プロフィール

西尾 努2007年2月末に東中野(ちょっと歩けば新宿区)で事務所をオープンしたと同時にこのブログを開始しました。中野区、新宿区で地域密着型の司法書士を目指しています。

≫ 詳細プロフィール

バックナンバー

2018年 07月

2018年 06月

2018年 05月

2018年 04月

2018年 03月

2018年 02月

2018年 01月

2017年 12月

2017年 10月

2017年 09月

2017年 08月

2017年 07月

2017年 05月

2017年 03月

2017年 02月

2017年 01月

2016年 12月

2016年 11月

2016年 09月

2016年 08月

2016年 07月

2016年 06月

2016年 05月

2016年 04月

2016年 03月

2016年 02月

2016年 01月

2015年 12月

2015年 11月

2015年 10月

2015年 09月

2015年 08月

2015年 07月

2015年 06月

2015年 05月

2015年 04月

2015年 03月

2015年 02月

2015年 01月

2014年 12月

2014年 11月

2014年 10月

2014年 09月

2014年 08月

2014年 07月

2014年 06月

2014年 05月

2014年 04月

2014年 03月

2014年 02月

2014年 01月

2013年 12月

2013年 11月

2013年 08月

2013年 07月

2013年 06月

2013年 05月

2013年 04月

2013年 03月

2013年 02月

2013年 01月

2012年 12月

2012年 11月

2012年 10月

2012年 09月

2012年 08月

2012年 07月

2012年 06月

2012年 05月

2012年 04月

2012年 03月

2012年 02月

2012年 01月

2011年 12月

2011年 11月

2011年 10月

2011年 09月

2011年 08月

2011年 07月

2011年 06月

2011年 05月

2011年 04月

2011年 03月

2011年 02月

2011年 01月

2010年 12月

2010年 11月

2010年 10月

2010年 09月

2010年 08月

2010年 07月

2010年 06月

2010年 05月

2010年 04月

2010年 03月

2010年 02月

2010年 01月

2009年 12月

2009年 11月

2009年 10月

2009年 09月

2009年 08月

2009年 07月

2009年 06月

2009年 05月

2009年 04月

2009年 03月

2009年 02月

2009年 01月

2008年 12月

2008年 11月

2008年 10月

2008年 09月

2008年 08月

2008年 07月

2008年 06月

2008年 05月

2008年 04月

2008年 03月

2008年 02月

2008年 01月

2007年 12月

2007年 11月

2007年 10月

2007年 09月

2007年 08月

2007年 07月

2007年 06月

2007年 05月

2007年 04月

2007年 03月

2007年 02月

QRコード

合同会社を株式会社に組織変更する登記

[ テーマ: 商業登記 ]

2010年1月10日14:08:23

現在、合同会社を組織変更して株式会社にする登記 のご依頼をいただき、その準備中です。

この組織変更の手続きは、

(1)組織変更計画書を作成し、効力発生の前日までに総社員の同意を得る

(2)債権者保護手続のため、官報等に公告を出す(最低1ヶ月間)

(3)合同会社の解散の登記、株式会社の設立の登記を申請する

矢印33 手続きの詳細、登記費用については、こちら


官報に組織変更することを掲載して1ヶ月間、会社の債権者からの反応を見なければならないので、着手してから、株式会社に変わるまで、最低でも1ヶ月と数日はかかります。 やるなら、早めに準備しておきましょう。

 


第29回 起業家交流会@新宿

[ テーマ: 起業支援 ]

2010年1月17日12:50:53

毎月、第3水曜日に開催している起業家交流会(通称:ウーハ交流会)、1月は20日に開催します。

過去にご参加いただいた方、参加希望のメールをいただいた方には、すでにご案内のメールが届いていると思います。

19時から始めて、中華食べ放題・飲み放題、しかも時間は無制限(ただし閉店まで)です。参加費は、4,200円です。

時間はたっぷりありますので、

1.起業の相談(司法書士、税理士、行政書士、社会保険労務士、オフィス選びの専門家が揃っております)

2.経営者のネットワークを広げる(今回も、経営コンサルタント、資産コンサルタント、女優、アーティスト、IT、広告代理店、不動産業者等々いろいろな業種の経営者が集まります)

ぜひ、この機会に、起業家交流会を活用してください。

 

矢印33 過去の交流会の様子、参加者の声はこちら

 


大学2年生で社長になるということ

[ テーマ: 本の中の会社設立 ]

2010年1月19日01:25:00

学生が会社を起こす、いわゆる学生起業家は少なくないようですが、この本を書いた星野さんはちょっと変わった学生起業家です(でした)。

「大学2年で社長になるということ」 星野希/ダイヤモンド社

多くの学生起業家は、学生時代に会社を設立し、卒業してもそのまま継続するのですが、星野さんは、「期間限定」で会社をつくっています。

これによって、

  • ユニークな起業スタイルだとマスコミの取材を受けた
  •  「やめる自由」があることが精神的な支えになった
  •  「在学中のみ」という方針は強みとしてアピールできた

というメリットがあったそうです。

実際、卒業時、会社をどうしたかというと・・・

取締役を辞任したうえで、次の学生に株式を全部譲渡する形でバトンタッチしたそうです。

継続するなら、このような形で株式を譲渡すればいいし、もしそこでやめるなら、会社をたたむという選択肢もあります。

もし、あなたが、今、大学生なら、とりあえず、卒業するまでの期間、自分の会社をつくってみてはいかがでしょうか? 

大きな賭けに出て負債を抱えるなど、無茶なことをしなければ、仮にうまくいかなかったとしても、その経験は就活で強力なアピール材料になるかもしれません。

 

矢印33  当事務所では、学生起業家向けに特別な会社設立サービスをご提供しています。


自分でする会社設立登記の例

[ テーマ: 本の中の会社設立 ]

2010年1月20日02:43:00

昨日、ご紹介した本、

「大学2年で社長になるということ」 星野希/ダイヤモンド社

にとても興味深いことが書かれていました。

大学生が、会社設立手続きを司法書士に依頼せずに自分でやったときの状況が詳しく書かれていたのです。


 ところが実際に始めると、いろいろな問題が出てきます。
 例えば定款をつくったのはいいけど、いざハンコを押すとなったら、みんな実印なんて持っていない。そこで「印鑑登録しよう」ということになったのですが、荒川の実家が長野県なので、「一度、向こうに戻らなきゃ!」なんて話に。
 やっと登記書類が完成したと思ったら、学生起業家の宿命でしょうか、法務局でも公証役場でも、なぜか「書類にミスがある」とか「ここを書き直してほしい」と二、三度やり直しをするはめに・・・。
 やっと登記が終わったのは、年末年始を挟んで翌年の1月23日。



 会社の設立登記は、司法書士に依頼をしなくても、自身ですることができます。

ですが、ご自身で手続きをして、書類に不備があったりすると、このように12月に着手して登記が完了したのが翌月の23日、約1ヶ月かかってしまうことも少なくありません。

実際、途中で面倒になって弊事務所に依頼される方も、年に何人かはいらっしゃいます。

学生のように、お金がないが、時間に余裕があれば、ご自身で登記を申請すればいいと思います。

司法書士に依頼すると、どうしても数万円の報酬を請求されますから。

ただ、もし、時間がないのであれば、司法書士に依頼することを検討してみてはいかがでしょうか。

極端な話、その日に話を聞いて、当日中に登記を申請することもできますし。

手続きは専門家に任せて、経営者は仕事獲得に動いた方が賢明のような気がします。

矢印33 株式会社設立手続きはこちら

矢印35 最も早く会社を設立したいなら合同会社があります

 


初めてお金を払って手相を観てもらった

[ テーマ: 司法書士のプライベート ]

2010年1月21日23:49:00

今日、生まれて初めて、プロにお金を払って手相を観ていただきました。

ちょうど、川崎で社名を変更する登記のご依頼をいただいたお客さまから、運勢について教えていただいた直後だったこともあって、勢いで観てもらったのです(横浜中華街は、手相のお店が多く、お客さんも結構入っていました。)

すると・・・

右手に、まっすぐ横一直線のマスカケ線。天下取りの手相といわれ、織田信長や豊臣秀吉と同じ手相なのだそうです。このことは、ちょっと手相に詳しい人であれば、皆さんご存知で、小さい頃から、その話は繰り返し聞かされていました。

ですが、今回、初めて知らされたのは、左手の真ん中辺りにある、十字の線。
神秘十字線というのだそうです。これも強運な相らしい。

これまで、マスカケだから強運だ、と言われ続けていたのですが、今日から、それに「神秘十字線」が加わりました。

これだと、ますます調子に乗っちゃいそうです。

 


【定款変更】事業内容変更登記の準備

[ テーマ: 商業登記 ]

2010年1月22日14:56:35

新しいビジネスを始めるということで、事業内容(目的)の追加変更の登記の依頼をいただきました。

そのビジネスを始めるにあたり、行政の許認可等が必要な感じもするので、まずは、「区」に問い合わせてみました。定款の事業内容欄に書く決まった書き方があるとマズイので(昔、会社が生命保険の代理店になる時に、代理店登録の際、決まった書き方があって、一致しないと変更をしていただいた時代もありました。ちなみに、変更は登録免許税だけでも3万円かかります。)・・・。

いろいろと調べていただいたのですが、区ではわからず、都の相談窓口の連絡先電話番号を教えてもらいました。言われるまま、都に電話したのですが、ここでも、明確な回答を得えられず・・・そのビジネスを始める場合には、区を経由して都に届出をするので、最初の窓口の区に聞いて欲しいとのこと。。。参りました。

結局、まとめると、今回のケースでは、「定款に決まった書き方をする」というのはないらしい。仮に、定款に詳細に書かれていなくても、他の添付書類で補充することができればいいようです。

矢印33 事業内容の変更(定款変更)手続きは

 


起業する人としない人を分けるもの

[ テーマ: 本の中の会社設立 ]

2010年1月23日10:48:00

今、「謎の会社、世界を変える。エニグモの挑戦(須田将啓・田中禎人)」を読んでいます。

誰もが羨む、博報堂を辞めて、起業した2人の話なのですが、おもしろいことが書かれていました。


 最近よく、「いつから起業しようと思ってたんですか」と聞かれる。
 正直いって覚えていない。だが、物心ついたときには「いずれは起業する」と決めていた。
 自分にとっては、起業することが、ごく自然な流れだった。
 (中略)
 父が経営者だったことは、「将来は起業する」と幼い頃から当然のように考えていたことに、潜在的に影響していると思う。


私も、同じように、小さい頃から起業をすることに決めて、その頃は何で起業するかなんて決めていませんでしたが、少なくとも起業するのは当然だと思っていました。
起業のとっかかりとしてサラリーマンになったときに、「40歳までに起業する」と決め、無事に4月1日で40歳になるという年の2月27日に起業しました。

ここで、重要なのは、「起業する」と「当然に」決めることです。

サラリーマン時代に、「いつかは起業したい」と言っている同僚がたくさんいましたが、彼らが今でもサラリーマンを続けているところをみると、やはり「起業する」と「起業したい」の差は大きいと思います。

ただの言葉遊びのように聞こえるかもしれませんが、この差はデカイですよ。

「する」と決めている以上、結果はどうあれ時期が来れば「した」でしょうし、「したい」と思っている人は、今でも「したい」と思いながら生活しているのは、おもしろい現象です。

 


取締役会廃止 登記費用は意外と高額

[ テーマ: 商業登記 ]

2010年1月28日00:16:00

取締役3名の株式会社で、そのうち1名の取締役が辞任することになったので、取締役会を廃止したいというご依頼がありました。

登記にかかる費用を聞かれたので、まずは登録免許税(印紙代)は・・・
(1)取締役の辞任が1万円
(2)取締役会廃止が3万円
(3)取締役を廃止した結果、株式の譲渡制限の規定を変更するので3万円

登録免許税 トータルで7万円

と説明したところで、「そんなにかかるの?」という反応。
(実は、これに司法書士報酬が加わるということはまだ説明していません。)

今回は、もともと取締役会を廃止したいというご依頼ではなく、取締役1名辞任する登記をしたいというお話だったので、もし後任の取締役が見つけられるのであれば、取締役会は廃止せず、後任者を1名選任すれば、登録免許税は1万円で済みます。
という話をさせていただいたところ…

会社で検討する、ということになりました。

7万円と1万円の差はかなり大きいですからね。


矢印33 取締役会廃止の登記はこちら

 


【福島県】電子定款認証のため新白河へ

[ テーマ: 株式会社設立手続き ]

2010年1月30日20:26:00

株式会社を設立する場合には、公証人による定款の認証が必要です。

この手続きですが、日本全国どこでもできるというわけではありません。

例えば、東京都新宿区に会社を設立する場合には、東京都内の公証役場で認証手続きを受けなければなりません。

 

今週、福島県で株式会社を設立したいというご依頼をいただきました。

発起人や取締役は都内の方ですが、会社の本店住所は福島県に置きたいというご要望があり…昨日、定款認証のために福島県へ。

なお、公証役場は、福島県内で、新幹線で行ける、東京から最も近いところを探して、新白河駅の近くにある公証役場にお願いすることにしました。

福島県白河の公証役場で電子定款認証

↑ 白河の公証役場の写真です。

 

役場に到着し…都内の公証役場とは違い、外見上は普通の家なので、少し驚きました。

公証人さんの住居を兼ねているのかもしれません。

東京から新幹線でかなり時間をかけてきたのですが、認証手続きは、事前にFAX、メール、電話等で打ち合わせ済みなので、あっという間に完了(仕事はここまでです)。

 

せっかくここまで来たし、ちょっと時間があったので、(新白河には何もなかったので)お隣の白河に行ってみることにしました。

1時間に1本しかない東北本線…そして、ドアを開くのは乗客が自分で行わなければなりません。

白河駅に着いて、駅のホームから見えたので小峰城跡へ行ってみようと思い…

小峰城

中に入ろうと思ったのですが、17時で閉門、間に合いませんでした。

新白河駅で電車待ちのため、1時間弱時間を潰したことが悔やまれます。

 

この日は金曜日だし、ついでに1泊して…とも思ったのですが、土曜日の午前中に会社設立の打ち合わせの予定が入ってしまい、残念ながらすぐに帰ることに。

新白河駅まで戻る電車がくるまで少し時間があったので、 ここで食事をすることにしました。

小峰城

白河では、白河ラーメンと白河そばが有名らしいので、どちらにするか迷ったのですが、駅前にラーメン屋さんが1軒も見つけられなかったので、白河そばに。

駅前の手打ちそばのお店「大福家」さんで、おすすめメニューの「ざるそばとそば茶飯」にしました。

福島県白河駅前 福島県白河駅前

福島県白河駅前

そば茶飯は初めて、クセになる味です。

さすが、自慢のおすすめメニュー。

白河駅

と、こんな感じで、ほとんど観光らしい観光もせず(そもそもする必要はないのですが)、慌しく白河駅から新白河駅へ、そして東北新幹線で東京に戻りました。

 

いつもの株式会社の設立登記なのですが、たまにはこういうお仕事もいいものですね。

東京、関東に限らず、東北その他の地方でも会社設立登記のご依頼も承ります。

急ぎのご依頼を除き、交通費等は応相談とさせていただきますので、ご依頼お待ちしております。

矢印33 株式会社設立等のご相談はこちらから

 

 


土曜日は登記相談の日 鶯谷へ

[ テーマ: 事務所案内 ]

2010年1月31日12:37:00

毎週、土曜日は、登記のご相談を受ける日にしています。

昨日は、鶯谷で株式会社の設立登記についてご相談を受けました。

週明けから、複数の会社を立ち上げるため、みなさんが集まる会議があり、そこで定款の内容や集める書類についてご質問を受け、また、登記手続きのご依頼もいただきましたので、発起人さま、役員になる方々の本人確認も合わせてさせていただきました。

会社は、関東近隣の複数の県で設立するというお話でしたので、昨日、このブログにも書きましたとおり、会社設立手続き上、必要な定款の認証をうけるため、その「県」に行くことになります。

週明け、書類ができ上がったものから順次、定款の認証を受けに出かけることになり、大変ではありますが、ちょっと遠くに行けるのは楽しみでもあります。

鶯谷のお客さまの会社を訪問した帰り、上野公園を散歩して事務所に戻りました。

上野公園 不忍池

昨日は、前日の福島とは違い、暖かくて散歩に最高の日。

不忍池(写真右)の白い鳥が「ゆりかもめ」です。

 

矢印33 土曜日の登記相談のご予約、メール相談はこちらから