プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

QRコード

合同会社・・・まだまだ浸透していないようです。

[ テーマ: 起業支援 ]

2008年9月12日09:07:00

「合同会社」という会社形態ができて、もう2年以上経過しています。

当事務所でも最近は急激に合同会社の設立登記の依頼が増えているのですが、まだまだ世間には浸透していないようです。

それどころか、登記を扱う法務局でも「?」という対応がときどきあります。

今年に入ってからなのですが、東京都内の法務局(23区外)に合同会社設立登記申請をしたところ、「○○の書類が足りない」「定款が・・・」という問合せを2件ほど受けたことがあります。

いずれも、不要であったり、定款には問題が無かったりするわけですが。

もしかすると当事務所の申請がその法務局の第1号の合同会社だったのかもしれません…

そんな感じですが、制度開始から1年間で5000社の合同会社が生まれ、その後もどんどん増えていますから、一般化するのもそう遠くはないと思います。

 


【会社設立】会社設立時に払い込んだお金の取り扱い

[ テーマ: 株式会社設立手続き ]

2008年9月14日01:17:00

今年(2008年)の司法書士試験の商業登記法でこんな問題が出題されていました。

株式会社の設立の登記の申請書に当該株式会社に対する払い込みを証する書面として添付すべき預金通帳の写しは、その記載された入出金の履歴から払込金額に相当する額が口座に入金された事実を確認することができるだけでは足りず、払込期日又は登記申請日においてその口座に払込金額相当額の残高があることを確認することができるものでなければならない

 

「正」か「誤」か? 

答えは「正」だと考えたのではないでしょうか。

 

実際に、株式会社(合同会社も同じですが)を設立するお客さまの8割以上の方から、これと似たようなご質問を受けます。

答えは、「誤」です。

資本金にする資金は、預金口座に入金してすぐに会社設立の費用に使っても構いません(もちろん、生活費やその他会社とは無関係のものに使うのはダメです)。

けっして登記申請日まで手をつけてはいけないものではありません。

 

また、「資本金額は口座にずっと残したままにしておかなければならない」と勘違いされている方も時々いらっしゃいますが、そのようなことはありませんので、念のため。

 

 資本金の払込の証明書の作り方

  会社設立登記手続き

 

 

ご相談、ご質問については、下記にお電話、またはメールによるお問合わせをご利用ください。

03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ

 


現物出資による株式会社設立

[ テーマ: 起業支援 ]

2008年9月15日00:00:00

株式会社を設立する際、お金ではなくて、パソコンや自動車など「物」を出資する「現物出資」という方法があるのをご存知でしょうか。

時々、現物出資についてお問合せをいただくのですが、ほとんどが、増資のケースで、会社に対する債権を現物出資してするデット・エクィティ・スワップのお話ばかりで、現物出資による「会社設立」登記の依頼は受けたことがありませんでした。

先日、開業して初めて「現物出資(主にオフィス家具)による株式会社設立登記」のご依頼をいただき、無事に登記が完了しました。

今、現物出資による会社設立をお考えの方、お手伝いいたします。

 

矢印33 メール相談窓口

矢印33 会社設立のページ

 


合同会社の設立手続き 1

[ テーマ: 合同会社設立手続き ]

2008年9月17日10:16:00

当事務所にとって、8月、9月は合同会社の設立のご依頼が多い月のようです。

登記のご依頼をいただく前に、いろいろとご質問、ご相談をいただくのですが、だいたい聞かれることは同じです。 

なので、合同会社の設立のご相談をいただいた場合に、当事務所では、どのような流れで手続きが進んでいくのか、よく聞かれる点を踏まえて何度かにわたってご説明します。

(1日目)
お電話(03-5876-8281、090-3956-5816)やホームページの相談窓口から、「会社の設立を考えているのですが・・・」、もしくは、ストレートに「LLCの設立を考えているので・・・」という形でご連絡をいただきます。

ご連絡をいただいたら、お会いする日を決めます。
中野区の東中野にある当事務所で打合せすることもありますし、こちらからお客さまのご自宅、近くの喫茶店等に出向くこともあります。

7:3くらいの割合で後者が多いようです。

お会いしてお話しすることは、すでに会社を設立する意志が固まっている人を除いて、

1.会社にするのがいいのか、個人事業がいいのか

2.会社にするなら、株式会社がいいのか、合同会社がいいのか

3.合同会社にするなら、いつ設立するのか、設立にあたって必要な情報は何か
  → 相談シート、スケジュール表(PDF)を使ってヒアリングしていきます。

この時点で、司法書士では対応できないご質問を受けた場合には、提携している税理士さん、社会保険労務士さんに聞いて後日、回答させていただくこともあります。

(続く)

 

矢印33 合同会社設立メール相談はこちらから
   お電話の場合には、03-5876-8291
   ソフトバンク 09039565816 まで(24H対応)

矢印34 10万円で設立できる、合同会社設立登記の解説ページはこちら

 


合同会社の設立手続き 2

[ テーマ: 合同会社設立手続き ]

2008年9月18日10:36:00

合同会社の設立手続き 1 でヒアリングした内容に基づいて、

 

マーク15当事務所では、次の手続きをいたします。

1.同一商号の確認をします。
これから会社を設立しようとする住所に同じ会社名の会社があると、設立登記ができないからです。

2.同一商号の心配が無くなれば、こちらで会社の印鑑を発注します。
当事務所の設立費用の中には、会社の印鑑(代表者印、銀行印、角印)の3点セットの費用が含まれています。素材は「つげ」です。もし、他の素材を希望される方は、差額をご負担いただきます。(ご自身で印鑑をご用意される場合には、印鑑の発注をしてください、とご連絡いたします)

3.定款の案を作成します。

 

マーク18お客さまにしていただくことは、 

1.代表者(個人)の印鑑証明書を1通ご用意いただくこと。

2.代表者が今、使われている銀行の預金口座に、資本金を入金していただくこと。
(この口座は法人のものではありません。個人の口座です。また、このために新しく口座を開設する必要はありません。)
資本金を入金するタイミングは、こちらからお知らせします。

(続く)

 

合同会社設立手続き 1 < 

 

矢印33 合同会社設立メール相談はこちらから
   お電話の場合には、03-5876-8291
   ソフトバンク 09039565816 まで(24H対応)

矢印34 10万円で設立できる、合同会社設立登記の解説ページはこちら

 


【合同会社の役員】資本金50億円の合同会社

[ テーマ: 合同会社設立手続き ]

2008年9月19日00:14:00

合同会社といえば、「小規模な会社」をイメージするのですが、資本金50億円の合同会社を見つけました(2008年現在)。

今年(2008年)9月1日付で、株式会社から合同会社に移行した日本アムウェイ合同会社です。

ちょっとその会社の会社概要を見てください。
→ http://www.amway.co.jp/about-amway/our-company/company-amway/profile

 

ついでに、注目してほしいのが「経営陣の肩書」です。

合同会社を設立した後にかなりの確率で受ける質問、「名刺の肩書はどうすればいいでしょうか?」の答えがこれです。

「代表社員」「業務執行社員」とは書かれていません。

その代わりに、「会長」「社長」「副社長」となっているのがわかります(2008年当時は「副社長」が掲載されていました)。

 

名刺の肩書には、登記されているとおり「代表社員」とするのもいいですが、合同会社にあまり馴染みの無い名刺を受け取った相手が「」とならないように、「社長」(または「代表」)とすることをおすすめしています。

 その際、定款にはこちらの記載例(第7条第2項)のように規定しておきます。

 

 

また、合同会社の肩書きについては、こういう企業もありますのでご参考までに。

ユニバーサル ミュージック合同会社

その会社の会社概要(https://www.universal-music.co.jp/about-us/)見ると、役員の肩書きは、「社長兼最高経営責任者」「執行役員CFO」「執行役員」とされており、代表社員が「社長兼最高経営責任者」に、「執行役員CFO」「執行役員」が業務執行社員に当たるのだと思われます。

 

 

ご相談、ご質問については、下記にお電話、またはメールによるお問合わせをご利用ください。

03‐5876‐8291 または、
司法書士西尾へ直通 090-3956-5816(ソフトバンク)までお気軽に。

メールのお問い合わせはこちらから
問合わせ

 

 


起業支援交流会(第14回)を開催しました

[ テーマ: 起業支援 ]

2008年9月20日16:17:00

昨日、9月19日、毎月恒例のウーハ起業支援交流会を開催しました。

毎月、開催して今回が14回目。回を重ねるごとに参加者の数も増えており、参加者同士の交流も深まって参加者同士でビジネスが生まれるようになりました。

昨日は、いつもの東中野から遠く離れ、虎ノ門での開催です。
実は、これまで何度かこの交流会にご参加いただいた方が、今週初めに虎ノ門で沖縄料理「AOMORI屋」を開店されたので、今回の会場としてお借りしたのです。

虎ノ門 AOMORI屋

貸切にしていただいたのですが、今回も会場は満席状態です。

昨日は台風の影響で、雨が降っているにもかかわらず、たくさんの方々にご参加いただき、ありがたいことです。感謝しています。

交流会で名刺交換
 ↑ 名刺交換中

今回、当事務所からのお客さまは今月設立の方、今、設立手続き中の方を含めて4名の予定だったのですが、残念ながら、1名の方が都合がつかず、次回ご参加の予定です。
Oさま、次回はぜひご参加ください!

3名のうちの1名は、「和太鼓の演奏」に関わるビジネスで起業された、和太鼓音楽集団、鼓代神(合同会社office K.D.J)の代表、伊藤さん。
テレビ(くちコミ☆ジョニー)にも出ていたのでご覧になったことがあるかもしれません。

名刺代わりにプロモーションDVDを配り、店内でDVD上映会、ツーショット写真大会まで始まってしまいました・・・

鼓代神伊藤さんと株式会社情熱の山田さん
↑ 鼓代神・伊藤さんと株式会社情熱の山田さん

昨日はとても盛り上がりました!

次回は、10月24日の予定です。

ご興味がある方は、ウーハ起業支援交流会の案内ページからご連絡ください。

矢印33 ウーハ起業支援交流会のページ

 

お店のご紹介

AOMORI屋
東京都港区虎ノ門2-9-14 郵政福祉虎ノ門ビル地下1階
電話 03-6273-3411

 


起業交流会(通称:ウーハ交流会)10月は24日です

[ テーマ: 起業支援 ]

2008年9月28日10:19:00

月に一度、起業される方、起業されたばかりの方、私たち起業に関わる専門家が集まって交流会を企画しています。

10月は、24日(金)を予定。

時間と場所は未定です。交流会の名前のとおり、基本的には東中野のカフェ・ウーハさんのお店をお借りして開催しているのですが、最近は参加者が急増してお店に入りきらなくなるというハプニングもあって、開催場所は流動的です。

ぜひ参加したい!とお考えの方がいらっしゃいましたら、こちらの連絡窓口からご連絡ください。詳細が決まり次第、ご案内させていただきます。

 

矢印33 前回、ご参加いただいたお客さまからメールをいただきました。

先日はウーハ会にお招き頂き、ありがとうございます!!
私自身、出席していた方たちとの交流が凄く刺激的(?)で色々な事を話せて、勉強にもなりいろいろな方と縁が出来て本当に西尾さんに感謝です!!
西尾さんに出会えてよかった~!! と心底思っております!!
10月の交流会もスケジュールが空いていたらもちろん参加させていただきます!!

 

メールありがとうございました! でも、ちょっと持ち上げすぎです・・・(汗)

矢印18 前回の様子は「交流会、14回目は雨の虎ノ門・・・」

矢印24 ウーハ起業交流会の紹介のページ