プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

バックナンバー

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 05月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 03月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 12月

2007年 11月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

2007年 06月

2007年 05月

2007年 04月

2007年 03月

2007年 02月

QRコード

相続登記の費用につきまして

[ テーマ: 相続登記手続き ]

2008年1月9日13:09:00

当司法書士事務所のホームページをご覧になった方から、お電話、メール等で相続登記の費用について、よくお問合せをいただきます。

 

これについては、ホームページ上で、「一律何円」と書きたいところですが、

単純な不動産の数、不動産を管轄する法務局の数(東京都と神奈川県にある…など)、相続人の数、ご依頼いただくぎ業務の範囲…

等々、不確定要素が多すぎて、「一律いくらです」という提示が難しいというのが本音です。

そのため、事情を詳しく聞かせていただいた上で、個別にお見積りを出させていただいております。

 

そうはいっても、まったく情報がないのもよくありませんので、「相続登記の費用の目安」をホームページにアップしました。

よろしければ参考にしてください。

→ 相続登記 よくある相談の  をご覧ください。

 


質問させていただくことのメリットとデメリット

[ テーマ: 事務所案内 ]

2008年1月13日02:02:00

 矢印18 相続登記について知りたい方は 相続登記のページ

 矢印22 会社設立について知りたい方は 会社設立のページへ 

 矢印24 その他については ホームページのトップページ


数日前、当事務所の提携先の不動産会社の社長と食事をしていたときのことです。

社長が昨年、株式会社を設立し、その登記をしたときのことが話題になりました。

社長が設立登記を申請されたときは、まだ私と出会っていませんでした。

だから(?)、司法書士をインターネットで探したのだそうです。

 

適当な司法書士事務所をみつけて、連絡をとり、ちょっと打合せはしたものの、ほとんど自動的に会社の登記ができあがったそうです。

 

本職(司法書士)が出てくることもなく、補助者(事務員)が対応され、定款の目的についても、予めいくつか司法書士事務所のほうで用意して、「これに付け加えるものはないか?」という感じ。

その事務所のやり方が、当事務所の方針とまったく正反対だったので、とても参考になりました。

 

当事務所の場合、雑談も多く、お客さまがどういった会社をつくりたいのか、どんどん質問するようにしています。

結構、細かいところまで打合せするので、それなりの時間がかかってしまいます。

*もちろん、設立を急いでいるお客様には1日でも設立登記の申請ができるようにはいたします。ご安心ください。

 

場合によっては、お話があってから数ヶ月かかることも少なくありませんし、株式会社ではなく、個人事業でスタートするといったことも時々あります(個人事業だと設立登記の仕事は消滅します)。

 

こちらから質問しなければ、つまり、最初から「定款はこういうものです」「会社の設立にはこういったことを決めるのが決まりなんです」という形でどんどんすすめていけば、効率よく仕事ができます。

 

会社設立1件にかける時間は、わずかで補助者でも機械的に処理することができるでしょう。

 

ただし、登記が完了すれば仕事は終了、翌日からは赤の他人。

これに対して、質問をどんどんさせていただくと、時間はかかりますが(時には会社にする必要性が消えることもあります)、起業する方の意識が途中から変わっていきます。

将来どんな会社にしたいのかがイメージできるようなお話をさせていただくからです。

接触回数も多いので、どんどん仲良くなっていきます。

周りから、お客さまと遊んでいるようにみえるのもそのせいです。

そのうち、会社の法務的な仕事の依頼もいただくようになりました。

さらに、このブログをずっと読んでいただいた方はご存知だと思いますが、会社の設立登記が終わっても関係は継続しています。

また、立場が変わって、こちらがお客さんになることもあります。

事務所の仕事の仕方は千差万別です。

どれがよくて、どれがよくないということはありません。

いいと思えば、どんどん吸収していけばいいだけのことです。

今日、お客さまから年賀状が届きました。

それに、こんなことが書かれていました。

 

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き残るのでもない。

唯一生き残るのは、変化できる者だけである。」

ダーウィンの言葉だそうです。

どんどんいい方向に変化していこうと思います。

 

会社設立・相続登記 西尾努司法書士事務所のHPを見る

 

 


会社を設立する 第1日目

[ テーマ: 起業支援 ]

2008年1月16日20:32:00

株式会社を設立する場合の手続について何回かに分けてご説明します。

 

まず、発起人(ほっきにん)という会社をつくる人が集まって、最初に、会社の定款(ていかん)を作成することになります。

定款とは、国でいう憲法のようなものです。

定款には、会社名(商号)をどうするか、事業内容(目的)は何にするかなどが定められています。

当事務所にご相談いただいたお客様には、株式会社設立相談シート(ファイルサイズ:25.6KB) にしたがって、1つ1つ相談しながら決定していきます。

株式会社設立相談シートが、完成したら、その内容に基づいて定款を作成していきます。

矢印13 定款の記載例(サンプル)

 

定款作成時に注意すべき点は、株式会社設立のページをご参照ください。

 矢印16 株式会社設立のページ  の

   1.社名(商号)、事業内容(目的)、本店所在地などを決めます。

  の部分をご覧ください。

 

こんな感じで、まずは定款を完成させます。

 次回は、「定款の認証について」です。

 


株式会社の設立手続 定款の認証 第2日目

[ テーマ: 起業支援 ]

2008年1月17日23:43:00

定款を作った後は、認証手続です。

株式会社の設立の場合には、つくった定款をもって公証役場に行って認証手続をしてもらう必要があります。

合同会社(LLC)を設立する場合には公証人の認証は不要です。

矢印9 公証役場に持っていくもの

 定款3通(1通は公証役場に保管、1通は会社保存、1通は登記用)、発起人全員の印鑑証明書、そしてお金です。

 ご自身で設立手続をする場合には、10万円ほどあれば足りると思います。

矢印9 費用

収入印紙 4万円
認証手数料 5万円
謄本交付料 約2千円

ご自身で会社設立手続をされる場合には、普通は電子定款を利用することが無いので収入印紙の4万円はかかってしまいます。

仮に当事務所に設立手続をご依頼いただいた場合には、電子定款を使いますので、その4万円は不要となります。

>> こちらもご覧ください ↓ この部分です。    

4.定款を作成して公証人の認証手続をします。

 

矢印9 どこの公証役場に行くか

会社の本店所在地と同じ都道府県内にある公証役場です。

(例)東京都多摩市聖蹟桜ヶ丘・・・を本店とする場合、

   東京都中野区の公証役場など、都内の公証役場に行くことになります。

 

 メール2  株式会社設立、合同会社(LLC)設立に関するお問合せ

 


株式会社の設立手続 定款の認証 番外編1

[ テーマ: 起業支援 ]

2008年1月19日15:43:00

株式会社設立手続の続きです。

公証役場で定款を認証するところまで終わりました。

矢印13 会社を設立する 第1日目

矢印13 株式会社の設立手続 定款の認証 第2日目


もし、設立を急いでいるのであれば、同日に資本金を振り込んで、設立登記の申請書や添付書類を作成して一気に登記申請までしてしまうことも可能です。

矢印33 すぐに設立したい人、ご相談はこちらへ
  (または電話03-5876-8291へ)

 

ところで、今日は、当事務所であった設立登記に関するハプニングをご紹介します。
個人情報の関係もあるので若干手を加えています。

 

矢印37 会社名が決まらない

会社を設立するには、会社名をつける必要があります。
人が生まれた時と同じですから、姓名判断などの占いを活用する方もいらっしゃいます。

先日、株式会社設立登記のご依頼をうけ、そのお客様が姓名判断を活用するということになり、最初に会社名を決定するまで約半年かかったケースがありました。

姓名判断の専門家に相談して、こちら(司法書士)が困ったのは、会社名中の「s」の文字。

登記されるのは、「s」で1画なのですが、お客様のお話によると専門家の診断の結果、これを3画にして登記しなさいという指示があったというのです。

「s」の先端にそれぞれ「ノ」をつけて

 商号中のs

そんな・・・それは無理です!!

そして、そこからさらに数日間かかり、会社名に別の文字が加わえることで、 結果的に普通の「s」でよくなりました。

という感じで、会社名を考えるのも意外と大変です。

 

矢印33 会社設立に関するご相談はメール相談窓口
    電話03-5876-8291まで。


起業支援メルマガ「起業のコツ」今回は「節水」。飲食業、ホテル経営者様へ。

[ テーマ: 起業支援 ]

2008年1月21日23:01:37

当事務所で配信しているメルマガ「起業のコツ」の最新号のお知らせです。


最近の「起業のコツ」は、コストカットをテーマに連載しています。

第3弾は、「節水」がテーマです。


今回もテンプラスの村元氏に記事を書いていただきました。
現在、原稿をチェックしておりますので、近々、配信する予定です。

どんなことが書かれているか、ちょっとだけご紹介しますと・・・



トイレを一度流すのに必要な水の量ってご存知ですか?

大の方で20L、小の方で12Lと言われています。

想像していた量よりも多いと感じませんか?

私は、これを聞いたとき、正直驚きました。

じゃあ私は、一日何L下水にながしているのだろう?




もし続きを読んでみたいという方は、まぐまぐから登録(無料)できます。


→ http://www.mag2.com/m/0000219298.html


会社設立・相続登記 西尾努司法書士事務所のHPを見る


株式会社の設立手続 資本金の払込み 第3日目

2008年1月23日16:24:00

株式会社設立手続の続きです。

公証役場で定款を認証するところまで終わりました。

矢印13 会社を設立する 第1日目

矢印13 株式会社の設立手続 定款の認証 第2日目

矢印13 株式会社の設立手続 定款の認証 番外編1

 

定款の認証が終わったら、今度は資本金の払い込みです。

発起人の個人の銀行口座に払い込みます。

これまで、こんな勘違いをされているお客さまがいらっしゃいました。

1.資本金の払い込みのために、新しい口座を開設した。
  → 新しい口座を開設する必要はありません。
     現在、ご使用の口座で結構です。

2.残高をいったん「0円」にして、残高が資本金と同額になるよう調整する。
  → 資本金払込み後の残高は、資本金と同額でなくても結構です。

3.発起人が1人のみの発起設立で、自分の口座に自分が振り込む。
  → 単なる入金で結構です(氏名が印字されなくてもOK)。

 

払込みが完了後、その通帳はコピーして設立登記の申請書に添付します。

 

? その他の注意点につきましては、ホームページをご参照ください。

  → 資本金の払い込みの方法(払込証明書)

 

 

>> 会社設立に関するご相談はメール相談窓口
    電話03-5876-8291まで。

新着1 今月から、ドリームゲートの起業アドバイザーを始めました。

 


株式会社の設立手続 印鑑の作成

[ テーマ: 起業支援 ]

2008年1月29日15:56:00

株式会社の登記を申請する時までに、会社の実印をつくっておく必要があります。
設立登記の申請書類に押印する必要がありますし、法務局に代表者の印(=会社の実印)として届け出る必要があります。

印鑑は、注文してから完成するまで数日かかりますので、できれば同一商号等の調査をして問題ないことがわかった段階(定款をつくる段階)で発注しておくとよいでしょう。

 一般的には、実印、銀行印、角印、できればゴム印などもそろえておくと便利です。

実印、銀行印、角印の3点セット付 

費用は、材質にもよりますが、数万円ほどかかるようです。

なお、弊事務所に会社設立登記を依頼される場合には、実印、銀行印、角印の3点セットもご用意いたします(設立登記の費用29万8千円に含まれております)ので、発注の手間が省けます。

その他、印鑑につきましては、当事務所のホームページをご参照ください。

矢印18 http://www.sihoshosi24.com/a1335.html

   この部分です  3.代表印(会社の実印)を発注します。

 

 

>> 会社設立に関するご相談はメール相談窓口 か
    電話03-5876-8291まで。

新着1 今月から、ドリームゲートの起業アドバイザーを始めました。