf#search=%27%E5%90%88%E5%90%8C%E4%BC%9A%E7%A4%BE+%E5%8D%94%E5%90%8C%E7%B5%84%E5%90%88+%EF%BC%88%EF%BE%84%EF%BE%9E%EF%BC%89+%E5%9B%BD%E5%9C%9F%E4%BA%A4%E9%80%9A%E7%9C%81%27

たしかに、A社長が指摘するように、その31ページに、合同会社は「(合)」と略し、協同組合は「(同)」と略すと書いてありました。

「(合)」とすると、合名、合資との区別ができなくなりそうですが、それぞれ「(名)」「(資)」と略すというルールがあるので混乱はないようです。

 

 

合同会社の略称を(合)とするケースもある

今回のA社長からの情報提供で、合同会社を略す場合には、「(同)」、「ド)、(ド)、(ド」と略すのが一般的ですが、相手方のルールで、「(合)」とするケースもあるということがわかりました。

 

その後、A社長から、

 

突然の電話で驚かれたことと思います。 添付ファイルは、○県庁で提示してもらったものです。 国土交通省の分厚い冊子に記載されています。 先生の説明で、ある程度の納得が出来ました。

 

という返信をいただきました。

なお、今回は、これだけをお伝えいただくためにお電話をいただいたようです。

正直な話、国土交通省の略称の取り扱いがそうなっているとは知りませんでした。

A社長に感謝です。

ありがとうございました。

 

 

<関連ブログ記事>

合同会社の略称(2009年11月10日)

合同会社の略称・続編(2011年1月9日)

 

 

合同会社設立登記手続きについて、電話によるご相談・お問い合わせ・お見積の依頼(無料)は、
03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ

 


法人口座が開設できない

[ テーマ: 法人口座開設 ]

2013年4月11日14:28:00

先ほど、(当事務所に会社設立手続きをご依頼いただいた方ではないのですが)「会社設立後に法人口座の開設をしようと金融機関に行ったら断られた」、というお電話をいただきました。

各金融機関ごとに審査基準がありますし、金融機関側は断った理由も開示していないので、断られた理由についてはわかりませんが、今回の会社さんのケースでは、バーチャル(レンタル?)オフィスを利用していたり、極端に資本金額が少なかったというお話ですので、これが理由の1つかもしれません(バーチャルオフィスだから全てダメというわけではないでしょうが)。

 

今でも、バーチャルオフィスは、低料金で、港区や銀座などの一等地を本店住所にして法人設立登記もできるということを売り文句にして商売をしています。

たしかに、バーチャルオフィスでも会社設立登記をすることは可能ですが、設立した後に法人口座を開設できるかできないかは別の問題。
せっかく法人ができても法人口座を持っていなければ、法人としての活動はかなり厳しいですから、設立する前にその辺りも検討しておくことをおすすめします。

 


外国人の会社設立、設立後が大変…

[ テーマ: 法人口座開設 ]

2011年8月20日11:00:00

時々、外国人(主に韓国、中国、台湾)の方からご依頼を受け、会社設立の手続きを代行することがあります。

会社の設立自体は、登記手続きに必要な書類をそろえて法務局に提出すれば、数日後には特に問題なく完了するのですが、実はここからが大変・・・。

(1) まず、銀行が法人口座を開設してくれない

今も、韓国の方が株式会社を設立して1ヶ月ほど経過しているのですが、地元の銀行に口座を開設しようにも相手にしてくれず、困っています(起業家交流会でこの社長と仲良くなった、某企業の社長さんが、アドバイスしてくださっています)。

(2) また、先日は、中国の方が合同会社を設立、ネットショップを立ち上げて、ショッピングモールに登録しようとしたのですが、審査が通らない(ご本人曰く、外国人ということで審査が通らない)。結局、自社サイトのみでがんばる、ということでした。

ほかにも、事務所の確保の問題…いろいろな悩みがあるようです。

 

何かいい方法があればいいのですが・・・。

 

 


土日対応可の司法書士事務所です

ブログランキングに参加しております。
人気ブログランキング【ブログの殿堂】 ブログ王 にほんブログ村 士業ブログ 司法書士へ

 

 

 


【商業登記】合同会社の略称・続編

[ テーマ: 法人口座開設 ]

2011年1月9日00:00:00

以前、書いた「合同会社の略称」の記事の続編です。

 


株式会社の略称は(株)、有限会社は(有)とするのは、世間一般に知られていますが、では、合同会社の略称は? → 答えは、「(同)」、銀行口座の場合には「ド)」「(ド」ということでした。


 

もちろん、省略しないで「合同会社」「ゴウドウカイシャ」のように使用することもできますが、その場合、予想外の問題が起きる可能性があります。

実際によくあるのですが・・・たとえば、合同会社ABCという会社が、取引先の口座にお金を振り込むとします。

 

もし、「ド)ABC」のように略称を使用しなかった場合・・・

 

合同会社の略称

 

こうなります。

送金された側は、誰から送金されたのかわからない…。

しかも、送金した側は、誤って送金したわけではないので、この事実には気がつかないのです。

 

写真のケースでは、幸いなことに、通帳ではどこの合同会社からかわかりませんでしたが、通帳と比べて文字数が少し多く表示されるネットバンキングを併用しているので、そっちで確認することができました。

ネットバンキングで確認できた、といっても、通帳よりも4文字多く表示されるだけでしたが・・・(今回は、「ゴウドウカイシャ」の後に、「_ スペース」が入っており、実際には3文字で判断するほかありませんでした)。

 

ということで、急な送金の場合には、トラブルにもなりかねないので、略称は使える時は使ったほうがいい、という話でした。

 

 

(2018/10/03補足)
合同会社を「合」と略すケースもあります。
 合同会社の略称を(合)とするケース

 

 (同)の設立手続きはこちら 

 

 

合同会社の設立手続きについて、電話によるご相談・お問い合わせ・お見積の依頼(無料)は、
03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ

 


法人口座のつくり方 3

[ テーマ: 法人口座開設 ]

2010年4月23日02:52:00

ちょっと前になりますが、会社設立登記完了後にお客さまが、会社の銀行口座を解説する際の銀行選びについて書いたことがあります。

> 法人口座のつくり方 2 (2007年8月18日)

 

その後も、これに関して、お客さまからの追加レポートをいただいているのでご紹介いたします。

矢印41 合同会社を設立されたK社長
銀行では(登記簿謄本は)見せるだけで済みました。余談ですが、やはり青のM銀行は口座開設に1週間かかるといわれました。

 

矢印44 株式会社を設立されたⅠ社長
先日会社用の銀行口座を作りに行ったのですが・・・。

これまで個人用で4行の銀行口座を使っていて、それぞれ特徴がありました。緑の銀行は、入出金予定をメールで知らせてくれるサービス(月105円かかります)、青の銀行は一定以上の残高の場合、他行への振り込みが月3回まで無料というサービスなどなど(注 : 緑、青、赤の銀行はご想像のとおりです)。

今回、法人名義の口座を作るにあたって、こういったメリットを考えて口座開設しようと銀行にいったところ、何と法人名義の口座はサービス体系が個人と違っていました。まずインターネット経由での残高確認や振込み自体にお金がかかるのです。緑も青も赤い銀行も一律で最低月2,100円。

振込手数料も個人より高い。これを払わないとネットで残高確認もできません。いまどきインターネットバンキングにお金がかかるなんて驚きです。手数料が取られるから銀行に出向いて通帳で取引きする、なんて会社は少ないのかなあ。

大企業ならともかく、起業したての会社にとっては痛手です。各行のサービスを前提に銀行口座の使い分けを考えていた私にとっては大誤算でした。こういうことの一つひとつが起業を阻害する要因になっている気がするのですが・・・。
(プレジデントコンサルティング株式会社 伊藤代表のブログより引用)

 

法人口座開設に必要な書類、開設までにかかる期間、個人口座との違いについて、銀行ごとに対応が違いますから、予め銀行に問い合わせておきましょう。

とくに、会社設立後にすぐに取引先から振込みがある、という場合など、急いで開設しなければならない場合には、注意が必要です。

 

矢印33 法人の銀行口座のつくり方1

矢印33 法人の銀行口座のつくり方2

 


【商業登記】合同会社の略称

[ テーマ: 法人口座開設 ]

2009年11月10日11:09:00

合同会社設立手続きをご依頼いただくお客さまによく聞かれることがあります。

それは、合同会社の略称について。

たとえば、株式会社西尾事務所の場合には、「(株)西尾事務所」と「株式会社」を「(株)」と略しますが、合同会社の場合、どうなるのでしょうか?という質問をよく受けます。

答えは、「(同)」です。

「合同会社西尾事務所」ですと、「(同)西尾事務所」のようになります。

 

 

では、銀行口座の略称は・・・

株式会社の場合には、前株(株式会社が前に来るケース)ですと、「カ)」、後株ですと「(カ」。

合同会社の場合には、同様に、「ド)、(ド」のようになります。

取引先等に振込先を知らせる場合には、先ほどのケースでは、「ド)ニシオジムショ」とカタカナの略称を記載しておくことをおススメします。

おそらく、振り込む方も迷うと思いますから・・・。

 

 

(2011/12/01補足)
もし、略称を使用しないと、こんなトラブルが発生する恐れがあります。
 合同会社の略称・続編

(2018/10/03補足)
合同会社を「合」と略すケースもあります。
  合同会社の略称を(合)とするケース

 

 

矢印33 合同会社(LLC)設立手続きはこちら

合同会社の設立登記は、登録免許税 6万円、司法書士報酬(印鑑セット込み) 4万円(税込)の総額10万円で承ります。

ご相談、ご質問については、下記にお電話、またはメールによるお問合わせをご利用ください。

03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ

 

 


法人口座を開設した方のお話

[ テーマ: 法人口座開設 ]

2007年8月18日00:29:00

会社設立登記が完了した後、会社の銀行口座をつくるにはどうすればいいのか、よく聞かれます。

その手続については、ホームページに解説しておりますのでそちらをご覧ください。

 法人口座のつくり方

 

先日、弊事務所のお客様が設立登記後に、銀行口座を作りに行ったときのレポートが、その方のブログに書かれており、大変に参考になる内容でしたので、ご紹介いたします。

 

「会社の登記謄本も思いのほか早く出来たため、法人用の銀行口座も早速作りました。

しかし、法人の口座を作るのに銀行が違うと随分と対応が違うことを知りました。

まず、M銀行に聞いてみると、なんでも口座を作るのに最低1週間もかかるというのです。

銀行に行って必要書類を提出後、7日から10日かけて「審査」され、OKであれば再度赴き晴れて銀行口座が開設となるというのです。

いまどき何と高慢な態度・・・。

単純な普通口座を開くだけなのにちょっと唖然。

今度はM銀行に聞くと、その場ですぐに口座開設がOKとのこと。

直ぐに取引先との入金があるので、即M銀行に決めました。」

 


銀行は二行出てくるのですが、どちらもMではじまる銀行のため、色で判断してください。

銀行により、これだけ差がありますので、急いで作らなければならない場合には、いくつかの銀行をあたってみるといいかもしれません。

 法人口座のつくり方