プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

バックナンバー

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 05月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 03月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 12月

2007年 11月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

2007年 06月

2007年 05月

2007年 04月

2007年 03月

2007年 02月

QRコード

創業100年を超える企業は、日本に2万1066社

[ テーマ: 起業支援 ]

2009年8月15日12:15:00

「東京商工リサーチが12日発表した長寿企業調査によると、創業100年を超える企業は全国で2万1066社あった。日本最古の企業は飛鳥時代に設立された寺社建築の金剛組(大阪市)で、1431年の歴史を誇り、1000年を超える企業は8社あった。
 創業100年を超える企業(各種法人など含む)は、調査対象の209万6963社の1%。このうち明治以降の創業が約82%を占めた。地域別では近畿の4618社が最も多く、全企業に占める割合では京都府と山形県がともに2・62%で最高。業種別では卸売業・小売業が9960社で最多だった。」
(以上、Yahoo!ニュースより)

以前、ある雑誌にこう書いてあったのを覚えています。

起業して、1年目で倒産等で消えてしまう会社が60-70%、
3年目ですと80-90%・・・
つまり、4年目には10%程度の会社しか残らない

 

これらの情報を踏まえて・・・

弊事務所としては、会社設立登記をして終わり、というのではなく、起業後も各種専門家をご紹介したり、同じ境遇の経営者が集まる交流会を月に一度開催するなどして、フォローしていければ、と思っております。

新着1 弊事務所その他数社が集まって、BMA(ビジネス・マッチング・アソシエーション)という団体を立ち上げました。  矢印33 BMAのブログ

現在、BMAは、お客さまからのあらゆるご相談に応じられるようにいろいろな業種の方々にご参加いただいております。
なお、当事務所で会社を設立されたお客さまもサービスを提供する側としてご参加いただくことも可能です(1分野1企業という制限があります)。

 


集客に、お金はかからないのです

[ テーマ: 本の紹介 ]

2009年8月19日18:49:00

 

今日、お客さまのご紹介で、千葉県へ相続登記の打ち合わせに行きました。

打ち合わせ場所まで、電車で往復3時間ほどかかるので、この本を持参しました。

「集客に、お金はかからないのです」というタイトルの本ですが、実は弊事務所も開業当初からこれにこだわり続けています。

開業時にあまりお金がなかったということもありますが、開業から3年間は費用をかけないで集客するということに決めたのです。

「お金を使うより、頭を使え」をスローガンにやってきたわけですが、おかげさまで、運よく、ホームページの管理費以外に広告等の費用をほとんどかけることなく、今日まで順調です。

開業してまだ2年半程度ですが、ある程度のノウハウがたまってきたので、お客さまにもどんどん還元していきたいと思っています。

そして、今日、この本のおかげで、また新しい知識を手に入れたので、さっそく実行してみることにします。

 

矢印36 読書日記

 


取締役会を廃止して、名前だけの取締役を退任させる

[ テーマ: 登記全般 ]

2009年8月19日20:24:40

株式会社を設立する際、定款に「取締役を何名置く」か定めます。

「何名」とするほか、「何名以内」、「何名以上」、「何名以上何名以内」と定める場合もあります。

その上で、それに合うように会社設立時の取締役を決めます。

現在、会社法では、取締役の員数は最低1名置けばよいとされています。ただし、取締役会を置く株式会社の場合には、最低3名の取締役がいなければなりません。

昔(商法の時代)は、そのような細かい区別はされず、一律、取締役会を置き、取締役は最低3名いなければなりませんでした。

そのため、家族に頼むなど、名義だけを借りた、いわゆる名前だけの取締役が存在していたようです。

それが今では、取締役が1名でもよい、ということになりましたので、取締役会を廃止して、名前だけの取締役を退任させる株式会社が増えています。

もし、このブログをご覧になっている方で、不要な取締役を退任させて、きちんとした会社にしたいとお考えの方がいらっしゃいましたら、ご相談ください。

ちなみに、今、明日申請する取締役会を廃止する登記の申請書類を作成しています。

矢印33 登記に関するご相談(無料)はこちらから

 


株式会社設立登記の必要書類

[ テーマ: 株式会社設立手続き ]

2009年8月21日00:30:00

現在、9月1日設立希望の株式会社設立の案件を数件抱えています。

設立登記のご依頼をいただくお客さまからよく聞かれるのが、

何を準備すればいいですか?ということ。

お客さまにご準備いただきたいのは、

印鑑証明書と通帳で会社設立1.設立時において発行後3ヶ月以内の印鑑証明書
→ 発起人の印鑑証明書と取締役の印鑑証明書(取締役会のない会社)。出資するし、取締役になる方についてはそれぞれ1枚ずつ、計2枚必要になります。

2.資本金を入金した口座の通帳のコピー
→ この段階で会社の口座はつくれません。発起人個人の口座に入金していただきます。コピーは、表紙、裏表紙、入金が記帳されているページの3枚です。
ご注意いただきたいのは、必ず口座にお金を払い込むこと。残高が資本金よりも多いから払い込まなくてもいいというわけではありません。

の2種類です。実印、銀行印、角印の3点セット付

通常は、このほかに会社の印鑑をご用意いただくのですが、当事務所では、お客さまの手を煩わすことなく、会社の印鑑を準備させていただきます。

 

矢印33 その他株式会社の設立手続きに関することは、こちらをご参照ください。

 


相続放棄の落とし穴

[ テーマ: 相続登記手続き ]

2009年8月30日05:35:00

被相続人(亡くなった方)に多額の借金があり、遺産よりもその借金が多い場合には、一般に相続放棄の手続きをすればよい」と言われています。矢印9 相続放棄

たしかに、相続放棄の手続きをすることにより、その人については、はじめから相続人ではなかったとして扱われるため、負債を相続することはありません。

 

ですが、話はそこで終わりではありません。

 

相続放棄をすることにより、放棄した人は相続人ではなかったことになりますが、その影響を受ける人が出てくることにご注意ください。

例えば、被相続人Aに、配偶者Bと子Cがいた場合・・・

Aが多額の借金を残して死亡したとします。Cは、Aには、借金をすべて返済しきれるほどの遺産がないことを知り、相続放棄手続きをとりました。その結果、Cはその借金から逃れられることができるのですが・・・

Cの相続放棄により、相続の第一順位の「子」がいなかったことになりますから、相続権は、第二順位の「親」に移ります。もし、両親が先に死亡している場合には、第三順位の「兄弟姉妹」へ相続権が移ります。 矢印9 相続の順位

 

つまり、その借金(債務)を、次順位の相続人である親(又は兄弟姉妹)が相続することになってしまうということです(もちろん、親(又は兄弟姉妹)も相続放棄することは可能ですが)。

そうなると、その相続がきっかけとなって、人間関係がおかしくなるおそれがあります。

相続を放棄する際には、予め次順位の相続人にも話をしておくことをおススメします。

 

矢印33 相続登記に関するご相談はこちらから
  お電話による相談 03-5876-8291 または
  携帯 090-3956-5816(ソフトバンク)まで

矢印33 相続登記ページへ

 


日曜日 株式会社設立の打ち合わせ

[ テーマ: 株式会社設立手続き ]

2009年8月30日15:59:00

本日、日曜日ですが、夕方、株式会社設立登記の打ち合わせがあります。

今日は2回目の打ち合わせになりますので、初回の打ち合わせでお聞きした情報をもとに作成した書類の最終チェック、書類への押印がメインになります。

週明けの月曜日に、公証役場にて定款の認証手続きを経て、9月1日に登記を申請する予定です。

そうすれば、お客さまのリクエストどおり、9月1日が会社の設立日となります。

 

矢印33 日曜日でも事前にご予約いただければ承ることができます(割増料金なし)。

 こちらからメールいただくか、お電話ください。
 電話03-5876-8291
 携帯090-3956-5816(ソフトバンク)

 ソフトバンクをお使いであれば、時間帯により、無料で通話することが可能です。

矢印33 株式会社設立の解説ページへ