プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

バックナンバー

2018年 12月

2018年 11月

2018年 10月

2018年 09月

2018年 08月

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 05月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 03月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 12月

2007年 11月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

2007年 06月

2007年 05月

2007年 04月

2007年 03月

2007年 02月

QRコード

今、起業するなら 中古OA・オフィス家具に注目!

[ テーマ: 起業支援 ]

2009年1月3日18:45:00

昨今の不景気で倒産件数の増加に伴い、中古のOA機器やオフィス家具の引取りが増え、販売価格も値下がりしているようです。

起業するにあたって、このような中古品の活用を考えてみてはいかでしょうか。

最初は、OA機器やオフィス家具は新品が欲しくなります。

ですが、最初はそういうものにかけるコストを抑えて、浮いた分を広告や営業などに回し、軌道にのってから新品に買い替えるのもいいのでは?

程度もよく、価格も安いとなれば利用しない手はないと思います。

ひとつ、問題点をあげるとすれば、「倒産した会社のもの」だということ。

私なら・・・

倒産した会社の中古のOA機器やオフィス家具

あると思います!

 


起業家交流会(第18回)は中野区の海神で

[ テーマ: 起業支援 ]

2009年1月11日15:50:00

中野 起業家交流会 

毎月開催している起業家交流会(通称:ウーハ会)の1月度の告知です。
(写真は前回の交流会です)

日時 : 2009年1月23日(金曜日)

時間 : 19時より(途中参加、途中退席自由)
      終了時間は、毎回、23,24時くらいまでやっています。

場所 : 中野区北口の沖縄料理店「海神(うんじゃみ)」
      http://ameblo.jp/e-nakano/entry-10149909078.html
      西友の隣です

費用 : 飲食費のみ(割勘)

参加資格 : 起業を予定されている方、起業されたばかりの方(2年以内が目安です)。勧誘・営業目的の方はご遠慮ください。

士業(司法書士、税理士、社会保険労務士、行政書士)や不動産会社社長も参加しておりますので、起業時の助成金、社会保険、登記、許認可、税務等についてもご相談することができます(ご相談の内容により有料となる場合もあります)。
堅苦しい通常の相談会とは違い、居酒屋で食事しながらゆるい感じで相談することができるのが特徴です。

また、起業家同士の横のつながりもできます。IT業界、芸能界、飲食業界いろいろな業界の方と知り合えるチャンスです。

これまで17回開催しており、参加者に喜んでいただいています。リピーターさんもどんどん増えています。

矢印33 過去17回分の交流会の様子・参加者の声はこちら

 

 


初めて社長になるってこんな感覚?

[ テーマ: 起業支援 ]

2009年1月12日23:38:00

この本の著者は、サラリーマン時代に「○○(自分が勤めていた会社)の社長になろう」と決めて、実際に(別の会社ですが)社長になった方です。

社長になるとき、こんなことをノートに書いたのだそうです。

 

そのときこの会社には、自分の将来をかけられないと思ったからです。

それなら、(自分で会社を作って社長になろう)

そう思った私は、(省略)一冊の新しいノートにペンで大きくこう書きました。

「代表取締役 林 和人」

それから、口に出して読んでみました。

なんともくすぐったい感じです。

 

初めて自分が社長になるときはこんな感じなんでしょうね。

私も、初めて司法書士事務所を開設したときを思い出します。
「司法書士西尾努」と初めて書いたときは、「くすぐったい感じ」がしたものです。

そんな西尾努司法書士事務所も3月になれば3年目に突入します。

もっと経っているような気がしたのですが・・・

まとまりなくなりましたが、3年目に向けてよろしくお願いいたします(?)。

 

 


1円会社・・・解散大丈夫?

[ テーマ: 商業登記 ]

2009年1月15日15:28:00

今、資本金1円でも会社を設立できることはみなさんご存知だと思います。

会社法が施行されてから1円でもよくなったと思っている方が多いかもしれませんが、実はもっと前から(2003年)、特例で資本金1円の会社も認められていたのは意外と知られていないかもしれません。
*正確には2003(平成15)年2月1日より2006(平成18)年4月30日の間に、特例制度を利用して設立された会社です。

この特例法でつくった会社のやっかいなところは、設立から5年以内に資本金を1000万円(株式会社)にしないと会社を解散させなければならないところです。

今、1円でも会社を設立できるからといって、当時の会社がその恩恵を受けて自然に、何もしなくてもよい状態になったわけではありません。

もし、資本金が1000万円に満たないまま5年になりそうな場合には、特例法でつくった1円会社から、会社法の株式会社に変更する必要があります

手順は、カンタンです。

(1)株主総会を開いて、定款の変更の決議をします。

(2)定款から「解散事由」を削除します。

(3)解散事由は登記されているはずですから、それを削除する登記を申請します。

そうすれば、設立から5年を経過しても資本金は1000万円未満でも大丈夫です。

 

矢印33 これに関するお問合せは電話かメールで。
  電話 03-5876-8291
  携帯 090-3956-5816(ソフトバンク)

  メール相談窓口

 


相続登記 戸籍謄本を集める

[ テーマ: 相続登記手続き ]

2009年1月21日12:21:00

相続登記でもっとも苦労するのが、戸籍謄本集めです。
被相続人の生まれてからお亡くなりになるまでの戸籍を全てそろえなければなりません。

司法書士はお客さまから依頼を受けて、職権で戸籍謄本を取ることができますので、ほとんどの客様から戸籍謄本集めを依頼されます。

戸籍謄本を集めるにあたり、苦労する点は・・・

・本籍を頻繁に変えている方については、一つ一つ新しい戸籍から遡っていくので、時間がかかる
・古いものは、文字が不鮮明なものが多い
・A郡B町からA郡C町に転籍されていた場合、その後の行政区画の変更等で、B町は今のD市でC町は今のE市になっていたりと調査に時間がかかる
 等々です。

これに数次相続や代襲相続が加わると、かなりハードです。

戸籍謄本を集めることは、相続人ご自身でもできることですが、お時間のない方や面倒なことはやりたくないという方は、司法書士に依頼されることをおすすめします。

矢印33 ご相談、その予約はメールかお電話で。

   03-5876-8291

   090-3956-5816(ソフトバンク)


カフェ開業「ヌフカフェはなぜ潰れないのか?」

[ テーマ: 本の中の会社設立 ]

2009年1月25日18:41:00

当事務所のお客さまには飲食店経営者が多いのですが、残念ながらカフェをオープンされた方はまだいらっしゃいません。カフェが好きで、始めたいという話はよく聞くのですが、実際に経営するとなるとなかなか手を出せないようです。

オープンにどれだけお金がかかるかわからないし、オープンしたらしたで継続的にお客さまが入るかもわかりません。他の業種と比べて客単価も高いとはいえませんから躊躇するのもわかります(実は私も将来的にはカフェをつくりたいと考えています)。

この本の著者、武田氏はたった360万円で恵比寿にカフェをオープンさせました。360万円はカフェ開業時にかかるコストの約4割なのだそうです。

通常だと360万円しかないからあきらめる、または360万円の範囲内でどこまで妥協できるか、と考えがちですが、武田氏の発想は違います。

360万円しかお金がないので、内装工事は自分でやる。

決して「低コストでお店をつくりたい」のではなく、カフェをつくろうと思い、ただ手元に360万円しかない、だから足りない部分は自分が動いてコストを浮かすという発想です。

その他、この本には、オープンまで、オープンしてから次の店を出すまで、その後も襲い掛かってくる危機をどう乗り越えたかが詳細に書かれています。

巻末には、実践的な「カフェ開業講座」がオマケでついており、具体的なこれからカフェをつくりたいと思っている方、この本をおすすめします。

矢印33 ご相談、その予約はメールかお電話で。

   03-5876-8291

   090-3956-5816(ソフトバンク)


中野で第18回起業家交流会

[ テーマ: 起業支援 ]

2009年1月26日01:04:00

1月23日(金)は、中野で第18回起業家交流会を行いました。
会場は、今回も中野駅北口の沖縄料理店「海神(うんじゃみ)」をお借りしました。

中野 起業家交流会(18回) 今回、初参加の起業家さんは、飲食コンサルタント会社のSさん、介護系の会社を経営されているWさん、これからカフェ・雑貨の販売等を準備中のKさん

 常連さんは、音楽関係の会社を経営されているO社長。和太鼓のⅠ社長、熱帯魚水槽リースのM社長、IT企業のY社長は仕事で参加できず・・・。

 

起業支援チーム側も、不動産会社ウララトラストの藤田社長は、繁忙期につき欠席、残念なことに今回から社労士の松山さんは参加されないことに・・・(社労士は桂さんが参加していますのでご心配なく)。

ということで、今回は、いつもより人数が若干少なかったせいもあって、逆にみなさん全員とじっくりお話ができたのではないかと思います。

カフェを開きたい人向けの飲食コンサルタントさんによる生講義・・・19時からスタートし、気がつくと0時近くになっていました。

この起業交流会ですが、毎回、かなり刺激をうけています。
仕事柄、会社の設立登記のことはわかるのですが、それ以外のことは完全に素人。逆にお客さまに教えていただくことも多く、とても有意義な時間を過ごすことができました。

来月のウーハ起業家交流会がもう、待ち遠しいです。

矢印33 参加者の声(1) 「こんな会を主催されていてすばらしいですね!参加させていただいて本当によかったです。どうもありがとうございました。よかったらまた参加させてください。」

矢印33 参加者の声(2)「素敵な方々をご紹介いただきとても嬉しく思います。 これからも先生のお仲間にしてください。」


ドトールコーヒーのサービス

[ テーマ: 司法書士のプライベート ]

2009年1月30日23:34:00

事務所が東中野にあるので、東中野駅の駅前にあるドトールを時々利用しているのですが、何年も通っていて、先日、初めてポイントカードをつくりました。

コーヒー豆を買うためにつくったのですが、とても気分のいいサービスを受けたので紹介します。

ドトールでポイントカードを作るには入会の申込書を書かなければなりません。
こういうのは面倒なので、できれば避けたいところですが、ここでは面倒な申込書を書いているときにコーヒーを出してくれます。コーヒーを飲みながらゆっくりと書かせてくれるのです(もちろん料金はかかりません)。

その後、しつこくない、ちょうどいい(?)説明があり、いつもどんなふうにしてコーヒーを飲んでいるのか聞かれ、それに合わせて豆を挽いてくれました。

それだけでも結構満足していたのですが、さらに数日後 ―

ポストに1枚のハガキが・・・。

ドトールからのお礼状ドトールからでした。ハガキには、

・当店を利用していただきありがとうございます
・先日、購入した「イタリアンエスプレッソ」が好みに合いましたか?
・もし味に不満ならお店に持っていけば無料で取り替えますよ
・1月○日担当した○○です
・10%割引券をつけました

 

まさかこんなに丁寧なお礼のハガキが届くとは思いませんでした。このハガキ1枚で、私の中のドトールのイメージがガラリと変わりました。

このやり方をご自分のビジネスで応用してみるといいかもしれません。
かなり効果があると思います。