プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

QRコード

司法書士セミナー受講のあと

[ テーマ: 司法書士の独り言 ]

2017年7月9日00:27:00

司法書士という職業は、常に最新の知識を身に付けておかなければならないこともあり、司法書士には、毎年、研修やセミナーに参加して一定の単位数を取得することが義務付けられています。

そのため、研修・セミナー制度がとても充実しています。

自分が所属している支部が主催する研修のみならず、他支部主催の研修も受けることができたり(他支部の場合、1,000円程度の実費を支払いますが)もするので、興味があるテーマだと支部を超えて参加することも少なくありません。

昨日は、豊島支部が主催する豊島支部セミナーに参加するため、池袋に行ってきました。

 

豊島支部司法書士セミナー

 

セミナーの開始時間は、通常の業務を終えてからで、昨日は18時30分から始まり、終了は20時40分まで、約2時間行われました。

今回のテーマは、「司法書士業務のリスクマネジメントとは?」、業務を行う上でとても興味深いテーマです。

当然のことですが、同業者ばかりが集まっているので、セミナーの内容も、質疑応答もとても参考になりました。

 

 

21時頃、セミナーを終えて、いつものように、最後に訪問した町にある居酒屋を探します。

ですが、池袋駅周辺にあるのは、苦手な大手チェーン店ばかり。

会社員や学生の団体が大騒ぎして、店内には声のでかいアルバイトがウロウロ…ちょっと耐えられません。

なので、いいお店を探すため、人通りが少なくなるまで歩いて、やっといい感じの個人経営の居酒屋さんを見つけることができました。

ちょうど七夕ということもあり、お店の前には、七夕飾りがあり

 

七夕

 

カウンターだけの店内には、常連さんが1人、テレビで映画「借りぐらしのアリエッティ」を見ながら飲んでいる様子。

私もカウンターの隅のほうに座り、まずは、焼酎の量が尋常ではない「ホッピー」と「長ナスの1本漬け」を注文。

 

池袋の居酒屋でホッピー

池袋の居酒屋で長ナスの1本漬け

 

私も何となく、映画を見ながら(アニメなんて滅多に見ないのでとても新鮮です)、『この声はあきらかに●●さんだね』…なんていう常連さんとマスターの会話を聞ききつつ…追加で、納豆玉子焼きを追加。

 

納豆玉子焼き

 

このあと、シメに、「焼きそば」にするか、「焼きうどん」にするか、「ざるラーメン」にするか迷いつつ、店内に貼り付けられたメニューの焼きうどんは550円なのに、本日のオススメが書かれたボードには、焼きうどんが600円となっていて、その差は何なのか知りたかったのですが、質問するような雰囲気でもなかったし、時間も遅くなってきたので、シメの麺類はあきらめて、ここで終了。

 

研修も面白かったし、いい感じの居酒屋さんに出会えたし、充実した週末を過ごすことができました。

 

 居酒屋放浪記はこちら

 

 豊島区で会社を設立したい方はこちら

 

 

 


【司法書士事務所】飲食店から学んで、司法書士業務メニューに応用してみる?

[ テーマ: 司法書士の独り言 ]

2016年11月15日12:41:00

昨夜は、登記手続きの打ち合わせを終えた帰りに、タイ料理のお店に行ってみた。

この日も、いつものように、

 

飲食店に学ぶ

 

「ふんわり海老のすり身揚げ」と、

 

飲食店のメニューに学ぶ

 

「ソフトシェルクラブのふわとろ玉子カレー炒め」を注文しました。

ただし、注文する際には、フルネームは言わず、メニューを指差して、「このすり身揚げ」と「このカレー炒め」などのように省略して伝えていたと思います(50近いおっさんが、「ふんわり」や「ふわとろ」なんて口にするのはちと恥ずかしいですから)。

 

 

ところで、このお店にはこれまで何度か来ているため、最近ではあまりメニューも見なくなったのですが、たまたま料理が出てくるまでの間、メニューを見るともなく見ていたら…あることに気がつきました。

「ふんわり海老のすり身揚げ」は「海老のすり身揚げ」、「ソフトシェルクラブのふわとろ玉子カレー炒め」」は、「ソフトシェルクラブの玉子カレー炒め」で良いのでは?と。

 

 

そこで、意識して他の料理にも目をやると、

 

飲食店から学ぶ

 

「パリパリ」「プリプリ」「ど定番」「爽やか」・・・料理名に、つけなくてもよい言葉が並んでいました。

 

 

そういえば、先日読んだ本、「『私だけのカフェ』をつくる本(ゴマブックス)」にこんなことが書かれていたことを思い出しました。

 メニューはお店の履歴書みたいなものです。履歴書を見てくれた人の関心をひき…
 メニューは、お店のもうひとつの看板みたいなもの。みんなに興味をもってもらえる…(引用ここまで)

 

 

 

 

また、「儲かるお店の『すごい!』見せ方(PHPビジネス新書)」では、もっと具体的に、 

 できるだけお客さんの中にビジュアルが浮かぶような表現を探しましょう。…「プリプリエビ」とか「サクサクコロッケ」といった表現は、食感をイメージしやすいコトバです。ストレートに「美味しい」とか「絶品」といったコトバだけでは、お客さんを惹きつけにくくなっています。(引用ここまで)

 

 

「誰も教えてくれない『スパゲティ屋』の始め方・設け方(ぱる出版)」にも、 

 ネーミングは、お客様の注文時のイメージを形成するものです。たとえば、すべてに凝った名前をつけてしまうと、売りたい商品は映えません。キラーコンテンツと対比しながら、キラーコンテンツが花形になるようにネーミングしてください。
 たとえば、キラーコンテンツが「ナポリタン」なら、幅広い人に好まれている「半熟卵のっけ」とすれば、商品への注目度は上がります。逆に「低カロリー」とか「減塩仕立て」などにするとターゲットを限定してしまい、キラーコンテンツの売れ行きとしては鈍らざるを得ません。(引用ここまで)

 

 

なるほど、そういうことか、と。 

 

 

ということは…当司法書士事務所の「メニュー」にも、たとえば、

「キレイさっぱり! 抵当権抹消登記手続き」

「商売繁盛! 会社設立登記手続き」

「ご先祖様も安心! 相続登記手続き」

なんてやってみたら…

と書いてみたものの、実際にやると怒られそうなので実行に移すことはしませんけど。

 

* これをSNSに投稿したところ、「私、失敗しないので」はどうかというご提案をいただきましたが…そんなことは書けません。

もちろん、失敗するとか、失敗しない自信が無いとかそういうことではありません。

 

 

ご相談、ご質問については、下記にお電話、またはメールによるお問合わせをご利用ください。

03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ

 

 

 


【司法書士】後輩司法書士さんと情報交換

[ テーマ: 司法書士の独り言 ]

2016年7月15日10:42:00

士業の世界では、同業者はライバルではあるものの、よき仲間のような存在です。

なので、集まって研修したり、情報交換などを頻繁に行っています。

 

昨日は、司法書士の受験予備校時代の後輩と久しぶりに会って情報交換。

(会っている最中にも同じ予備校の後輩から手続きに関する相談メールが届き、チャット状態でやりとりに忙しい。)

その後輩は、もともと都内で開業されていたのですが、ご家族の関係で司法書士業はしばらく休業し、その後の数年を海外で暮らして、最近帰国して再活動したということで数年ぶりの再会です。

 

まずは、起業家交流会でもお世話になっている中野のディープな洋食居酒屋さん「カラフル」で、お互いの近況報告、今取り組んでいる業務や将来的に取り組みたい業務など、開業している場所、自身の背景、環境が違うとここまで違うのかと感じるギャップを楽しみつつ、有意義な時間を過ごし…

その後、場所を変えてもっとディープな「坊主バー」へ向かいました。

 

個人的に、「坊主バー」はずっと興味があったお店でしたが、なかなか入りにくく、この機会に行っておかなければ…ということで、お店の選択権は譲らずに半ば無理やり。

ここはビルも怪しいし、お店自体がもっと怪しい雰囲気で素敵です。

 

坊主バー

 

私は坊主バーオリジナルのカクテル「色即是空」をいただきました。

いろいろ話をしていると、現役のお坊さんでもあるマスターの口から…

 

色即是空 坊主バーオリジナルカクテル

 

「囲繞地(いにょうち)」という言葉を聞き、ちょっとびっくり。

司法書士の受験生だった頃、よく出てきたワードですが、実務ではほとんど聞かないし、忘れかけていた頃に、司法書士、不動産業者ではない方の口から「囲繞地(いにょうち)」が出てきたのがとても新鮮でした。

常連さんとも格闘技の話で盛り上がり、楽しい夜を過ごしました。

同時に、現役のお坊さんがバーを経営しているのだから、現役の司法書士もバーをやってもいいのかも、と思ったり。

夜な夜な登記の相談相手を求めて、司法書士バーにお酒を飲みに来るなんて考えにくいですけど(笑)。

 

そういえば、その後輩、マスターにスッと名刺を渡し、「お坊さん」つながり(?)で相続業務についてさりげなくアピールする姿を見て、やるなと。

私は名刺を出すことすら意識になかったというのに…結局、先を越されて、名刺を渡すタイミングを逸してしまった夜でした。

 

 

ご相談、ご質問については、下記にお電話、またはメールによるお問合わせをご利用ください。

03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ

  

 

 


司法書士事務所の新聞広告

[ テーマ: 司法書士の独り言 ]

2016年6月10日13:10:00

先ほど、関西の広告代理店さんから広告営業の電話がありました。

6月3×日のS新聞朝刊、都民ニュースの下部分に司法書士事務所の広告を載せませんか? という提案でした。

そのS新聞は、東京23区内で24万人の方に読まれていて、広告が掲載される都民ニュースのページへの到達率は80%だそうです。

そこに、わずか(?) 9万円(税別)で載せられるという話。

 

読者24万人の新聞に司法書士事務所の広告を出す?? 

 

掲載の日付指定があり、しかも掲載費用が妙に安く感じられたので、掲載予定の広告主がキャンセルしたのか確認したところ、やはりそうでした。

当初、薬品関係の広告を掲載する予定だったのですが、新聞の広告審査でアウト、司法書士事務所なら大丈夫ということで連絡があったようです。

4,50万円する広告費が9万円で掲載されるのでどうでしょう、と。

 

 

ひと通り、営業マンの説明を聞いていて、とても違和感を感じたのが、

誰もが知っているS新聞に広告を掲載した後に、その掲載データを提供するので、ホームページなどにそのことを公開することもできます!

という発言。

また、審査基準が厳しい新聞に広告を掲載させた事実もアピールできる点では、とも言っていました(…一般の企業と違い、司法書士業で広告を載せることができた、などということは何の自慢にもなりません)。

 

 

私(司法書士)、または司法書士事務所として何か良い行いをしたことが取材され、それが新聞記事として掲載されたのなら、なるほどそのとおりかもしれません。

しかし、お金を払って新聞に広告を出させてもらい、さらにそのことを自らホームページを使って発表するというのはとても恥ずかしいことなのではないのか、と。

電話口の営業マンは、そこを錯覚させようとしているのか、本気でそう思っているのかわかりませんが、私とは感覚がズレ過ぎていて今回はパス。

それに、新聞広告を出したからといって、それがたった1回であれば、効果はそれほど期待できるものではないと思いますし。

 


コーヒーは挽きたてか淹れたてか

[ テーマ: 司法書士の独り言 ]

2016年3月8日11:29:00

街を歩いていると、ふと喫茶店の看板の文字に目が止まりました。

淹れたてコーヒー

そこには、「淹れたての珈琲」と書かれています。

これを見た瞬間、「淹れたて」にちょっと違和感を感じました。

というのも、最近、安くて美味しいと話題のコンビニのコーヒー、コンビニの店頭にある幟(のぼり)などには、

挽きたてコーヒー

「1杯ごとに挽きたてをドリップ」のように、「挽きたて」を強調していることが多く、こっちに目が慣れていたから。

 

 

「淹れたて」と「挽きたて」、どっちのコーヒーが美味しいのか気になり、ちょっと考えみました。

(1)豆を挽いて、(2)淹れて、(3)飲む、という工程から推測すると、淹れたての場合、いつ挽いたかがわからない。

挽いてからかなり時間が経過してしまっている可能性もあります。

一方、挽きたては、挽いてから飲むまでの時間が短いため、当然に淹れたてでもあると考えられます。

結論として、挽きたてのコーヒーを飲んだほうが美味しいような気がします。

(挽きたてを淹れて、そのコーヒーをお客さんに提供するまでしばらく保存しているケースもあるのかもしれませんが、「1杯ごとに」と書くことでその問題は解決しています)

 

 

なんてくだらないことを考えながら歩いていたら、最強なコーヒーを発見しました。

挽きたてで淹れたて

「挽きたて淹れたてのコーヒー」

挽きたて淹れたてで一杯づつ、これが一番美味しそうです。

それにしても、言葉の使い方は難しいですね。

私も司法書士事務所のホームページ http://www.sihoshosi24.com/ を全て自分で作成しているのですが、更新する度に、どんな言葉、表現を使えば正確に伝わるのかで悩みます。

 

 

ところで、「挽きたて、淹れたて」は自分なりに解決したのですが、今度は、

「一杯づつお出しします」

「づつ」が気になり始めました。

個人的には、いつも「一杯つ」という書き方をしています。

ちなみに、別のコンビニでは、「1杯ごと」という表現を使ってました。

時間があるときに調べてみたいと思います。

 

 


最近の出版形態

[ テーマ: 司法書士の独り言 ]

2015年12月3日13:05:00

今朝、次のようなメールを受け取りました。

「従来の自費出版であると印刷代、編集費、etcで相場が約200~300万ほどと言われております。ただ、弊社では印刷代を全額負担させていただいております。ですので自費出版で多くかかってしまう印刷代は無料ですので編集代の40~45万で出版が可能となります。もし出版にご興味があれば取材をさせていただけませんでしょうか?」

これはチャンス!と、電話で逆取材させていただきました。

 

1.出版費用について

「印刷代、編集費、etcで相場が約200~300万」の中で最も費用がかかるのが、印刷代なのだそうです。

書店に並べるため、最初にある程度の数を印刷しなければなりませんから仕方がないのですが…

出版業界

今回、声をかけてきた業者は、従来のような書店販売方式をとらず、注文を受けてから印刷して本にして、読者に発送するという方法を採用しているという話でした。

そのため、無駄なコストの発生を避けることができます。

 

2.では、どこで本を購入するのか

書店では販売しないとすると、本はどこで手に入れるのかという疑問がわいてきますが、入手先は、「アマゾン」のみだということでした。

アマゾン経由で注文を受け、印刷して、発送するという方式です。

 

3.本の存在はどうやって知ることができるのか

アマゾンで売るのはわかりますが、どうやってその本の存在を知るのかが疑問なのですが…

それには、これから会社を設立したいと思った人が書籍を探すため、アマゾンの検索窓口で、「会社設立」というキーワードで検索した場合に、上位に表示されるように、SEO対策をするのだという。

 

 

結局、出版にかかる「印刷代、編集費、etcで相場が約200~300万」で、印刷代は注文後に発生するものに限定されるし、編集費用は著者もちですから、営業をかけてきた業者にとってはリスクがほとんどありません。

 

反面、著者にとっても、出版したという実績が残りますし、返品された本の買取り義務がない(そういうリスクがあるのは初めて知りました)が生じないので、出版の実績が欲しい司法書士にとっては、2、300万円という高額な出費をしなくとも、40万円程度でその実績を買うことができます。

 

よくできた話だ。

ただ、司法書士としては、「どこの出版社から出したのか」というのはとても大きな問題ですが。

 

ちなみに、私も過去に、2冊監修した本が世に出回っていますが、お金を払うどころか、逆にお金をいただいておりますので、念のため。

 


ペットを会社の宣伝部長にするのも面白いかも

[ テーマ: 司法書士の独り言 ]

2015年10月14日09:08:00

三連休の最終日は、箱根・芦ノ湖辺りでツーリングを楽しんできました。

箱根のターンパイクを走り、

ターンパイク

芦ノ湖へ向かいました。

芦ノ湖ツーリング

 

 

芦ノ湖のボート乗り場で見かけたのですが…

芦ノ湖の管理職

そこで飼われている(?)は、それぞれ、「いらっしゃいませ 営業○○長」と書かれた名札を首にぶら下げていて、観光客をもてなしてくれます。

芦ノ湖の猫

こうした猫による「もてなし」は、先日、死んでしまいましたが、和歌山電鉄貴志川線の貴志駅の猫の駅長「たま」をはじめ、わりとあちこちで見ることができるようですし、

http://matome.naver.jp/odai/2134607396689759401 (猫駅長まとめサイト)

ルーマニアの会社では、スーツを着た猫の管理職も話題になりました。

http://news.line.me/issue/funny/3a7dd76a16e7

 

 

っていうのを見た翌日、よく行く韓国居酒屋さんに昨日も行ったところ、

亀部長

入口に水槽が設置され、中にが3匹。

連休中にペットショップで購入したのだという。

韓国人のオーナーに飼われたこの亀、いったい何を食べるのか興味がわき、尋ねると、「エサを食べます」と言われ、…日本語の難しさを痛感。

この亀を、芦ノ湖で活躍する猫の管理職のように、役職名を付けてお店で「働いてもらう」のも面白いかも、と言おうと思ったのですが、外国人に最初から説明するのが難しい気がしてその言葉を飲み込んだ。

日本語が完全ではない外国人にもわかるような説明、「伝え方」をもっと勉強しなければ、と痛切に感じた夜でした。

 

後日談―

その後、またその韓国居酒屋さんを訪れると、この亀、専用の「カメのエサ」はほとんど食べず、お店で使用している「いりこ」をむしゃむしゃ食べると聞きました。

亀ってそんなものを食べるのか、とネットで検索すると珍しくないことがわかり、ちょっと驚きました。

 


無料商法って…無料のオファーって…

[ テーマ: 司法書士の独り言 ]

2015年10月5日12:12:00

ホームページで電話番号も公開しているせいか、いろいろな業者から営業の電話が頻繁にかかってきます。

本日、月曜日の午前中ですでに2件。

そのうちの1件に、なるほどな~、と考えさせられたものがありました。

 

「今、使っているホームページのスマホ化をしませんか?」という提案なのですが、「今なら、この地区(中野区?)の方は無料で対応させていただきます」というオファー付き。

本来、会社(法人)は利益を追求するものですから、無料で仕事を請けるということは考えられないことです。

資本金、人材の無駄遣いは、会社のオーナーである株主がだまっていません。

無料商法

なので、「今後、一切、一生、1円も支払わないで大丈夫ですか?」と尋ねてみました。

すると、「もし、気に入っていただけたら云々…」。

質問に対する回答になっていないので、再度、そのサービスは「無料」なのか、を確認したうえで、「今後、一切、一生、1円も支払わないで大丈夫ですか?」と聞いたのですが、どうしても話が別の方向に向かうので、

「こちらに、1円でも支払う可能性があるのか、ないのか、だけ答えてください」

ともう一度確認。

 

すると、わかったことは…

 

「無料でスマホ化し、数週間使っていただいた上で、気に入ったのなら月々2万5千円…」という話でした。

予想どおりでした。

入口無料、出口有料の典型的なパターンです。

世の中、無料が溢れていますが、「会社」がすることに、「無料」はありえません

無料お試し、無料サンプル、会社設立無料…その裏には、必ず何かが潜んでいます。

お気をつけください。

今、思うと、無料でスマホ化してもらい、「気に入らない」と答えたならば、その時点のスマホ化されたサイトは無料で手に入ったのだろうか…疑問が残ります。

 

 

 

ちなみに、当事務所では、会社設立、有料です。

ご相談、ご質問については、下記にお電話、またはメールによるお問合わせをご利用ください。

03‐5876‐8291 または、司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから

問合わせ

 

 


司法書士&カフェ

[ テーマ: 司法書士の独り言 ]

2015年9月8日11:43:00

○○と△△を掛け合わせる 料理版

最近、大分郷土料理のお店に行くことが多いのですが、

昨日、大分のソウルフードとも言われている「とり天(簡単にいうと鶏肉の天ぷら)」の新メニューができたという話を聞きつけ、さっそく、行ってきました。

新メニューというのは、名物「とり天」に、カレー、うどん、そば、玉子とじを掛け合わせたもの。

昨日は、とり天カレーをいただきました。

とり天カレー

美味しいとり天カレーを食べながら…

週末のツーリング中に立ち寄った、「占い&喫茶」のお店のことを思い出しました。

 

○○と△△を掛け合わせる お店版

占いと喫茶店を掛け合わせたお店です。

占い&喫茶店

お店の中はこんな感じです。

「占い」ということばから、狭くて薄暗い空間をイメージしたのですが、思いのほか明るくて、とても広く、カウンターにテーブル席もあり、さらに、壁こそ無いものの、プライバシーも配慮された「鑑定室」まで完備されていました。

占い&喫茶店

テーブルについてコーヒーを注文し…

店頭の雰囲気から喫茶店業がメインではないと思いますが、こちらからアクションを起こさないと占ってもらえません。

おっさんが1人、占い目的で入ってくることまで占うことは不可能ですが。

 驚きの占い結果はこちら

 

実は昔、司法書士事務所を開業したての頃、集客の一つの方法として、私も似たようなことを考えたことがありました。

 

○○と△△を掛け合わせる 司法書士版

司法書士の同業者の中には、大久保で見かけた「司法書士と不動産屋」、品川で見かけた「司法書士と印鑑屋」という形で、司法書士業と遠くないビジネスを兼業している方もいらっしゃいますが、

あの当時、私が考えたのが、司法書士業と喫茶店を掛け合わせた、「登記&カフェ」のお店。

もちろん、本気ではありませんでしたが、知り合いの不動産屋さんと、居抜きのスナックの物件が出た際には、司法書士のほか、社労士、税理士。。。士業グループで借りて…という話で盛り上がったことがありました。

 

あれから数年たって、たまたま「占い&喫茶」店に入って感じたことは。。。

「登記&カフェ」の方式は、

  • お店自体に魅力がなければコーヒー客はやってこない
  • 本気の登記相談のお客さまはやってこない
  • 仮に登記相談のお客さまがいらしたとしても、コーヒー客の存在がジャマになる

いろいろ解決しなければならない問題が山積みで難しいですね。

とり天カレーのようにはいかないようです。

 

 


【占い・姓名判断】先生、氏名変更、事務所名の変更ですか。

[ テーマ: 司法書士の独り言 ]

2015年9月6日11:19:00

占い師に占ってもらった

週末、相談などのご予約がなかったので、久々にバイクでツーリングを楽しんできました。

で、国道を走ると、いろいろな看板が目に入ってくるのですが、「占い&喫茶」という派手な看板に、店頭には細かい文字でギッシリと書き込まれた紙がたくさん貼られていて、ちょっと興味がわきました。

目的地まで若干時間に余裕があったので、入ってみることに。

アイスコーヒーを注文しましたが…

とくに何も起こらないので、お店の方に占いについて質問をすると、希望者には手相、九星、姓名判断など総合的に見る(診る?)が有料だという話。

 

「占い」については、昔から、「占い」そのものは信じていませんが、「占われたことによるこちら側の心理的変化」のほうにとても興味がありました。

 

それはともかく、手相を見てもらい…九星を見てもらい…

(手相を見てもらった際、マスカケ線や十字神秘線がある点には一切触れなかったのが不思議でした)

 

占い

 

姓名判断をしてもらうと、

今の名前ではケガが多いので、別の名前をビジネスネームとして使ったらどうか、という提案がありました。

 

司法書士名・司法書士事務所名をこう変えたら

字画数をもとに辞書で調べていくと、「つとむ」という名前なので、「務」「勤」「力」…いろいろ選択肢はあるものの、どれもイマイチ。

探しているうちに、「功」と書いて「つとむ」と読ませるのがいい、という結論に。

(ええっ…汗)

 

司法書士名を占う

 

さらに、何か商売をしているか?と聞かれ、職業は「司法書士」で、事務所名はこうだ、と伝えると、字画数を計算して、今の事務所名でもいいが、「にしお事務所」にするともっと良くなる、と。

 

司法書士の氏名を変更?

 

でも、いろいろ話をしてくと、「政治家でも、芸能人でも、名前をひらがなに変更すると、誰もが読めるので親しみやすい、だからいいのだ」的な話になり、画数とは関係のない方向ですすめているようにも聞こえ…

なので、先生、今回は聞かなかったことにします。

氏名も事務所名も変更しませんっ!

 

取締役と会社名の変更

もし、会社の取締役が有名な占い師に占ってもらった結果、「改名したほうがよい」、と言われてしまったら取締役の氏名の登記は改名したとおりに変えられるでしょうか?

答えは、占い師に占ってもらった程度では、登記の変更はできません

もし、どうしても変えたいなら、家庭裁判所の許可を得て本格的に変更しなければなりません。

 

一方、会社名(商号)であれば、話は別。

株主総会を開催して、商号について定款変更し、その株主総会議事録を添付して変更登記を申請すれば変えることができます。

ちなみに、商号を変更した場合でも、「会社の印鑑」は変更する、しないは任意です。

 

 

思いのほか、占いに時間がかかってしまい、お店を出たときは1時間以上経過していました。

そのため、目的地のお店に到着した頃には閉店していました。

名前を変えたほうがいいのかな、と思ったり。

 

 

役員の氏名変更登記、商号変更登記、承ります。

ご相談、ご質問については、下記にお電話、またはメールによるお問合わせをご利用ください。

03‐5876‐8291 または、司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから

問合わせ