プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

バックナンバー

2019年 08月

2019年 07月

2019年 06月

2019年 05月

2019年 04月

2019年 03月

2019年 02月

2019年 01月

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 05月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 03月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 11月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

2007年 06月

2007年 05月

2007年 04月

2007年 03月

2007年 02月

QRコード

【相続登記】戸籍集めの費用について

[ テーマ: 相続登記手続き ]

2007年7月9日22:28:57

ここのところ、相続登記の依頼が続いています。

相続登記で大変な思いをするのが、戸籍集めではないでしょうか。

司法書士の費用のことを気にされていらっしゃるのか、最初は相続人の方が、ご自分で全部取得するというケースがほとんどです。

中には、仕事を休んで役所回りをされる相続人様もいらっしゃいます。

通常、被相続人(お亡くなりになられた方)の出生に遡って戸籍を取るのですが、ほとんどの相続人様はそこまで取得されていません

結局、途中から私が引き継いで戸籍を取得することになるのですが、その際、手数料がいくらか必ず聞かれます。

「この部分については実費程度」というお話をさせていただきますと、ほとんどの方から、「だったら最初から全部お願いすればよかった」という反応が返ってきます。

・・・こちらの案内の仕方がよくないのだということに気がつきました。

お客様にとって、司法書士に費用について細かいことは聞きづらいようです。

それなら、その辺も考慮して、こちらからもっと詳しく説明すべきでした。

ということで、相続手続きをご依頼いただく場合には、できる限り細かいところまでご説明しますし、遠慮なく何でも聞いてください。


司法書士は、暗くて、話しづらいイメージがあるとよく聞きますが、うちはそんなことありません。

弊事務所のお客様のほとんどは、「司法書士」のイメージが変わったとおっしゃいます。

→ 事務所のホームページ

→ 相続のページ



Web集客セミナーに行ってきました。

[ テーマ: 起業支援 ]

2007年7月17日20:29:00

今日は、午後から、Webを使った集客のセミナーに参加してきました。

士業といえども、Webを使って集客をしていかなければ、先細りになるおそれがあるからです。

おかげさまで、弊事務所では、ホームページによる問合せ、登記等の依頼が順調です。

ホームページは、このブログと同時に3月に公開したばかりですが、現在は1日にホームページとブログを併せて2,500アクセスになりました。

今日のセミナーは主に、飲食店さんや物販の商店さんを対象に、ブログを使って売上を上げようというものでした。

チラシ、DMなど従来の方法では、コストがかかるわりに、期待するだけの効果は得られなくなってきています。

チラシよりもインターネットを見る方がどんどん増えているのが1つの理由です。

ブログを始めて損はありません、やってみませんか?


弊事務所をご利用の方で、ブログを利用したいという方には、つくり方、更新の方法など丁寧にご指導させていただきます。

【実績】
中野区鷺ノ宮のパスタ屋さん「クチーナジオジオ」のマスターもパソコンが苦手でしたが、集客のためにブログを作って欲しいという依頼がありましたので、こちらで作成し、更新の方法をアドバイスさせていただきました。

>> クチーナジオジオのブログ

今では、写真も取り込むくらいになりました。

なお、このブログですが、Googleで「鷺ノ宮 パスタ」で検索すると、現在第2位です(作った当初は第1位だったのですが、私のブログが1位になってしまいました。)。
http://www.google.co.jp/search?source=ig&hl=ja&q=%E9%B7%BA%E3%83%8E%E5%AE%AE%E3%80%80%E3%83%91%E3%82%B9%E3%82%BF&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

Yahoo!でも、第2位です。
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%B7%BA%E3%83%8E%E5%AE%AE%E3%80%80%E3%83%91%E3%82%B9%E3%82%BF&ei=UTF-8&fr=top_v2&x=wrt

無料ブログでもここまでできます。
初心者の方でも、ブログをつくるところからご指導いたします。


> 相談する


取締役の最低員数は何人ですか? 1人? 3人?

[ テーマ: 起業支援 ]

2007年7月29日23:54:10

会社法の施行で、役員の員数や任期に大きな変化が起きたことは、みなさんご存知のようですが、細かいところまで理解されていないようです。

会社設立の打合せをさせていただく際に、勘違いされいたことに気がつく方が結構いらっしゃいます。


株式会社の取締役は最低何人いればいいのかご存知ですか?

会社法について多少勉強された方は、最低1名と考えていらっしゃる方が多いようです。あまり会社法を意識されていない方は、3名は必要だとお考えのようです。

どちらが正しいのでしょう…。

実は、どちらも正しいいえるし、正しくないともいうことができます。

正確には、

(1)取締役会を設置する会社では、取締役は最低3名必要です。

取締役会を設置した場合には、いろいろな決定事項は取締役会で会議をする必要があります。
会議をするには複数のメンバーが必要となり、偶数だと同数で対立する可能性があって、決められないので最低員数を3名としています。

(2)取締役会を設置しない会社の取締役は1名でよい。

一方、取締役会を設置しない会社であれば、取締役が業務機関となるわけですから、会議を開く必要がなく、必ずしも複数いる必要もないし、奇数である必要もないのです。

だから最低1名でいいことになります。

株式会社の最もシンプルな形態は、「株主総会 + 取締役1名」というもので、現在、弊事務所にご依頼いただく設立の8割がこのパターンです。


>> 最もシンプルな会社を設立したい方は、 ここ からご相談ください。