プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

バックナンバー

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 05月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 03月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 12月

2007年 11月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

2007年 06月

2007年 05月

2007年 04月

2007年 03月

2007年 02月

QRコード

5月のウーハ起業支援交流会(中野)

[ テーマ: 起業支援 ]

2008年5月7日12:21:00

当事務所では、起業サポートの一環として、起業支援交流会を毎月開催しています。

これから起業を考えている方々と、わたしたち起業サポートのプロとの雑談形式の交流会です。

10回目の5月の開催日は、30日(金)の予定です。

まだ、ご案内をUPしていないのですが、こちらから第1回~9回+屋形船ツアーの情報を見ることができます。参加された方の感想もあります。

 

初めて起業される方、会社を設立したいけど何にもわからない方、大歓迎です。

女性の士業も参加してます!

 

 


特例有限会社から株式会社への移行の登記

[ テーマ: 商業登記 ]

2008年5月11日13:19:00

先日、申請しました「特例有限会社から株式会社への移行の登記」が完了しました。

 

今回は、株式会社への移行に伴い、

事業内容(目的)の変更 ・・・ 株式会社にするとともに、目的を増やしました。

・増資 ・・・ 有限会社時代に代表取締役が会社に対してもっていた金銭債権を現物出資(DES)して増資、新株を発行しました。

・役員変更 ・・・ 有限会社の設立からそれほど経過していなかったので、取締役の任期はまだかなり残っていたのですが、株式会社化を機会にいったん辞任し、新たに任期(10年)をスタートさせました。

 

これだけやっても、登録免許税は変わりません(増資額が高額だと変わる場合もあります。)。

特例有限会社(解散)について  3万円
株式会社(設立)について     3万円

計6万円(この中には、目的変更、増資、役員変更が含まれています)

矢印33 司法書士の手数料についてはこちらをご参照ください。

 

会社の登記(商業登記)の場合、今回のように、いくつかの登記を組み合わせて申請する場合がありますので、費用もわかりにくいかもしれません。

矢印33 ご相談、見積りのご依頼は、こちらからどうぞ。
  お電話でも結構です 03-5876-8291 まで。

 

 


役員変更登記、忘れていませんか?

[ テーマ: 商業登記 ]

2008年5月12日23:54:00

最近、ご依頼いただく商業登記でちょっと気になることがあります。

それは、「役員変更登記がきちんとされていない」会社が結構あるということ。

すでに取締役の任期が満了しているにもかかわらず、そのままにしているか(選任懈怠+登記懈怠)、選任したが登記をしていない(登記懈怠)ようです。

この記事をお読みいいただいているあなた、今一度、御社の役員の任期をご確認ください。

 

最近では、会社法の施行で役員の任期は最長10年とすることも可能となりました。

10年にするとメリット・デメリットいろいろありますが、この機会に役員の任期を見直してみませんか?

少なくとも選任懈怠となる確率はグッと下がります。

 

矢印33 役員の任期、退任・就任の登記に関するお問合せはこちらから   
  お電話でも結構です 03-5876-8291 まで。

 


合同会社設立登記 総額10万円

[ テーマ: 起業支援 ]

2008年5月23日15:21:00

ずっと遅れていた合同会社の設立登記に関するページを本日追加しました。

矢印34 合同会社設立登記のページ

登記にかかる費用も、ご自身で全部手続される場合よりも、実質的に低く抑えました。

【ご自身で登記された場合】
・定款の印紙税 40,000円
・登録免許税   60,000円
・会社の印鑑      ??円
総額 100,000円+印鑑代

 

【当事務所に登記をご依頼いただいた場合】
・定款の印紙税      0円(電子定款使用のため)
・登録免許税   55,000円(オンライン申請のため)
→ 2015年現在、オンライン申請の減税がなくなりましたので、
           60,000円
・司法書士報酬 45,000円(印鑑3点セット費用込み
→ 2015年現在、40,000円
総額 100,000円

→ 合同会社設立登記のページ

 

 

合同会社の設立を検討されている方へ。

ご相談、ご質問については、下記にお電話、またはメールによるお問合わせをご利用ください。

03‐5876‐8291 または、司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから

問合わせ

 

 


【商業登記】 登録免許税の節税

[ テーマ: 商業登記 ]

2008年5月27日21:51:00

登記を申請する際には、不動産登記、商業登記を問わず、登録免許税を納めることになっています。

たとえば

会社名を変更する場合(商号変更)には 3万円

事業内容の範囲を変える場合(目的変更)も 3万円

のように、何の登記を申請するかによって決まっています。

 

今日、拝見した相談の中に次のようなものがありました。

会社名の変更、事業内容の変更の登記の申請をしたいのですが、(解説書には、それぞれ別個に説明されていることもあって、)登記事項1件ごとに登記申請書をつくって2通同時に出せばいいのか?

という内容でした。

 

たしかに解説書の性質上、登記事項ごとに解説せざるを得ないので、それをご覧になった方がそのようにお考えになるのも無理はありません。

でも、2通の申請書で申請すると3万円損することになります(損をするという表現は語弊があるかもしれません。3万円でできるのに、6万円納めなければならないという点で損をすると書きます) 。

この場合、登記のプロである司法書士は、一括申請という方法をとります。

2通の申請書を一度に出すのではなく、1通の申請書に2件の登記事項を記載して出す方法です。

申請人が同一で、管轄登記所が同一である限り、数個の登記を1枚の申請書で申請することができるとされているのです。

 

この一括申請のメリットは、申請書を作るのが1通で済むということと、登録免許税が節税できるということです。

会社名の変更(商号変更)と事業内容の範囲を変更(目的変更)する場合に、その登記を別個に申請すると登録免許税は6万円になります。各別に申請書をつくって同時に出しても同じことです。

これに対して、一括申請にすると3万円で済みます。

 

このような取り扱いは司法書士にとっては当然なのですが(もし、それぞれ登録免許税を請求されていたら確認した方がいいと思います)、一般の方がご自身で登記を申請する場合には別個に申請している方がいらっしゃるのではないでしょうか?

3月決算の会社は、そろそろ株主総会を開催する時期でしょうから、ぜひ覚えておいてください。